冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

いろんな緑、あともう少し
今年の新米 
d0008146_2242431.jpg
…の、こども。早く大きくならないかな~♪ (←気が早すぎ)




ゆたんぽがなくても眠れるようになった今日この頃。天気がよければ昼間はずいぶん暖かい(というか暑い)ようです。
d0008146_22425335.jpg
しばらく前と比べて(このあたりとか)緑の色がずいぶん濃くなってきました。

で、こないだじゅう喜んで食べていた春の山菜。その後もいくつかご相伴にあずかりました。
d0008146_2243362.jpg
たとえば、先日は頂き物をシンプルに茹でて食べた、こごみ。その後も、ことあるごとにこごみ、こごみと呟いていたら、母が買ってきてくれました。売っているのをみると、大きさや色の濃さが結構ばらばらなのですが、このときは小さくて柔らかいやつを、袋にいっぱい。これをパスタにした、というのをネットでちらっと見て、ひそかに気になっていたので、さっそく作ってみました(母が)。

その、ちらっと見た記事では、クリーム系のように見えたので、そのように。ベーコンでも合わせようか、と話していたのだけれど、ちょうど冷蔵庫に、使わねばならなさそうなほたてがあるというので、今回はそちらを使用。ほたてをバターで軽く炒めたところに、生クリームを入れてひと煮立ちさせ、茹でたパスタとこごみ(麺が茹であがる1分前くらいに一緒に入れた)投入。味は塩こしょうのみ。
d0008146_22431073.jpg
はっきり言って、これは相当おいしかったです。ほたての旨みと、こごみの、ほんのかすかな苦みと甘みがクリーム味とよく合っていました。あ、ところで母が入れたいというので入れたえのきだけ、すっかり見えなくなってます(汗)。これ、また食べたーい!と思いつつも、作ったのがもう1週間くらい前なので、さすがにもう出回ってないかな~。また来年のお楽しみかな。

こごみといえば、そのほかに、また頂き物がありました。
d0008146_22431689.jpg
たくさんのうどの芽(?じゃなくて、柔らかい葉っぱの部分かなあ??)に混ざって少々。天ぷらもいいらしい、と聞いたので、天ぷらに(してもらった)。いくつかまとめて揚げてあったのですが、形が全然わからないですねえ…。これもおいしかったです。というか、春の山菜はどれも天ぷらがおいしいですね。うども、普通の茎の部分は苦手なのですが、この天ぷらはおいしかったし。

ちなみにここだけの話ですが、わたしは「うど」と「ふき」を相当な確率で(推定80%)言い間違えます。うど、と言おうとすると、ふき、と言ってしまうのですねえ。その逆もしかり。よく間違えるのは自覚しているので、言う前にちゃんと考えるのですが、考えた挙句に間違えるのです。かといって考えないで言ってもやっぱり間違えます。何年も前からずっと同じ間違いをし続けているのが「切符」と「切手」。駅で「切手買ってくる」と言ったり、コンビニで「切符ありますか」と言ったり。売ってませんから。
d0008146_22444566.jpg
いや、春の緑の話をしているのでした。庭もすっかり一面、緑ですの図。*お花の向こうにぼんやり見えているのは、ここ最近しつこく作り続けているもの。上手にできたらブログでもご紹介したいと思います。できるのかなー。

