冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

定番。
f0089353_1582797.jpg





オーストラリアのお菓子といえば、、、なんだろう??
f0089353_158531.jpg
来る前はあんまり印象がなかったのですが、こちらに来て、たぶんいちばん食べたのはこれ、ANZAC biscuits。いくつかのメーカーから出ているし、お菓子屋に行けばたいてい置いてあります。要はオートミールとココナツの入ったクッキーなんですが、同じアンザックビスケットという名でも、固かったり柔らかかったりザクザクだったりカリカリだったり、お店によって結構別物だったりするもよう。安いのから高いのまでいろいろ食べてみたけれど、結局いちばんおいしいと思ったのは青い袋に入った、そのへんのスーパーに必ず置いてあるここのメーカーのもの。ただし、普通のやつではなくて、大きめのが1枚ずつ個別に入ったやつが、厚みがあってこころもち柔らかめで、好みの食感でした。

それからこちら
f0089353_1591225.jpg
Lamingtons。スポンジというかカステラみたいなケーキで、四角い形で周りにココナツがまぶしてあるのが特徴のもよう。このお菓子の存在を初めて知ったのは、お隣りニュージーランドにお住まいのmoanaさんのブログで、最初に見たときは「マシュマロみたいなの??」と思ったけれど、ぜんぜん違いました。写真は、半分に切って間にジャムとクリームが挟まれたもの。ケーキ自体が甘いところに、さらに追い討ちかけてます(汗)。えー、個人的には、まあ、1回食べたし、もういっか、という感じ。

もういっか、といえば、焼きメレンゲにクリームとフルーツを添えたパブロバ(こんなやつ)も、オーストラリアのお菓子で忘れてはならない定番ですが、 …うーむ、売ってるやつは大きいし甘いんだよね、、、と恐れをなして結局食べるに至らず。

というわけで、大本命。
f0089353_1593784.jpg
言わずと知れた(?)TimTam。甘~いチョコクリームを挟んだビスケットを甘~いチョコでコーティングした、甘~~いお菓子なのですが、オーストラリアの人はホントこれが好きですね。日本でも何種類か手に入るし、ぶっちゃけ、感動するほどおいしい!というお菓子では決してないのですが、テーブルに置いてあると、通りすがりに1個つまみ、その帰りにまた1個、と何となく手が伸びてしまう(汗)。

ところでTimTamの究極の食べ方(?)教えてもらいました。TimTamの四隅のうち対角線の2隅のはしっこを、ほんの少しだけかじり、一方をコーヒーにちょっと浸して、すかさずもう一方からがつっと吸う!コーヒーを吸い上げて柔らかくなったTimTamはすみやかに食します。TimTamをストロー代わりにするというのも楽しいけれど、コーヒーのしみたTimTamが妙においしくて、ちょっとはまります。急いで食べないとべしゃっと崩れるのと、コーヒーの苦味で甘さが中和されるので、どうしても一気食いになってしまうのがキケンですが。
f0089353_3214046.jpg
ちなみにこれは、お友達のだんな様(奥様と剣道とワインとチョコレートを愛する、ちょっとシャイでインテリなオージー)に教わった食べ方です。2、3回練習(?)すると、コツがつかめてうまく食べられるようになります。この食べ方には濃くて苦めのブラックコーヒーが好き。コーヒーといえば、こちらでは普通の(たいてい濃い目)ブラックコーヒーのことをLong Blackと呼ぶのですよね。いわゆるエスプレッソはShort Black。コーヒーの呼び名もいろいろです。
by zo.chika | 2006-05-11 05:21 | 一日一膳