冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

初夏の北イングランド (3)
食べる食べる
d0008146_19154983.jpg





イギリス料理、とひと言で言ってもまあいろいろあると思うのですが、ナオコさんのお宅のお料理は特にイギリスの家庭料理のおいしいところの縮図のように感じます。ちなみに2年前にお邪魔したときにいただいたのはシェパーズパイとアップルクランブルでした(←こういうことはよく覚えている自分)。

さて、デザートを食べるや否や撃沈した夜、のその翌朝。
d0008146_1916568.jpg
夜中、わたしが爆睡している間に、昼間摘んだグースベリーがピュレになっていました。グースベリーもわたしにとってはイギリスの夏!というイメージの果物ですが、非常に酸っぱいので、そのまま生で食べるということはまずなくて、こうして砂糖と一緒に加熱するとか、ケーキに焼きこむとか、そういう果物のようです。この日はヨーグルトに混ぜて上にも載せて。甘酸っぱくて好みの味♪

で、その後はBakewellとChatsworthに出かけて初夏のイギリスの田舎町を楽しんできたわけですが、夕方になってもまだまだ明るくて暖かいので、晩ごはんは外で。
d0008146_19161485.jpg
というわけでここでもやはりバーベキュー登場。そして焼き担当はやはりお父さん。じゅ~
d0008146_19163057.jpg
まずはソーセージでホットドッグ。わたしはケチャップがあまり好きでないので、マスタードとたまねぎのレリッシュで。このレリッシュがちょっと甘くて酸っぱくておいしかったです。お供はサイダー(りんごの発泡酒)。イギリスのサイダーはフランスのシードルとはまたちょっと違うんですが、ビールがわりにがぶがぶ飲めておいしいですね。
d0008146_19163938.jpg
チキンのあとに登場したのがラムのつくね(違)。ミント風味です。わたしはラムが結構好きなのでこれはたくさんいただいてしまった。

そして、おなかいっぱいになったところで満を持して登場
d0008146_19164723.jpg
本日のデザートはラズベリーがごろごろ載ったトライフル♪大きなボウルに入って出てくると、思わずおお~っ!!と歓声をあげてしまいます。しかしナオコさん、いったいいつの間にこんなにいろいろ準備されていたのでしょう…(驚)。

7時半を過ぎると、まだ明るいのだけれど、少し肌寒くなってきました
d0008146_1917421.jpg
そろそろおうちに入ろうか~、ということで、このあとお部屋でコーヒーをいただいて、夜遅くまでナオコさんとおしゃべりしていました。思えば2年前はナオコさんがお風邪をひいて寝込んでいるところにお邪魔したので(大汗)、あんまりゆっくりお話できなかったのでした。

こうしてあっという間に過ぎたシェフィールドでの2日間。3日目はもうロンドンに戻る日で、さらに、ロンドンに1泊したら翌日の夜にはイギリスを発つという事実にいまさらながらショックを受けつつ
d0008146_19171575.jpg
3日目の朝。この日もすっきり晴れ空。
d0008146_19172536.jpg
トーストにたまごとベイクドビーンズというのがまたイギリス的で泣かせます(?)。で、朝っぱらからカメラを抱えて食卓に現れたわけですが、ナオコさんも書いていらっしゃるように、今回の滞在では王子様(4歳)がすっかりカメラ小僧になっていてほほえましかったです。自分用のカメラも持たせてもらっていたほか、わたしのカメラにも興味しんしんで、何度も使ってみていました。で、まわりにあるものやら人やらをいろいろ撮るのですが、それがホントにじょうず!わたしの写真も何枚か撮ってもらったけれど、本人が一瞬勘違いしたくなるほど写りがよくて(ほほほっ!)、写真に写るのが苦手なわたしとしては貴重なポートレイトになりました。ありがとう!
d0008146_19174535.jpg
で、朝ごはんに話を戻すと、わたしがカメラを持っているのを見て、ぼくもー、と自分の朝ごはんにカメラを向ける王子様の図。ちなみに当時、海賊ブームだったようで、アイパッチをつけて頭も海賊風。かわいい。^^

ゆっくりごはんをいただいて、ゆっくり出発しました


さて、ブログでも既にご報告されているとおり、ナオコさんご一家はこの秋から大阪にお引越しされることが決まっています。わたしがお邪魔したときにはもうシェフィールドのお宅の買い手も決まったところで、そろそろ引越しの準備に取り掛かるという頃。2年前にシェフィールドに来たときは、ナオコさんにお会いするほかに、当時ご近所にいらしたりんさんにもお会いして、さらに大学に留学中の友人に会うという目的もあったのですが、その友人は既に帰国して今は別の外国で仕事をしているし、りんさんも今はグラスゴーにお住まいだし、ここでナオコさんたちがシェフィールドを離れると、正直、わたしがシェフィールドに来ることももうないのかも…と思わずにはいられず。ここにお邪魔することももうないんだ、となんだか寂しい気持ちでおうちを後にしました。
d0008146_19175746.jpg
でも、ナオコさんご一家が同じ日本にいらっしゃるというのはとても嬉しい♪大阪にもぜったい遊びにいきますねー、と約束してお別れしました。楽しい3日間、どうもありがとうございました!次は大阪でお会いしましょうね。
by zo.chika | 2006-08-14 21:16 |