冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

さわやか路線の悲しい顛末
レモンたっぷり、超さわやか
f0089353_1461215.jpg





…かなあ、と思って作ったのですが。。。先日、マスカットワインとレモンタイムのシロップのケーキを作る前になんとなくネットで検索していて偶然見つけたレシピ。レモンタイムや甘口ワインは使いませんが、シロップで仕上げるレモンたっぷりのケーキというところ(だけ)が似ていたこともあり、レモン好きとしては、むむっと惹かれてしまった。
f0089353_1492231.jpg
ニューヨークのレストランのシェフ、Bill Yossesのレシピだというそれは、ケーキ生地にはレモンの皮のすりおろしにレモンの果実を房ごと、そしてレモン果汁が入り、焼けたケーキにレモン汁のシロップをどぼどぼとしみこませ、最後にレモン汁のアイシングで仕上げをするという3段攻撃。
(突然ですが↑レモンの花。初めて見た気がします。白くて可憐な花なんですが、1日くらいでしおれてしまうような。)

さて、件のレシピ、分量通りに作るとレモンをなんと合計10個以上も使うとな。いかにもレモン味っぽくてよさそうではないか、と気合も入るというものです。
f0089353_147412.jpg
もっとも、それだとパウンドケーキ3台できてしまうので、3分の1に減量。それでもたくさん。レシピではMeyer lemonが勧められていましたが、今回は使ったレモンは普通のとメイヤーと混ざっていたみたいです。(←いいかげん)

ケーキ生地はとーーーっても簡単。粉類と砂糖を合わせたところにクレーム・フレッシュ、卵、溶かしバター、レモンを順にぐりぐり混ぜていくだけ。こういうところ、レストランのレシピとはいえアメリカンな感じで好感持てます。(←いや、簡単だから、というただそれだけですが。)

が、焼き始めてから仕上げまでがちょっと手間がかかります。ケーキが焼けたら少し冷ましてから熱いシロップにどーっと浸してしみ込ませ、またオーブンに戻して少し焼き、また少し冷ましたら今度はアイシングをかけて最後にまたオーブンで乾かします。ちょこまか忙しい。

その間にちょこっとおやつを作成。
f0089353_1472247.jpg
レモンタイムのショートブレッド。ハーブ入りのショートブレッドならローズマリーのとかが大好きですが、今回はレモンタイムづいていたのでそちらを。ケーキ用のシロップとアイシングではレモン汁しか使わないので、その分のレモンの皮もすりおろして入れました。やさしいレモンの香りでおいしい。

ばたばたしつつ、ケーキ部分が完成。
f0089353_1473688.jpg
…したのですが。。シロップに浸しているあたりから、これ、なんかすごいかも、と思い始めていたのですが、最後のアイシングでがつんと来ました。あ、あまそう(汗)。これでもアイシングは本来の量の半分以下に減らしているんですが…。レモンの量もすごいけど、砂糖の量も半端ないです、このケーキ。

さて、これをこのままかじってもいいのですが、せっかくなので、レシピでお勧めされていた方法で食べてやろうじゃないの(←なぜかけんか腰)、と、付属品も準備しておいたのです。ひとつがこれ。
f0089353_1462644.jpg
ミントアイス。湯通ししてあく抜きしたフレッシュミントを、シロップと一緒にがーっとブレンダーにかけて漉すと、シロップがこんな色になりました。これホントにミントの色だけ。これを凍らせます。要はシャーベットですね。

で、もうひとつはラズベリーピュレ…なんですが、ラズベリーを買うのが面倒、でもいちごならある、というわけで、こちらはいちごで代用してしまいました。。。気合が入っているわりには詰めが甘い>自分。

というわけで、ようやく盛り付けまでこぎつけたのがこちら。ケーキをスライスして、表面に焦げ目がつくまで焼いて、ミントアイスといちごのピュレを添えて食すとな。
f0089353_1475382.jpg
やはりいちごではラズベリーの赤さは出なかった(涙)。煮詰めてないので水っぽいし。。というか!それより何より、これ、あまああああああい(絶句)。レモンたくさん+ミント+ベリーでさわやか路線かと思っていたのですが、いちいち甘すぎて、フルーツやハーブの味が楽しめない(涙)。ケーキもシロップもアイシングも砂糖を減らしてるんだけど。。。なんか、やけっぱちになって食べました(ふ)。

ケーキだけ食べると、かなりシロップを浸してあるので、ちょっとプディングのような食感。悪くはないけど、、、うーむ。実はこのケーキ、生地の部分だけを使って少し前にケーキを焼いているのですが(それについてはまた今度)、それがとてもおいしかったので、このレシピにはかなり期待していたのです。ということで、いろいろがんばりましたが、まことに遺憾ながら、このケーキは何もしないで食べるのがいちばんおいしいのではないかという悲しい結論でした。。。

+++

関連記事
レモンタイムのシロップのケーキ
by zo.chika | 2006-03-31 17:11 | 一日一膳