冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

2年分の紫陽花
ちょうど満開
d0008146_333140.jpg
…には、やはりまだちょっと早かったのですが、、、雨に打たれ花に埋もれた1日でした。右を見ても紫陽花、左を見ても紫陽花の波に圧倒されたこの日のようすはこちらから(別ウィンドウでスライドショーが開きます)。ありえないくらい端からピンボケばかりですが、、、(涙)少しでも雰囲気が伝われば嬉しいです。




着くなり雷雨で始まったその日は、ひさしぶりに鎌倉を訪れました。鎌倉に用があったわけではないのですが、友人と会うことになり、どこで何をするわけでもなかったので、何となく提案してみたら何となく決まりました(向こうは比較的住まいが近いので)。で、決まったら決まったで、今なら紫陽花!というわけで、当然、行き先は紫陽花の名所。有無を言わさず決めました(いや、決めてくれって言われたし)。

で、北鎌倉の駅で待ち合わせをしたら、電車を降りるなりすごい人、人
d0008146_1254860.jpg
狭い道を並んで歩く人の列は、そのまま本日最初の行き先、明月院の入り口までつながっていました。雨なのにすごいなぁ。

さて、最後に鎌倉を訪れたのは2年前の7月。ほとんどどこも終わりかけていた紫陽花を、ほとんどどこも閉まりかけていた時間に駆け込んで見たものでした。そのとき、この明月院も閉まっていて中が見られなかったので、2年越しでリベンジ。
d0008146_1215769.jpg
d0008146_1216619.jpg
d0008146_12165229.jpg
時期的に満開には少し早めだったので、まだかな…と思ってはいたのですが、それでもさすが紫陽花寺と呼ばれるだけあって、見応えあり。片手に傘を持ちつつ、カメラが濡れすぎないように慌てて撮っていたので、写真は見事なまでにどれもピンボケでしたが。ふ。(涙)

…しかし、、、その間にもどんどん雨脚は強まるばかり。当日の天気予報は雨のち曇りだったのですが、これ、本当にやむのかよーっという感じ。傘を差していても全身濡れるし、ああもうここ見終わったらメシでも食って帰ろう、くらいの気になっていました。
d0008146_12262137.jpg
…いたのですが、いざ寺を出て、さあどこに行くかという段階になって、天気がよかったら鎌倉駅のほうに散歩して…などと思っていたところに、何も決まらないので、とりあえず歩くことに。この段階ではもう足元もびっしょり濡れていたので、もうこれ以上濡れたところで大差ないし、という半ば投げやりというか諦めというか。

が、雨に打たれつつお喋りしながら歩いているうちに、急に雨脚が弱まってきました。
d0008146_12284166.jpg
鶴岡八幡宮に着く頃には、雨も上がって日が差し始めていました。
d0008146_12293921.jpg
何かの行事がある日だったもよう。素通りしてきたのでわかりませんが。

ちなみにこの日のメインの話題は、なぜかこの人の「superstring theory(超ひも理論)」。自慢ですがわたしは物理学への造詣がまったくないので、日本語で話したって理解に難儀すると思うのですが、相手がカナダ人につき会話が英語だったため、どうしても会話に集中せざるを得ず、道中、神社も寺も出店もすべて素通り。

そんなわけで歩きながら会話に没頭しているうちに鎌倉駅に着き、鎌倉まで来たけど昼はスターバックスで食べ(だって店探すのめんどくさかった)、遅めの昼食を終えた頃にはすっかり晴れ間が差していたので、当初の(わたしの)予定通り、もうひとつの紫陽花寺へ。
d0008146_12452945.jpg
江ノ電に揺られてやってきたのは長谷寺。ここは、来たことあったとしても相当昔のはず。

で、入り口で入場料を払う前に、「あじさい散策路への入場はただいま60分待ち」と、、うげーっ。。。紫陽花の季節(しかも週末だ)の鎌倉をなめてはいけませんね。

まあ、ここまで来たのでとりあえず中へ
d0008146_12482484.jpg
d0008146_12484337.jpg
d0008146_1249373.jpg
中に入ってまず目に付くのは、紫陽花よりも花菖蒲でしたが。

ぷらぷら歩いたり写真撮ったり喋ったりしながら、観音堂のほうにあがっていったところに、有名な紫陽花散策路(ふだんは眺望散策路というらしい)があるわけですが、その時点で散策路に入るのは「40分待ち」。40分はちょっと…と思っていたところで、番号の入替があり(入場券に振ってある番号の順に入れる)、急に「20分待ち」になったので、20分なら…と、少し時間を潰して待つことに。ちなみにここから由比ヶ浜や江ノ島が見晴らせるのですが、写真撮ってませんでした…。

さて、ようやく番号が呼ばれましたが、そこからまた中に進むのに列に並ぶわけです。ここはディズニーランドですかと(いやそれは大げさですが)。
d0008146_1322923.jpg
で、列に並んで進んでいるうちに、いつのまにか散策路に入っていました。

小高い山の上にある散策路からは、眼下に海や鎌倉の町並み、そして寺の建物を見下ろし
d0008146_1334681.jpg
d0008146_1382048.jpg
視線を目の高さに戻すと、海のように広がる紫陽花の波
d0008146_13121765.jpg
d0008146_13242525.jpg
そしてその中間には、、
d0008146_13245459.jpg
d0008146_1325566.jpg
人、人、人の波なのでした。

