冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

一点豪華主義
おせちもなく、お年玉もないだらだらお正月。
f0009722_23544415.jpg





うちにあるのはお雑煮。何はなくとも雑煮。お雑煮があればとりあえず正月気分になれる、お手軽なわたしです。そういえば年越し蕎麦は食べましたが、時計が12時を回った瞬間は、台所で茹でた蕎麦の湯切りをしていました(←間に合ってないちゅうに)。年越しながら蕎麦。いいんだろうか。いいことにしよう。

元旦はぼーっと寝て過ごしたので(汗)、正月の餐は晩飯で。
f0009722_2355385.jpg
おとそがわりに白ワイン。わたしは日本酒が苦手なので。金箔など浮かべてお祝気分(何事も気持ちが大切ですからはい)。

そして、今年のお雑煮。
f0009722_23555666.jpg
うちの実家のお雑煮は、薄いだし汁に鶏肉、にんじんなどが入り、三つ葉やゆずで仕上げるあっさりめの味。そこに今年は奮発して焼き海老、鯛の刺身、いくらの醤油漬をがさっと載せてみた。いやー、海老の旨みがだしと相まって、うまいことうまいこと!無言で食べました。ほほ。

このほかにもおいしいサラダやチーズなどが並んで(さっそく写真撮り忘れました)、純日本的お正月料理ではなかったかもしれませんが、ささやかにごちそうを楽しみました。なにがぜいたくって、家族と一緒にうちでのんびりお酒を飲みながらごはんを食べられるのが「休み!」という気分でよかったです。

そして、食後にはひと口デザートも。
f0009722_2356781.jpg
正月一日からお菓子作りをするつもりはまったくなかったのですが、なんとなく気が向いたので午後にちょこちょこっと作ってみました。白ごまのムースにいちごを飾り、ホワイトチョコレートで作った水引を飾って、なんちゃってお正月気分(何事も気持ちが以下同上)。
f0009722_23563043.jpg
一部に抹茶を混ぜ込んで2色作成。ほんとは、白と緑を2層にしようとか、チョコソースを作ろうとかいう野望も頭をよぎったのですが、正月からそんな苦労したくないのでやめました。ムースはばからしいくらい簡単なのですが、この水引を形作るのが四苦八苦でした。正月から慣れないことをして、疲れました(アホだ…)。

ちなみにこれ、ホントに小さいので、食べるときはひと口です。作るの数時間、食べるの一瞬、食べ物ってそういうものかもしれません。一瞬でなくなって、形が残らず、おいしかったねー、という気持ちだけが残る。そういうところが、わたしが料理が好きな理由のひとつだと思います。
by zo.chika | 2006-01-01 23:52 | 一日一膳