冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

お菓子のりんごとりんごのお菓子。
d0008146_18454685.jpg
紅玉がだいぶ色づいてきました。





そして、熟れるそばからころころと落ちていくのです。
d0008146_163176.jpg
10月初旬の本格的な出荷を前に、そうやって落ちたものや、傷がついて売り物にならないものなどをせっせと取って集め、せっせと使っています。


小さい頃から信州のおいしいりんごを食べて育ったわたしですが、食べなれているのは何と言っても「ふじ」。(厳密には袋をかけずに育てるので「サンふじ」ですが。)子供の頃、それ以外のりんごはほとんど食べた記憶がありません。そんななかで、唯一覚えているのが「紅玉」です。もっとも、食べたというよりは、お菓子作りに使ったというほうが正確かもしれません。
d0008146_18231121.jpg
日本では、紅玉といえばお菓子作り、というイメージですが、そもそも製菓用に作られた品種というわけではなくて、食用のりんごが品種改良などで甘いものが主流になっていったなかで、昔ながらのすっぱいりんごが、甘みの強いものよりもお菓子作りに向いている、ということでお菓子作り用として売られるようになったというのが正しいようです。


なので、今でも昔ながらの「りんごらしい」りんごが好きな方は、そのまま食べるのにも紅玉を好まれるのだそうです。

で、そのままかじってみるのですが、うん、やっぱりすっぱいですねえ。。。
d0008146_1715892.jpg
というわけで、やっぱりせっせと加工してみるのでした。

まずは、サルのひとつおぼえ定番のこれ
d0008146_172955.jpg
りんごのクランブルです。信州産のりんごのはちみつを軽くからめた薄切りのりんごに、同じく信州産のくるみを刻んで混ぜたクランブル生地をふって焼き上げました。りんごにはシナモンですが、今回はカルダモンを少し入れてみました。上に添えたのは、この夏からすっかりはまっている、はちみつのアイスクリーム。こちらもカルダモンの風味を移して作っています。地元のりんご、はちみつ、くるみを使った信州づくしなおやつです。(あ、カルダモンは違いますけどね、、。)

信州づくし、その2
d0008146_1722093.jpg
焼きりんご。手元にあったドライフルーツを適当に刻んでブランデーで戻し、刻んだくるみと混ぜて、芯をくりぬいたりんごに詰めてはちみつとりんごジュースをかけてオーブンで焼きました。実は焼きりんごって特に好物ではないのですが(!)、たまに食べるとおいしいですね。

特に好物ではないといえば
d0008146_1722555.jpg
りんごジャム。ジャム全般があまり得意でないので、ジャムはあまり買わないし自分で作ることもないのですが、これは作ってみたくて試したもの。塩バターキャラメル風味のりんごジャム、その名も「タタン風」。かの有名な、りんごにパイ生地をかぶせて焼くお菓子、タルトタタンをイメージしたものですね。これは、試しに作ってみたら、予想以上においしくて、甘いのに結構大量に食べてしまいました。危険…。

しかし、ジャムより何より、いちどに大量にりんごを消費できるのは、これでした。
d0008146_172321.jpg
りんごジュースです。皮を剥かずに作ったら、ほんのりピンクのかわいい色のジュースができました。できたところを間髪いれずに飲んだら、すっきりした甘さにさわやかな酸味が利いていて、ちょっと感動するおいしさ。しかも、作ったそばからどんどん色が変わり、味も落ちていくのが目に見えて(?)わかるのです。それもまた驚き。採りたてりんごで絞りたてジュース、これはなかなか味わえない贅沢品でした。しかも、コップ1杯、200ml足らずのジュースを作るのに、使ったりんごは小ぶりの紅玉4個。かなり贅沢とも言えるし、大量のりんごが一度にはけて有難いとも言えるし。しばらくはまりそうです。


***


このように、売るほどある紅玉を使ってせっせとお菓子を作っているわけですが、何せ売るほどあるというか本来は売り物なりんごたち。しかも、ただの売り物ではなくて、りんごの名産地として名高い長野県は北佐久郡立科町のりんごなのです。せっかくのおいしいりんご、もっと多くの方に楽しんでいただけたら…と思い、このブログをご覧になっている皆様にも本場信州のりんごをご紹介させていただくことになりました。
d0008146_17355716.jpg
こちらの主力商品はやはり「ふじ」ですが、紅玉も樹齢50年の古木で大事に育ててきた自慢のりんごです。例年は、地元の農協や産地直売所などに卸していたそうですが、いまやインターネット通信も宅配事情も進歩しているのですから、長野から遠い地にお住まいの方にも、ぜひおいしいりんごを新鮮なうちに味わっていただけたら、という、生産者とわたしの思いが重なって、こうしてわたしの小さなブログを通してご案内をさせていただくことになった次第です。


今回ご案内するのは、その名の通り真っ赤な「紅玉」。日本で一般に出回っている他の品種に比べると、全体的に小ぶりで酸味が強いのが特徴です。大きさといい酸っぱさといい、どちらかというと、欧米で食べるりんごに近いかもしれません。そのまま食べてもいいのですが、やはりお菓子作りに使うのがお勧めでしょうか。
d0008146_1823623.jpg
こちらの畑では今から約1週間後、10月10日頃から順次収穫、出荷の予定だそうです。*追記: 収穫開始が少し早まったようです。今週半ばくらいから順次出荷できそうです。日持ちがしない品種なので、採ったらすぐお届けして、届いたらすぐ食べるか保存加工するのがよいと思います。


そんなわけで、当ブログではりんご販売のご案内とともに、りんご(主に紅玉)を使ったお菓子や、保存などについても少しご紹介していきたいと思っています。さしあたり、この記事で触れたお菓子のレシピも追って簡単にご紹介する予定です。それ以外に作ったorこれから作るりんごレシピでご紹介する予定のものとしては、りんごのアイスクリーム数種類、りんごのシャーベット、りんごを漬けたお酒、などを考えています。あとはできれば甘いものだけでなく料理なども。それから、保存用ということで、自分でも初めてなのですが、りんごの冷凍にも挑戦してみようと思っているので、その記録もご紹介したいと思っています。


アップルパイ、タルトなどは、個人的にそれほど好きでない&作るのが面倒くさい(!)ので、今回はあまり予定していませんが、りんごをたくさん使うレシピや、ご自慢のりんごレシピなどがある方は、宜しかったら教えてくださいね。
d0008146_18232937.jpg
前置きが長くなりましたが、信州・立科産のりんご「紅玉」のご案内はこちらからどうぞ。りんご好きな方、お菓子作りの好きな方はぜひ覗いてみていただけたら嬉しいです。


今回は紅玉ですが、11月になると、満を持してふじが出来上がってきます。個人的には、この世でいちばんおいしいと思うりんごなので、そのときもぜひここでご紹介できたらいいなとひそかに思っています。
d0008146_18254353.jpg
というわけで、これからりんご農家の方々は収穫の最終準備に、わたしはりんごを使った実験料理にいそしむ日々になりそうでうす。

>> 信州・立科産のりんご「紅玉」のご案内の記事はこちらへ
*2008年の販売は終了しています。
by zo.chika | 2008-10-03 19:56 | 一日一膳