結局、列に並んで散策路に入るのかと思ったら、列に並んだまま散策路を進み、そのまま最後まで列に並んで終わりました。…「一列になって歩く」といえばいいんでしょうかね、、、それにしても人もすごかったけど紫陽花ももちろんすごかったです。ここまで視界を埋め尽くすと、何がなんだかもう、という感じ。あ、もちろんキレイなんですけどね。なんか、いっぱいいっぱいでした。
d0008146_1334445.jpg
でも、紫陽花の季節にここに来てみたかったので、念願かなって嬉しい。1年分の紫陽花を見た気分になりました。いや、去年はほとんど見てないから2年分かな。
d0008146_1336171.jpg
観音様が紫陽花を一輪、手に持っていて、それがとっても印象的でした。

その後、せっかくすぐそこだしねぇ、というわけで、最後にこちらも
d0008146_13394015.jpg
大仏様。小学生以来か中学生以来か、、最後に大仏様を拝んだのはともかくものすごい前です。変わらぬ姿で、安らかな表情でそこに座っていました。


というわけで、紫陽花と理論物理学(の基礎の入り口のその前以下のレベルだけど)(というか、会話の内容はそれだけじゃないですが)に圧倒された1日でした。帰りの電車は疲れて爆睡(とかいいつつ寄り道して買い物とかしちゃって余計に疲れている自分)。

***

さて、意外と疲れた日ではありましたが、実はその前後に個人的に重要なイベントがありました(この先、相当ひとりごとなので適当に流してください)。
d0008146_13582756.jpg
それは煎餅焼き…ではなくて、Isle of Wight Festival 2007。イギリスの夏のロックフェスティバルシーズンの先頭を切る存在ともいうべきイベントなのですが、これが先週末、金土日と3日間にかけて行われていました。(*以下、リンク先は音が出るものもあるので注意)

残念ながら行けなかったので(行く気だったのか?)、遠く日本から耳を傾けていたわけですが、そんなわたしの主な情報源はこちら。ここで、現地時間の土日夜8時から12時までの間、ダイジェスト版を放送してたのですが、それって日本時間の朝4時から8時なわけです。いくら普段から不規則な生活をしているわたしとはいえ、微妙につらい時間帯ではあります。

で、このブログでも端のほうでぶつぶつとつぶやいていたので、お気づきの方もあったかもしれませんが、その記録↓

☆6/10 4:50 (6/9 20:50 UK Time)
起きました。ウェブカムはライブなんだけど、音がないうえ、ステージ遠すぎて何がなんだかわからーん!!ラジオでダイジェスト聞いてます。。。過去の音源多し。

☆6/10 8:04 (6/10 00:04 UK Time)
ラジオは本日分終了。金曜と土曜の分のライブ音源を聴く。Amy Winehouse聞けてよかった。まだライブは続いているもようです。Snow Patrol思ったよりよかった(って何を今頃)。明日はいよいよThe Fratellis!、Paolo Nutini、The Rolling Stonesなど。昼間外に出る予定なんですがまた朝4時に起きれるんでしょうか。誰か起こしてください。(どうやって)

☆6/11 4:15 (6/10 20:15 UK Time)
今日もなんとか起きました。んが~、、、ちょっとだけ出遅れたら、番組オープニングのThe Fratellis聞きのがしたぁぁぁぁぁぁぁ(涙)。。まあ、どっちにしてもリアルタイムではないんだけどちょっと悔しい。ちなみに現在演奏中なのはKeane。

☆6/11 5:36 (6/10 21:36 UK Time)
約30分遅れで最終日トリ、つまりイベント大トリのThe Rolling Stones登場(現在演奏中)。ゲストはPaolo Nutiniのもようだ。

☆6/11 5:47 (6/10 21:47 UK Time)
引き続きThe Rolling Stones。そ、そして、もうひとりのゲストが。うわさどおりのあの方だったらしい。あとでライブ音源聞くのが楽しみです。

☆6/11 7:00 (6/10 23:00 UK Time)
ライブ終了、らしい。あとはこれから音源聞くのが楽しみです。(ってそればっかですが。)


つうわけで、がんばって起きて聞いてました。といっても、おそらく放送権利等の関係で、ここでは生中継をすることができないようでした。なので、会場のスタジオのすぐ外で実際のライブが進行しているのに、その間、別の内容を放送していないといけないわけですね。それはそれでもどかしいものがありますが、ともあれ、遠く日本からワイト島の熱気を感じた気になるにはまあ、ありがたいわけです。

その後、ライブ音源やアーティストのインタビューの様子が順次こちらにアップされているので、ぼちぼち聞いてます。さて、一部上にも書いていますが、今回、個人的に楽しみにしていたのはThe FratellisAmy Winehouse。ついでに(っておい)聞いてみて意外とよかった(と、今さら思った)のは、Snow PatrolKeane。そして大トリを務めたThe Rolling Stonesは、やはりさすがでした。DJのおねえさんが、すごいすごいとしきりに感動というか圧倒されていて、Mick Jaggerは悪魔に魂売り飛ばしたとしか思えない、みたいなことを言っていて、…そのたとえはどうかと思うのですが、、、言いたいことはわかるような(不老不死ということですね)。ゲストでAmy WinehouseとPaolo Nutiniが一緒に歌ったらしいので、その様子を聞くのを楽しみにしています。

というわけで、鎌倉の紫陽花とまったく関係ない話でした。
d0008146_1430591.jpg
今回は江ノ島までたどり着かなかったのでまた今度。夏が終わったら。
by zo.chika | 2007-06-13 03:17 | 季節