冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

メルボルン追い込み
メルボルンのパン
d0008146_23381324.jpg





メルボルン最後の追い込み特集(?)。最後の1週間はワイナリーに行ったりレストランに行ったりしたほか、お友達のお宅でのパーティーにお呼ばれしたり、旅先で出会った友達と飲んだくれたり、忙しく過ごしておりました。そしてここも、メルボルンにいる間に行っておきたかった場所のひとつ。
d0008146_23382694.jpg
Phillippa's。メルボルンではかなり有名なパン屋のようです。お店の正式名はPhillippa's Breads, Pastries and Provisions、パンとお菓子と食料品、と、まあパンだけじゃなくてグルメフードいろいろ、という感じでしょうか。

ここのパンを初めとして一部の保存食品などは、この近辺の高級系スーパーなどに置かれているので、比較的手に入りやすいようですが、どうしてもここの本店に来てみたかったので、またしてもお友達をそそのかして強行。おしゃれ系のお店が立ち並ぶ通りの一角に、そのお店はありました。

そして店内
d0008146_23384093.jpg
うきゃーっ ←サル
d0008146_23385259.jpg
それほど広くない店内に、パンのほかにもお菓子やら瓶詰めの保存食品やらがところ狭しと並べられていました。いや、よく見ると同じものがたくさんあったりするのですが(^-^)、いいんですそんなことは。

店内にテーブルはわずか4~5席。とりあえず、せっかくなので座って、店内で食べ物をいただきました。
d0008146_2339130.jpg
キッシュ。わたしが頼んだのはズッキーニとレモンとかそんなやつだったと思うのですが(←例によって忘れている、、)、なかなかおいしかったです。でも実はキッシュ本体よりも感動したのが一緒についてきたチャツネ。トマト味なのですが、ほんのり甘くて辛くて、これをつけたらキッシュがぐーんとおいしくなりました。今まで、チャツネとかその類の食べ物にあまり愛がなかった自分を一瞬後悔しました(大げさ)。

閉店時間が迫っていたので、あまりゆっくりできなかったのですが、持ち帰り用にへこへこと買い物をしてきました。
d0008146_23391139.jpg
とりあえずはパン。ナッツたっぷりのデニッシュ。翌日の朝飯か何かになりました。甘いけど、おいひーーー

ケーキも何種類かあったのですが、持ち帰りやすそうなやつをひとつ
d0008146_23392560.jpg
りんごのケーキだったかな??ふだん、こういうアイシングがついたケーキはそれほど好まないのですが、これはあんまり甘くなくておいしかった。素朴な味。

その他、日本へのお持ち帰り用
d0008146_23393755.jpg
キッシュについておいしかったトマトのチャツネと、ナッツ(ハーブ&スパイス、オレンジ&ハニー)、オレンジと洋梨のミューズリ、そして料理の本。それから、コットン製のお買い物袋(かわいい!)。

えーとこの日、店内でキッシュ食べてコーヒー飲んで、これだけ買って、会計が100ドル超えました(汗)。パン屋で100ドル落とすかあー、とお友達もウケていたし、自分でも、帰国前というのは恐ろしいものだと思いました(汗汗)。いや、本だけで30ドルくらいするし、チャツネもナッツもいちいち10ドルくらいするので、そんなことになっちゃうのですねえ。。えーとちなみにここのお店のクッキー類は、別のときに買ったことがあるのですが、パンに比べると、ちょっと値段に見合わないかなー、と思わないこともない、みたいな。(ごにょごにょ)

さて、Phillippa'sで本当に感動したのはハード系のパン。最初にいただいたのは、メルボルンに着いたその日、お友達のお宅での晩ご飯のときでした。ぶどうとローズマリー、いちじくとアニスの2種類をいただいて、ローズマリーのほうはともかく、アニス嫌いのわたしはげげーっと思ったのですが、せっかくなのでひと切れ、と思ってチーズと一緒にいただいたら、それが結構おいしかったのです。それが忘れられず、これはぜひ日本に持って帰ろう、ということで、この日よりも後、帰国の前日の晩にスーパーで調達して日本に運んで帰ったのでした。

で、帰ってからそのパンを食べるの図。
d0008146_2340260.jpg
プチペッパーのフェタチーズ詰めも、メルボルンで食べて気に入ったもののひとつ。これも強引に持ち帰ってきました。。
d0008146_23414730.jpg
チーズは手前からビンテージチェダー、ゴルゴンゾーラ、シェーブル、そしてキンスのペースト。チェダーとキンスのペーストはオーストラリアから持ち帰ったもの。それはもちろん
d0008146_23415557.jpg
これをやりたかったから。チェダー×キンスペーストはパースの思い出の味。あのときいただいたタスマニア産チェダーと手作りペーストには及びませんが、やっぱりおいしかったです。

それからこれ
d0008146_2342959.jpg
トマトのチャツネを食べるべく、キッシュ。自分で焼く余裕がなかったのでパン屋で買ってきました。おいしいぞー。

…と、オーストラリアから帰ってオーストラリアを懐かしんだ食事、のことを今、思い起こして、さらに懐かしくなっています。思えば、住んでいたハワイを別にすれば、このときのメルボルンが今まででいちばん長く滞在した外国の町になったわけで、そりゃあ愛着も沸きます。あまりにも楽しい滞在だったからだと思うのだけれど。
d0008146_23422015.jpg
約3か月の滞在と、帰国後4か月以上もひっぱっている南半球滞在中のお話は、ひとまずこれでおしまい。当地でいただいたおいしいものの写真はまだまだあるので、あと1回くらい、まとめてご紹介して、南半球話はおしまいにしたいと思います。…まとめる時間、あるかなあ…(遠い目)。
by zo.chika | 2006-09-22 00:17 |