冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
今年最後の週末
d0008146_5553767.jpg


日曜、午前10時
by zo.chika | 2010-12-29 23:32 | 一日一膳
パネトーネもどきを極める (途中)
「もどき」*を「極める」って矛盾しているような気はしますが。
d0008146_19155625.jpg
イタリアでクリスマスの時期に食されるパン菓子、パネットーネ。日本でもこの時期はわりとあちこちで目にするのではないでしょうか。イタリアからの輸入品もあれば、日本のパン屋さんやお菓子屋さんでは自家製のものも見かけます。わたしはこのドライフルーツたっぷりの甘くてふわふわなお菓子が結構好きなので、毎年1回は食べていると思いますが、「自分で作ってみよう」などとは夢にも思ったことはありませんでした。


なのに今年、1か月以上も延々と焼き続けることになるとは、人生わからないものです(違)。

ことの始まりは
by zo.chika | 2010-12-27 23:32 | 一日一膳
ホームベーカリーで焼くパネトーネ(もどき)
パネトーネ ではなく パネトーネのようなもの、、です。
d0008146_3155314.jpg
パネットーネは、イタリアでクリスマスの時期に食されるパン菓子。これを、この1か月ほど、何かに取りつかれたように焼き続けていました。「パネトーネ風食パン」のレシピから始まって、いかに味や食感を本物のパネトーネに近づけるか、少しずつレシピを変えていろいろ試すこと数週間。その際の条件は、生地を捏ねるところから焼きあげるところまで、すべての工程をホームベーカリーに任せること。日本で手に入る材料で、ホームベーカリーだけを使って焼くのには限界がありますが、そこそこ近い感じになったかなぁと思います(たぶん)。


現時点で、レシピが「完成」したわけではありませんが、自分用の覚え書きを兼ねて、レシピをまとめておこうと思います。少々のバリエーションも合わせて全部で4種類。


A. 基本のパネトーネ その1 (おすすめ)
B. 基本のパネトーネ その2 (お手軽版)
C. プロセッコ入りパネトーネ
D. 栗と柚子のパネトーネ


どこで誰が作ってもうまくいくかは不明です・・・。ほんとうはもっと細かく注意書きをつけたかったのですが、時間がないので、材料と簡単な手順のみ。レシピ試作中の詳しい話はこちらの記事をご参照ください。


というわけで、レシピ。
by zo.chika | 2010-12-24 04:28 | 一日一膳
サンタを待つ
サンタさん来るかな~ 
d0008146_2119438.jpg


サンタを待つ準備
by zo.chika | 2010-12-21 00:27 | 一日一膳
京都の赤(とか黄とか緑とか)
d0008146_1085996.jpg


11月に、京都に行っていたのでした。
by zo.chika | 2010-12-18 11:28 | 一日一膳
現実逃避

ピクニックにでも行きたいねぇ
d0008146_23551410.jpg
いや、今はちょっと寒いな、、もう。

えーとこれは
by zo.chika | 2010-12-15 23:59 | ひとりごと
表参道、午後6時
d0008146_541342.jpg


(厳密には6時半~7時前くらいでしたけどね、まあそれはおいといて。。)
by zo.chika | 2010-12-13 05:36 | 散歩
そんな季節
寒くなってきました
d0008146_2353303.jpg
・・・なんか前の記事と写真が似てますけど、、ええとこちらは昨日の晩飯+今日の昼飯。寒くなってきたのでシチューにしようというわけでシーフードシチューを作るつもりが、野菜ときのこを大量に入れたらシーフードが全然見えなくなりました(汗)。シチューに合わせるつもりで焼いたのはオニオンブレッド。じっくり飴色になるまで炒めた玉ねぎが入っています。全粒粉も少々。軽くトーストしたら、たまねぎのいい香りが引き立って、ほんとにシチューとよく合ってました。いよいよ鍋・汁ものが登場する機会が増える季節になってきましたね。
by zo.chika | 2010-12-09 23:58 | ひとりごと
イングリッシュ ブレックファスト
たっぷりの紅茶とともに
d0008146_884556.jpg
・・・といってもトーストに卵だのいろいろついたイギリスの伝統的なスタイルの朝食のことではなくて、イギリスから来たミューズリーの話。いわゆる朝食用シリアルの一種で、牛乳などをかけて食します。たいていナッツやドライフルーツがたくさん入っていて、けっこう食べ応えがあります。わたしはこれが大好き。


先日、福岡からやってきた姉さんと一緒に沖縄料理を食べに行く途中に、イギリスの大手スーパーであるTescoを発見し、嬉々として寄り道。「テスコが日本に来ている」という噂は聞いていましたが、実際に自分で見たのは初めてだったので興味しんしん。店内の商品は、9割以上は日本の普通のスーパーと同じという印象ですが、けっこう「Tesco」マークのついた商品はありました。納豆とか漬物とか、、不思議な感じ。で、少しだけイギリスのテスコの商品をそのまま持ってきたものがあって、このミューズリーもそのひとつ。


ミューズリーは、最近は日本でも輸入食品店などでは割と普通に見かけるようになりましたが、少し前まではまだ珍しく、値段も高かったのです。なので、イギリスに行くたびに、何袋も抱えて日本に帰ってきていたものでした(遠い目)。しかも、まさにテスコのミューズリーが好きでした。ここ最近はあまり食べなくなっていたのですが(どうにも食べ過ぎてしまうので)、久しぶりに食べたら、学生時代の貧乏旅行でも、見慣れない外国の食べ物をあれこれ買いこんでいた自分を思い出して、ちょっと懐かしくなった朝でした。あ、今でもたいして変わってませんが…。
by zo.chika | 2010-12-07 08:29 | ひとりごと
招かれざる客
クリスマス会だったのでした(もうそんな時期なのですよね、、)
d0008146_12244941.jpg
で、呼ばれてもいないのになぜか(なぜだ?)飛び入り参加してきました。非日常におしゃれな空間に紛れ込み、ちょっと浮いていたような気がしますが(いや、確実に浮いていた)、ほぼ全員の方と「初めまして」なわたしを暖かく受け入れてくださった皆様に感謝です。

特に、何から何まで美しいセッティングに数々のお料理を準備してくださったikukoさん、どうもありがとうございました。その美しいテーブルを撮った美しくない写真はこちら(汗)。
そして上の、見た目も味も完璧なビュッシュドノエルを作られたのはtaeさん。他にも皆さんがお料理やおつまみをたくさん持ち寄られて、わたしは食べるばかりで全然写真も撮ってませんが(汗汗)どれもこれもおいしかったです。そして図々しくお土産まで頂戴して退散。。

皆様、本当にどうもありがとうございました!
by zo.chika | 2010-12-05 01:41 | 季節

  トップに戻る