冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

街歩き
オーストラリアに来てピクニックに行ってひたすら飲んだくれ食い倒れ
f0089353_14122532.jpg
…してばかりいるわけではないのです、いやほんとに。。。

とはいうものの、実はあまり観光をしていないことに気づき、先週末は街なかに出てきました。旅先でのわたしの市内観光スタイル(?)は、ひたすら歩く(そして食べる)。というわけで、お天気もよかったので、たくさん歩いて、気のむくままに撮ってきた写真をまとめてご紹介します。

スライドショーを見る(別ウィンドウが開きます)
 *スライドショーが動かない場合はこちらで画像の一覧が見られます。

*続き更新しました。が、今回の記事は(これまでにも増して)写真の数が多いのですが、1枚1枚は必ずしも観光名所の写真ではなく、ぜんぶ合わせた一式でわたしの目に映った「町の印象」を表現したかったので、できれば一度、スライドショーででひととおりご覧頂けましたら嬉しいです。




そのうえで、この日の街歩きの足取りを振り返ってみる。
f0089353_2247509.jpg
写真の枚数がやたらと多いので、全部並べずに見出し形式にしてみました(ってこれも十分見づらいですが 汗)。以下、本文の数字は、上のリストの数字に対応しており、クリックすると別ウィンドウで元画像が表示されます。

というわけで、まずは朝
f0089353_2213834.jpg1(右)、2: シティの南部のこじゃれた通りにあるこじゃれたカフェレストラン(?)でこじゃれた朝飯。オーストラリアにしては上品な量(という話)のパンケーキ、これは甘すぎずおいしかった。でも相当、満腹。
3: Prahran Market(プラーン・マーケット)、の建物の外観。この日は閉まっている店が多かったのでまた来たい。
4: 食べ過ぎたので近辺をさんぽ。こういう感じの建物が多い。

次はががーっと北上して
f0089353_22412685.jpg
5678910:Queen Victoria Market(クイーン・ビクトリア・マーケット)。ここまで一緒にいてくれたお友達と別れて、ここからひとり行動。こちらはプラーン・マーケットよりも広大でさらに雑然とした感じ。生鮮食品、日用品、土産品、デリ、パン屋、お茶屋、もろもろ。あんなに満腹じゃなかったら、いろいろ買い食いに走っていたに違いない(汗)。
それにしても、らくだがいたのには驚いた。背中に乗って写真を撮って数百円というビジネスでした。


1112: シティの北西にあたるビクトリアマーケットから、ぷらぷらと南下しつつ散歩。町を縦横に走るトラムのうち、中心部を環状に走るトラムは無料。
f0089353_22414691.jpg
13: Flinders Street Station(フリンダース・ストリート駅)。駅舎の建物自体が有名みたいです。

f0089353_2242829.jpgその駅のすぐ近くにあるのが14151617: St. Paul's Cathedral(セント・ポール寺院)。外観は工事中でした(よくあることですな)。中のステンドグラスがきれいでした。

18: で、寺院の前をパカパカと馬車が走っていました~。まあ、観光用でしょうけど、結構絵になってました。


f0089353_2242414.jpgそこから少し歩いたところに、細い路地にカフェや小さなお店がこまごまっと並んでいる界隈があります。192021222324: そこがまたいい雰囲気♪

うろうろ歩いてお店をひやかしたところで、そのうちの1軒に入って休憩。
f0089353_22243785.jpg
25(上): 表のショーケースに入ったキャロットケーキがかわいくて、それにつられて入ったとても雰囲気のいいお店でしたが、目の前に運ばれてきたキャロットケーキが予想以上にでかかった(汗)。ずっしりどっしり、そして分厚いアイシングつき。。。がんばってみましたがひとりで全部は無理でした。。。でもまた来たくなるお店でした。


26272829303132: ふたたび満腹を抱えて、またてくてく歩きます。途中の通りの建物やお店がまた、いちいちおしゃれです。

f0089353_2228840.jpgシティの東側へしばし歩くと着くのが、Treasury Gardens(トレジャリー庭園)33、34(右)、3536: まだまだ日差しが強くて暑い週末のこの日、木陰で休んだり寝転がったり散歩したり、それぞれにのんびりと昼下がりを楽しむ人々。


そこから道1本挟んで隣接しているのが、37~ :Fitzroy Gardens(フィッツロイ庭園)。トレジャリー庭園側からみてすぐのところに温室がありました。
f0089353_2243434.jpg
38394041: …なんか、これでもかとばかりに整えられた「花園」でした。。。趣味の合う合わないはともかく、キレイはキレイですね。

f0089353_22315988.jpg42、43(右)、44: トレジャリー庭園よりもさらにずーっと広いフィッツロイ庭園。ちょっとした広場や池などを、広い並木道が結んでいます。ゆっくり時間のあるときに来て、木陰で昼寝したり本でも読みたい、そんな場所。


f0089353_22432787.jpgさらに、フィッツロイ庭園のほど近くにあるのが454647: St Patrick's Cathedral(セント・パトリック大聖堂)。この頃になると西日がまぶしくて、くらくらしながら歩いていたのですが、建物の中に入るとひんやり静かで、大好きなパイプオルガンを見ただけでちょっと疲れも癒されます(単純)。

f0089353_22435530.jpgここまで来ると、シティの北東にそろそろ、さすがに疲れてきたなぁと思いつつも、そこからまたもう少し歩いて48495051: Carlton Gardens(カールトン庭園)へ。ここもまた大きな公園なのですが、目玉はRoyal Exhibition Building(王立博覧会ビル)。いや、中ではなくて、外観が写真栄えするので。。

芝生の上を歩きながら写真を撮ったりしているうちに、少し雲が出てきました。

さて、そろそろ帰るかね、ということで、電車駅を目指す。ここから、まだ歩くこともできたのですが、せっかくなのでトラムにちょこっと乗って(52: 古い車両は車内も古びて、いい感じ)、
f0089353_22443182.jpg
535455: 電車駅、のすぐ近くにある図書館。ぱっと見、どこぞの図書館(というか博物館)にすごくよく似ている。というか、博物館とか図書館ってこういう建物が多いのかな。建物の角をばこっと地上に埋めこんだような看板(?)が印象的でございました。


と、いうわけで、先月から来ているこちらはメルボルンでした。オーストラリアの南東(右下)のはしっこに位置するメルボルンの晩夏は、噂どおり日差しが強いのがつらいところですが、日陰に入ればかなり快適。昼間は35度くらいまで上がる日もありますが、夜は涼しくてすごしやすいです。まだ日も結構長いので、遊びに出かけるとほんとに1日が長く感じます。

メルボルンの中心部(シティ)には、まだ数回しか出ていないのですが、、、ここの町はほんとうにカフェが多い。物価は実は結構高いのですが、コーヒーに関しては安くておいしい店がたくさんある、とお友達に聞いていて、まさにその通り。この日の昼間入ったカフェはとても感じがよかったのでまた行きたいし、ほかにもあちこちよさそうなお店がたくさんでした。
f0089353_22392687.jpg
てなわけで、メルボルンからの更新は、もうしばらく続きます。
by zo.chika | 2006-03-10 18:29 |