冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

クリスマスとその後
f0009722_013100.jpg
クリスマス当日の夜は家で静かにごはんを食べました。シャンパンを開けて、軽く食事をすませて、デザート。




本日の主役は!
f0009722_1592869.jpg
キルフェボンのタルト。これはモンブラン風の。栗の味がしっかりしてました。

、、、なんかケーキ作ってなかったっけ、と思った皆様。はい、作ってましたが、「今日は~生クリームがふんわり載って~やわらかいケーキが食べたい~」という意見があったため、急遽、調達してもらいました。おいしかった♪

で、こちら。
f0009722_1593842.jpg
昨日の記事に載せた写真のこれは、Snow Forest Cake、「雪の森のケーキ」というところでしょうか。白いケーキに白いもみの木、そこに白い粉糖をふって仕上げた真っ白なケーキです。Trish Deseine著、Je veux du chocolat! (Marabout, 2002) で写真を見て、ぜったい作ってみたい~!!と思っていたもの。ちょうどクリスマスぽいかな、と思って時期をあわせました。でも、生クリームじゃないし、ふわふわしてないのね。。
f0009722_01368.jpg
もみの木はホワイトチョコを溶かして作ります。どうがんばってももみの木の格好にならない(涙)と思いつつがんばって作成。とりあえず、並べてみたら、まあ、それらしく見えないこともないでしょうか(ということにしておく)。。

さてこのケーキ、ケーキ生地にもホワイトチョコが入り、バタークリームとレモンカードを間に挟んで重ね、バタークリームを全体に塗って作ります。わたしにしてはめずらしくビジュアルから入ったわけですが、材料を見るに、あまりに甘そうなので腰がひけつつ、適当に砂糖を減らして作成。
f0009722_014415.jpg
んが。ひと口食べたら、あまりの甘さに気を失いそうになりました(まじで)。ケーキは事前に焼いておいて、仕上げはクリスマス当日の早朝にしたのですが、夜、食事(とタルト)の後に食べたそれは、あまりにも甘すぎて、ひと口でギブアップ。

ケーキ生地もそれなりに甘いのですが、敗因はバタークリーム。砂糖はかなり減らしたけれど、それでも多すぎたようです。これはまさに、アメリカあたりで買う、甘すぎて食べられないケーキの味。写真撮って満足したとはいえ、自分でも食べられないような甘さのものを自分で作ってしまったことに、かなりショックを受けました…。それなのにみんな、食べてくれてありがとう(涙)。

ケーキの全体量そのものも3分の1で作り、撮影用は長さ10cmくらいの楕円形で組み立てたので、生地とバタークリームが余っていましたが、同じケーキを組み立てるのが居たたまれなかったので、思い余って残りのバタークリームは翌日、別のケーキにしてしまいました。
f0009722_015384.jpg
卵と粉、サワークリームなどを適当に突っ込んで強引にケーキ生地を作成。アーモンドプードルでも、と思いましたが、切らしていたので、ちょうど中途半端に余っていたマジパンペーストを入れる。…って、マジパンも甘いじゃん、これ以上甘くしてどうする、と自分にツッコミを入れつつ、りんごのスライスと合わせて適当に焼きました。これが、しっとりしていて、適当に作ったわりには意外においしかった。ああ、よかった。(のか??)

さて。冬の森ケーキのおかげで、その後は何も食べられなくなってしまったので、クリスマス当日は、前もって焼いて寝かせておいたフルーツケーキまでたどり着きませんでした。というわけで、気を取り直して翌日のおやつに。
f0009722_02936.jpg
包みを開けると、ラムの香りがかなり強め。焼いてから1週間後頃が食べ頃、とレシピに書いてあって、今ちょうど1週間ほど経ってますが、うーん、もう少し寝かせたほうがいいかな、という感じ。味は、、えーと、、、去年のほうがおいしかったような気がする、とだけ申し上げておきましょう…

でも、一緒に飲んだ紅茶はおいしかったです。
f0009722_021764.jpg
Harney & SonsのParisというお茶。アメリカの会社のようです。グアムに住むブログ友達が送ってくれた荷物に入っていたのですが、この缶がめちゃくちゃかわいい!入れ物フェチではないわたしも、これはぐっときました。中身は、バニラがきいていて、ほのかに柑橘系の香りがします。濃くて、ミルクティーの合う味でした。

さて、今年のクリスマスは週末でしたが、25日は締切があったので、土曜の夜(昼間は遊んでましたが、、)から日曜の夜までぶっとおしで作業をして終わりました。その合間に、甘すぎて食べられないケーキを作ったりして(ふ)。でも夕食の前にはなんとか終えたし、まだまだやることはあるものの、今年の最後のヤマは越えたかなー、という感じ。こうしてクリスマスも終わり、気づけば今年も残り1週間たらず。はやいなあ。
f0009722_022511.jpg
クリスマスのメッセージを残してくださった皆様、どうもありがとうございました!

+++

関連記事
2005年クリスマスのフルーツケーキ(フルーツの仕込み)
2005年クリスマスのフルーツケーキ(焼き)
クリスマスのクッキー4種(2005年)
by zo.chika | 2005-12-26 23:59 | 一日一膳