冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

テーマカラーは緑と紫
そしていちごとシャンパン
とりあえず雰囲気だけでも。。。




聖地上陸、、、というのは決して大げさではなくて本当の話。決勝戦までもうちょっと、というある日、全英オープン開催まっただなかのウィンブルドンに行ってきました。実は中学生くらいの頃からなんちゃってテニスファンのわたしとしては、ウィンブルドンでテニスの試合を見るというのはまるで夢のような話。なので、mappetさんが誘ってくださったときには、夢でも見ているのかと思いました。いやまじで。

ウィンブルドンのメインコートであるセンターコートと第一コートの試合については別に特別なチケットが必要らしいのですが、今回はその2つを除く敷地内に入るチケットでした。それ以外の小さなコートの試合は見ることができるほか、敷地内でピクニックをしたりする過ごし方もあるのだとか。だいいち、今回はわたしにとっては棚ぼたで転がり込んできた機会なので、、会場に入れるだけでもう十分どきどきなのです。

というわけで、当日は朝からmappetさんと2人でバスを乗り継いで会場へ。プロテニス界では最も権威ある世界4大大会のひとつの割には、会場へのアクセスは結構ローカルだったりします。。
バスを降りてから最寄のゲートへぞろぞろ歩く。朝から何となく雨がぱらついていましたが、会場に着いたら結構本降りになってきました。。
ゲートを入っても、なんとなくまだ実感がわかず。なんかこう、こぢんまりした感じなんですよねえ。。
初めて見るウィンブルドンの芝~ 
が、、名物の雨カバー(?)が次々とかけられていました。ちなみに、ウィンブルドンといえど、小さいコートは結構小さいです。
でも、雨カバーを見ながら歩いていたら、ああウィンブルドンなんだ~という実感がわいてきました(そういうもんなのだろうか、、)。
なにがどこにあるかわからないのでうろうろ、きょろきょろ。センターコートってどこにあるんだろー??とりあえず、写真を撮りながらテケテケ歩き回る。
ちょっと高台になっているところにのぼって回りを見渡す。雨だけれどかなりの人出でした。ちなみに左手前の緑の建物が第1コート、奥の灰色っぽいのがセンターコート。って見えませんね…。さすがに大きなスタジアムで壁に囲まれているので、チケットがない人は隙間から覗き込んだりはできません。。。

なわけで、引き続き敷地内をぷらぷら散歩
ショップがあったので覗いてきました。ウィンブルドングッズ(?)あれこれのほか、ウィンブルドンまんじゅう…はなかったですが、チョコとかクッキーなんかはありました。でも食べ物は買ってないです。ここでは。

てな感じでうろうろして、ついにセンターコート(の前)到着
入り口の上にかけられたこの時計、ロレックスでした(!)。mappetさんに言われて気づいたのですが、そういえばこの時計、敷地内のあちこちにありました。なんかすごいぞ。

さて、アコガレのセンターコート。今日は入れないので、建物の外から、じぃーと見るのみです。で、センターコートのちょうど脇が、飲み物と食べ物のスペース。
小雨のなか、たくさんの人々がウィンブルドン名物に興じていました。
では、よし、われわれも、というわけで調達してきました
ウィンブルドンといえばこれが有名、というのがストロベリー&クリーム。いちごは甘くなかったので砂糖多めにかけるのが正解のようです。そして飲み物はシャンパン。グラス単位で買えなかったので、高いしやめようかとも思ったのですが(汗)、売り場でウィンブルドンのマークがついたボトルが並んでいるのを見た瞬間迷わず買い。といってもハーフボトルですが。いや、この前の晩は友人と2人でシャンパンをボトル2本空けてるので、この日は控えめにしときました。っていうか、まっぴるまなんですけどね。いいんですけどそんなことは。。。

mappetさんと一緒にかんぱ~い、とやって、気分よくシャンパンをあけたところで、会場内もひと回りしたことだし、午後は別の用事があったので、さて、そろそろ帰るか~、と会場を後にしました。


で、会場にいる間は雨が降ったりやんだりだったので試合はなかったので、結局この日はテニスはいっさい見ずじまいでした(!)。しかも、ここのところ、朝から天気悪くて夕方晴れるというパターンが続いていて、この日もわれわれが帰った後しばらくしてから試合が行われたようです…。
でも、わたしとしては、それほど残念!という気持ちは不思議となくて、実際のところ、全英オープン開催中にウィンブルドンに来ることができたというだけで、なんだかもう胸いっぱいだったのです。試合はきっといつかまた見に来ることができるでしょう、運がよければきっと…という気持ちで気分よく会場を後にできたのは、ほろ酔い状態だったからというだけではないはず。たぶん。

どうもありがとう!ありがとう!ありがとう! >mappetさん&エルビス
by zo.chika | 2006-07-10 02:40 |