冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

南の島の秋: タスマニア島 (3)
タスマニア3日目




起きたらそこそこ晴れでした。それだけでちょっと嬉しい。
d0008146_2137282.jpg
本日のルートは~、Strahanからふたたび内陸に入り、湖や滝を見つつ南下し、タスマニアの州都Hobertに向かいます。

まずはQueenstown
…の、町を、高台から眺めます。以上。

はい次~
Wild Rivers National ParkにあるNelson Fallsへ。空はふたたびちょっと雨模様。…この感じといい、「滝」といい、前日の修行(?)が思い起こされて一瞬ナーバスになるが、今回は滝まで片道10~15分とのこと。ほ。

というわけで、歩きやすい歩道をトコトコと歩くこと15分弱
おおおおお~っ。。。雨のあとだったのか、圧倒的な水量で轟音を立てて落ちるNelson Fallsに到着。すごい迫力でした。

余裕余裕~♪と軽い足取りで車に戻って次へ。
Lake St Clair。セント・クレア湖は、わたしのなかではCradle Montainとセットになっいて、事前にその名前を認識していた数少ない観光スポットだった(汗)ので、結構楽しみにしてました。

んがっ、、、この天気ではクレイドル・マウンテンはもちろん見えず。しかも、青空が覗いていたと思ったのに、すぐ雨が降り出しました。
とっととバスに戻って移動…って、これだけかい!

ぼちぼち昼時になったので、途中、どこかのダムのそば(記憶がなってなくてすみません、、、汗)で昼食。
イースターの週末で店が閉まっているという前日の教訓を生かして(?)、本日は昨晩のうちに調達されたらしきハムやチーズや野菜を各自パンにはさんでサンドイッチを作るという方式に変更。
最後に列に並んだら、ハムとか野菜がなくなってました(涙)。でも、サンドライトマトとマスタードがいい味だしてましたよ、ええ。

昼食途中にも通り雨があったと思ったらまた晴れたりして、ホントにヘンな天気。でも青空が拝めるというのはすばらしいことです。
のんびり昼食をとったあとは、ずんずんと南下
次に降ろされたのはMount Field National Park。滝を見て下に下りてくるよーに、とガイドさんに言い渡され(?)、みんなでぞろぞろと歩き出す。このあたりは背の高い木が天に向かってのびているのが見もの。
ここでも20分少々だったでしょうか、高い木を見上げたり、なぎ倒されたままの木を見下ろしながらのんびりテクテク歩いていくと、、

でたっ
…というには写真がいまいち迫力ないですけど(汗)、Horseshoe Falls。これはタスマニアの絵葉書などでたびたびその写真を目にしていたので、本物を目の前にしてちょっと感動。こちらは意外と水量が少なめだったみたいです。

そこからさらに進んで林道を下っていくと
どーん
どどどーーん。こちらがかの有名な(ってタスマニアに来てから知ったんですけど 汗)Russell Falls。…いやもう、わたしのカメラ(というかレンズ)では1枚に収まりません。朝のNelson Fallsとはまた違った感じですごい迫力。

(えー、実は最初のHorseshoe Fallsは名前は知らなくて、そっちがRussell Fallsだと思っていたので、2番目に本物[?]のRussell Fallsが現れたときは、あれ、さっきのはじゃあ、なんだったんだ?と混乱したのでした。以上、無知な観光客の恥。。)

ひとしきり感動したあと、バスの待つ駐車場に向けてうっそうとした林道を進むと、途中にこんなものが
昔々になぎ倒されてそのままになっているであろう、苔のはえた大木のなれはて。この木の幹の内側の空洞部分は、大人がすっぽり入るほどの大きさ。すごいです。

林の外に出たら、空にはまた見事な虹がかかっていました。うっすらですが二重です。
林道を歩き始めてからここに至るまで1時間半足らず。今朝の滝といい、ここのふたつの滝といい、こんな楽してこんな立派な滝が見られるなんて!と感動。…そんならわざわざ往復3時間も歩いてまで滝を見に行きたくないかも、、、とひそかに思ったことは誰にも言ってません。(うそ)

その後は一路、本日の宿泊地Hobertへ。
すっかり秋景色でした。

さて、本日の晩飯は「どうもヤツは料理が上手らしい」と女の子の間でうわさされていたイギリス人に腕を振るっていただきました。
Hobertは州都とはいえこぢんまりとした町。しかもイースターの週末で、しかも宿は町の中心地からはちょっと離れていて、時間も遅くなっていたので、唯一近所にあって開いていたのがしょぼいスーパー1軒だったのですが、そんな限られた条件のなかで、ぱぱぱ~と7人分のパスタをこさえてくれました。
フレッシュトマトとチーズのパスタ、ベーコンとグリーンピース入り。ほんとはバジルを入れたかったらしいのですが、近所のしょぼいスーパーにはなかったので省略。でもとてもおいしかった~。そしてお供はおなじみ(?)VBことVictoria Bitter。ちなみにタスマニアのビールいえばCascadeBoag'sが有名で、どちらもメルボルンにいるうちに飲んでいたのですが、タスマニアにいる間じゅうずっと飲んでいたのはVBでした。安かったからかな、、(汗)。

さらに食後にはオマケも
イースターエッグ。翌日の日曜はイースター・サンデーですから。本日シェフの彼が買い物ついでに調達して、食後に支給してくれました。

そしてこの日も食後はひたすら飲む、しゃべる。VBを飲みつくした後はワインに移行して、夜中何時だかわからないくらいまでしゃべり続けた、タスマニア旅行折り返し地点の晩でした。その他、本日の写真はこちらから。ぼちぼち数が多くなってきてます。
by zo.chika | 2006-05-22 23:55 |