冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

リサイクルの必要性
なんかエライ久しぶりにクッキーを焼きました。
d0008925_21452159.jpg
ナッツを入れた生地でチョコレートを挟んだものです。




実は、ひっそりと予告(?)をしていたのですが、これは京都で買ってきた中村藤吉本店「ちゃこれーと」の使いまわし。と言っても間に挟んだだけですけど。
d0008925_1485585.jpg
このチョコについてブログに書いた後、「そのチョコレート、そのまま食べるほかにどんな食べ方があるかね、砕いてクッキーとかケーキに焼きこむとか?」というようなことをアメリカ人に言われ、一瞬のけぞりました。ケーキに焼きこむってあーた、、、こういうチョコほどではないとはいえ、決して安くはないし、デリケートなチョコなんですけどっ、、、と思った。(さすがアメリカ人…とも 汗)。

でも、改めて考えてみると、このまま食べる以外に何かしてみるのも悪くはないかもという気もしてきました。生チョコだけに室温に置いておいただけで柔らかくなるので、焼菓子に焼きこむのはちょっと無理がありそうだけれど、焼きあがったところに混ぜれば大丈夫かな?と考えた結果、クッキーサンドにしてみることに。

使ったレシピはこちら。わざわざ「Crispy」なクッキーと銘打ったこれ。クッキー生地は柔らかくしたバターと砂糖をすり混ぜて…というのが普通なのに、これは最初にバターを溶かして、そこに砂糖、卵、粉を混ぜていくというもの。それがカリっと仕上げる秘訣(?)らしい(??)。アメリカのチョコチップクッキーのレシピって、カリカリよりは柔らかめを目指したものが多いみたいで、わたしもどちらかというと柔らかめ好みなのだけれど、面白いので試してみました。

生地にチョコチップは入れず、代わりに抹茶チョコ用にピスタチオ、ほうじ茶チョコ用にピーカンナッツを投入。焼きあがったクッキー2枚でチョコを1個を挟んで、形を整えつつ(ほっとくとチョコがダレてきれいなサンドイッチにならないので)2枚あわせて冷ましました。
d0008925_2146093.jpg
…と、この段階になって気がついた。いくら直接火を通さないとは言っても、焼きたてのクッキーは生チョコには熱すぎたようで(汗)チョコは柔らかくなるというよりもだれーんと溶けていってしまった(焦)。溶けたチョコがクッキーにしみこんどります(悲)。

d0008925_21462234.jpgうーん。こんなことなら、チョコを予め室温で置いておいて、うーんと柔らかくしたのを挟めばよかったと思うも後の祭り。仕方ないのでそのまま食べました。いや普通においしかったです。

そのまま食べるのとは目先が変わったといえば変わったかもしれないが、まあ普通にチョコとクッキーを一緒に出して交互に食べたほうがよかったんじゃという気がしないこともない、こともない。

ちなみにクッキー自体は、特別カリカリってことはなかったような。普通の柔らかいクッキー生地でも、焼き時間によってはカリカリになるし。ただ、火力の異常に弱い電子レンジ兼オーブン(日本のオーブンってこんなに火力弱かったっけ??と驚いてます)で、なかなか焼き目がつかなかったわりには、歯応えがあった、かもしれない。

そんなわけで(?)ついでなので抹茶ネタをもうひとつ。
d0008925_2146357.jpg
今日食べたハーゲンダッツのパルフェ 和・クラシック 抹茶あずき。下からこしあん、バニラアイス、ゆであずき、抹茶アイス、黒みつが層になってます。
あんこ嫌いなわたしとしては、こしあんは余計だと思ったけど、普通にうまかったっす、オス!

+++

関連記事
京都旅行で食べたもの
京都旅行で買ったもの
京都 中村藤吉本店 ちゃこれーと
ハーゲンダッツ プレミアラウンジ(期間限定)
by zo.chika | 2005-05-09 23:17 | 一日一膳