冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

憧れの黄色い袋
パスタのメーカーに絶対というこだわりはないし、
かといって、どれだって同じと断言するつもりもありませんが。
d0008925_2131215.jpg
これは袋を開けた瞬間単純に、わあ、キレイ、と思ってしまいました。




d0008925_2132993.jpgこの黄色い袋が前から気になっていた、イタリアはトスカーナのMartelliというメーカーのパスタ。最初に見たのはどこだか忘れましたが、最近ではアメリカのWilliams-Sonomaで店頭に並んでいるのを、いいな、試したいなーと思って眺めていました。
普通の店に売ってるパスタよりは高いのですが、それでも買えない値段というわけではなく、むしろ問題はかさばること。近所に売ってたら買うけど、ただでさえ荷物の多い旅先では悩むところでした。

そうしたら、東京に戻ってきたら、売ってた、売ってた!スパゲティ1種類だけでしたが、即買いました。

d0008925_2134851.jpgここだけの話(どこだけなんだ?)、売れ行きが悪かったのか、20%引きでした。わたしとしてはホクホク。
(…でも、売れてないってことは、次回入荷されるかどうかわからないってことか…?)

普通のパスタも表面が微妙にざらっとしていますが、ここのパスタはそのざらつきが特別に多いような。味のからみがよさそうだ、と勝手に期待(このときのパスタもそうだったし)。

せっかく買ったので、パスタ自体の味がよく味わえるよう、シンプルに食べようと考える。前にも作ったことのある、ローズマリーとレモンのソースにしようかと思いましたが、いっそのこともっとシンプルにアーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ(にんにくとオリーブオイル、唐辛子)に決定。

でも結局トマトとローズマリーも入れてしまいました。でもまだこの程度ならシンプルだよね、、、(と自分に言い聞かせる)。
d0008925_2135942.jpg
にんにくと唐辛子をオリーブオイルでじっくり熱して、刻んだトマトとローズマリーを入れてさっと油をからめたらパスタ投入。こしょう(今日は黒、白、赤、緑などのミックス)をがりがり挽いて仕上げ。
d0008925_2141017.jpg
…あ、ひょっとして胡椒が多すぎでしょうか、、、
実は食べる前にもっとふってます。「そんなにこしょうふったら、料理の味がわからなくなる」と家族に文句を言われたくらい、昔からこしょう好きなのです。。。

噛むと粉の味が伝わってくる、主張のある味のパスタでした。ところで気になったことがひとつ。パスタの袋には、茹で時間6分とはっきり印刷されているのですが、日本の輸入販売元が貼った(のだと思う)日本語の表示シールには、8分茹でると書いてあるのです。
…イギリスやアメリカでは、まだまだ「アルデンテなんて知るかオラ」ってな傾向があるかもしれないけれど、日本は最近はそうでもないと思ってたのになぁ。。。茹で時間3割り増しって結構な差が出ると思うのだけれど。

*最近柿の種しか食ってないんじゃないか、という声が各方面(含:自分)から聞こえてきたので、いちおう、こんなものも食べてますってことで。
^^;

+++

関連記事
ローズマリー、レモン、ライムのソースのパスタ
ウォッカソースのパスタ
by zo.chika | 2005-05-07 23:57 | 一日一膳