冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

景気づけ
なんだかぱっとしない天気が続いています
d0008146_1559381.jpg
なので、ここらでひとつ、ぱーっと。ぱぱーんと。






…というわけではないのですが、お気に入りのブログのこの記事を数日前に見て以来、あーひさしぶりにおいしいポップコーン食べたいなーと気分が盛り上がったので、ひさしぶりに作ってみました。
d0008146_15591165.jpg
加熱している間に、コーンが景気よくパンパンはぜる音を聞くのも楽しいポップコーン作り。作ったといっても、電子レンジで加熱しただけです。


生のポップコーンを紙袋に少量入れて口を折り曲げて閉じ、電子レンジに数分かけます。思い立ったらすぐ少量でも作れるのが便利。鍋で作るほうが何となくおいしそうな気はするのですが、以前、ためしにやってみて鍋を真っ黒に焦がして以来、その方法は封印しております。ちなみに電子レンジでも、調子に乗って加熱しすぎるとコーンが真っ黒に焦げます。


えー、それはさておき。上にリンクした記事では、作りたてのポップコーンをチリ+ライム+テキーラ味のソースに絡めて、軽くオーブンで乾かして仕上げています。以前、Kettle Chipsのハラペーニョ+テキーラ&ライム味のポテトチップがお気に入りだったわたしは、このポップコーンも絶対好き!と確信はあったものの、雨続きで遠くまで買い物に行く気が起きなかったため、家にある材料で適当に作ってみました。
d0008146_15591785.jpg
塩、七味唐辛子にごま油を少々、ついでに柚子の絞り汁も。湯豆腐ですか?ってな味付けですかね。チリ+ライム+テキーラとは何の関係もなくなってますが、、辛くてさっぱりで香りよし、ということで、まあいいではないですか。


ポップコーン熱がついたので、ついでにもうひとつ。
d0008146_15592146.jpg
自家製ゆかり(あの、ごはんにかける、赤じそのふりかけですよ)+オリーブオイル。ゆかりのさわやかな香りとオリーブオイルの組み合わせはなかなかです。


どちらも、ポップコーンを作るときは油は使わないし(鍋で作るときは少量使う)、仕上げにふる油もほんの少しなので、ポテトチップなどの揚げ菓子に比べると少しはマシかしらん、とは思うのですが、塩が結構入るし、ついつい手が伸びて、気づくと結構大量に食べているので、胸を張ってヘルシーとはいえないですかね。
d0008146_15592759.jpg
それでも、自分で作ればいろんな味が試せるし、何より作りたてのポップコーンは香りがよくて、あたたかいうちに食べるとかなりシアワセです。ってこの写真はちっともあったかそうじゃないですね。だって昼間だというのに、外が暗くて寒いのですよ。。(言い訳)


で、こうやってしょっぱいお菓子を食べていると、どうも甘いものがほしくなるわけです(やっぱり全然ヘルシーじゃない)。
d0008146_15593277.jpg
というわけで甘いポップコーンも作ってみる。こちらは、キャッチーな言い方(か?)をすると、チリ&ピーカン・メープルポップコーン。甘い+辛い+しょっぱいという、ちょっとくせになる系の味ですね。


と、そう思って黙って食べればたぶんわからないのですが、実は他にも隠し味があって、まずは辛みを七味唐辛子にしているところ(前に作ったのとかぶってるじゃん、というツッコミはご容赦くださいまし)。そしてもうひとつは、醤油を加えているところ。げーっと思われる方もあるかもしれませんが、醤油はちょっと煮詰めるとカラメルに似た風味が出るので、結構甘味にも合います。みたらし団子を思い出していただければよいかと。もっとも、このポップコーンについては、そんなには醤油の味はしません。ほんとに隠し味程度。


作り方の参考にしたのは、このときの本から(しょっぱいポップコーンの参考にしたブログと同じ方でした~)。メープルシロップ、米飴(今回はアガベシロップ使用)、醤油少々を鍋に入れて火にかけ、ちょっと煮詰めて塩、七味、シナモン少々を加え、熱いうちにポップコーンと刻んでローストしたピーカンナッツを入れて全体に絡め、オーブンシートなどくっつきづらいものの上に広げてさまします。油も砂糖も使わないでできます。
d0008146_15593885.jpg
で、分量はすべて適当に作ったのですが、これがまた、うまーっ!と自画自賛。あとひく味とはこのことです。ほうじ茶のミルクティーと一緒に今日のおやつにしました。


こういう薄ら寒くて暗い日は、暖かい部屋で、こういうおやつを食べながら、たまっている雑誌でも読んで、、と過ごしたいところですが、実際にはそそくさと仕事に戻らねばなりません。でも気づくと手がポップコーンに伸びているのでした。ふだん、店で買うことはほとんどないのですが、食べ始めると止まらない。自家製ポップコーン生活、しばらく続きそうです。
by zo.chika | 2009-02-26 17:11 | 一日一膳