さて昨日、ちょっと久しぶりに外出ついでにカメラを持って行きました。
d0008146_22432293.jpg
その前日くらいに、また久しぶりに外に出たら、数日前と比べて山の緑がびっくりするくらい色が変っていたのです。はよ撮らないと!と慌ててカメラをつかんだ次第。
d0008146_22432899.jpg
このあいだじゅうの透きとおるような新緑と比べて、黄緑も濃緑も明らかに色が濃くなっています。このときはちょうど、西日があたる時間帯だったので、かなり黄みが濃く見えていますが。
d0008146_224334100.jpg
それでもまだ、いろんな緑が折り重なる景色はさまは見事。
d0008146_22433949.jpg
もう少しすると、濃い緑一色になっちゃうからね、と母。もう、かれこれひと月ほど長野にいますが、この1か月間の山の色の変化と言ったら目を見張るほどでした。
d0008146_22434519.jpg
目の前に圧倒的に広がる山や木も、足元でふと見過ごしそうになる草花も、どちらも捨てがたい自然の美しさ。見過ごすといえば、上の写真は花を撮ったのだけれど、PCで画像補正をしていたら、ちょうど花に虫がとまっていました(こちら)。目が悪いせいもあり、撮っているときは全然見えていなかったのですけどね。ほかにも、こうやって見過ごしているものがたくさんあるんだろうなー。。
d0008146_224356100.jpg
そしてもうひとつ、季節を感じるものといえば
d0008146_2244168.jpg
田んぼ。このあたりは、ちょうど先週末あたりが田植えだったようです。まさに植えたてほやほや。この写真の角度だとばらばらに見えますが、どの田んぼも、それはきれいにまっすぐ列をなして田植えされていましたよ。
d0008146_2244832.jpg
神社の神木、かどうかはわかりませんが、立派な木がそびえたっていました。
d0008146_22441467.jpg
段々畑(違)も。
d0008146_22441995.jpg
さて、あちこち止まって写真を撮っているうちに、外出目的を果たす時間がだいぶ少なくなってしまいました(ごめん>母 汗)。
d0008146_22442491.jpg
これは帰り道。あともう少しすると、稲の苗がもう少し伸びて、田んぼももっと緑に覆われるのでしょうね。

帰路を急ぐ…はずが、またうろうろと止まっているうちに
d0008146_22442925.jpg
ちょうど夕日がきれいな時間になりました。先ほどの大木と田んぼ。

山道を進みつつ、夕日がすっごいきれいな場所があるよ!と母が車を止めてくれました。
d0008146_22443435.jpg
空の色も、山の色も、こんなにキレイだったのに、、、手前の緑が撃沈(涙)。
d0008146_2244401.jpg
四苦八苦して撮っている間に、また時間がたち、、このあとの予定があったのにごめんよ>母。わたしが外で写真を撮っているところに居合わせたことのある不運な方々はよくご存知のことと思いますが、わたしは夢中になって撮りだすと長いのです(汗)。「今日の空の色は、今日しかないから」と言って、あちこちで車を止めて待ってくれた母よ、どうもありがとう。

さて、もうひとつこの時期のものといえば
d0008146_2244535.jpg
新茶ですね。去年は、新茶の時期に福岡の八女に行かせていただく機会があり、おかげさまでこの1年はほんとに緑茶をよく飲んだ年でした。で、ここ最近は季節柄、よく頂き物で新茶が届きます。八女茶もありましたよ。うれしかー。

で、お茶請けに…というわけではないのですが作ったのがこのクッキー。きなこのクッキーです。たまたま、バターを使わずに作るスノーボールクッキーのレシピのひとつとしてこんなレシピを見つけたので、ほぉ~っと思って作ってみたのでした。
d0008146_0194691.jpg
というのは、わたしはとあるお店のきなこのクッキーが好きなので、あんな感じに作れないかな~と思い立ったのです。なので形も丸ではなく四角で。出来上がりは、お店のクッキーの味とはまた少し違ったのですが(お店のは結構バターが多いのかなと思う)、これはこれでおいしかったです。作るのも簡単だし。それにしても、きなこをそのまま固めたかと思うほど、ガツンときなこがきます。レシピにも「飲み物のご用意を」とあるとおり、お茶が必須です。

というわけで、山の草木も食べ物も、スプーンさえも緑な、5月の終わりの信州なのでした。 …ん?
d0008146_22445899.jpg
緑のスプーン…じゃなくて、その横のお菓子については、また後日
by zo.chika | 2008-05-22 23:38 | 季節