冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

今年のセット
f0009722_11594049.jpg
ふと去年の今頃のブログを眺めていたら、昨年一昨年もクリスマスにクッキーを数種類焼いていたことを思い出しました。今年は、ケーキは焼いたけれど、クリスマス用にクッキーを焼くことはあっても、こんな「詰め合わせ」を作るつもりはなかったのだけれど、そっかー去年も一昨年も…と思ったら、何となく今年も、てな気分になり、ばたばたと数種類一緒に作ってみました。




形がばらばらすぎて、皿にも箱にも収まらないので、ティーカップに入れて並べてみた、4種類。手前からスノーボールクッキー(ピスタチオ&レモン)、ビスコッティ (ピスタチオとクランベリー入り、山椒風味)、フロランタン(ピスタチオとざくろ入り、冬の柑橘類の香り)、オートミールクッキー(はちみつとシナモン、レモン風味)。

まずはビスコッティ。
f0009722_11595012.jpg
最新号のWaitrose Food Illustrated (December 2005) でまず目に付いたのがこのPistachio & Szechuan Pepper Biscotti、つまりピスタチオと山椒のビスコッティでした。以前、七味唐辛子風味のりんごのクランブルなどを作ったことがあり、山椒をお菓子に使うのは好きだったりします。レシピ(オンラインでありました)では、山椒とキャラウェイシードを使っていますが、アニス嫌いのわたしとしては、ここはキャラウェイの代わりにジンジャー(粉末)を使用。それから、ドライクランベリーも入れてクリスマスカラー(なんとなく)。かすかに柑橘系を思わせる山椒の香りがさわやかなビスコッティは、定番どおり甘口白ワインに浸して食べるのもまあ、よかったのですが、実は白桃烏龍茶につけてみたのがさっぱりしておいしかったです。

おなじみスノーボールクッキー。
f0009722_120195.jpg
去年も一昨年もこの時期に作ったスノーボールクッキー、今年はピスタチオ&レモンです。レシピはdonna hay magazine (Issue #22, 2005) より。先日、この組合せでスノーボールクッキーを作ろうとして、レモンを入れ忘れたのは記憶に新しいところですが、さっそくリベンジです。今回は元レシピどおり普通に作成。「レモン、レモン」と呪文のように唱えながら生地を作りました。焼き上がり、思ったほどレモンの味がしなかったので、もっと入れてもよかったかもしれない。でも、ほんのり甘く、ほろほろした口どけでおいしかったです。

オートミールクッキー。
f0009722_120826.jpg
これも同じくWaitrose Food Illustrated (December 2005) からのレシピ。Cinnamon, Honey & Lemon Oatmeal Cookiesという名前の通り、シナモンとはちみつ、レモンを効かせたオートミールクッキーです。これ、甘みははちみつだけで、小麦粉も使いません。作り方は、材料を鍋ひとつで混ぜるだけなので至って簡単。オーツとかをはちみつ、油脂でからめてオーブンで焼くのって、いわゆるグラノーラバーみたいなもんかぁ、と作りながら思いました。そんなノリで、レシピにはないけどドライクランベリーも入れてみました。ごまの風味も歯ざわりもいい、食べ応えのあるクッキーです。ちなみに、これもウェブでレシピがありました。…せっかく本買ったのに、作ったレシピ2つともウェブで見られるのって、なんだか複雑な気分…。

気を取り直して、最後のひとつは、フロランタン。
f0009722_1201915.jpg
こちらは、In The Sweet Kitchen: The Definitive Baker's Companion (Regan Daley, Artisan, 2001) という本からのレシピで、Pistachio-Cranberry Florentines with White Chocolate and Orange(長っ)というもの。名前も材料リストも長~いけれど、作り方はこれも生地は鍋で作るだけ。ピスタチオとアーモンド、オレンジピール、ドライクランベリーがぎっしり入った生地を薄く焼いたものに、溶かしたホワイトチョコで飾りつけ。ちなみに、オレンジピールの代わりに自家製夏みかんピール、オレンジの皮の代わりにゆず皮、そしてドライクランベリーの代わりにざくろの種を使いました。これ、華やかな外見に負けず、味もいい!かなり甘めですが、いろんな味と歯応えが楽しい。生地には香りのいいはちみつを使ったら、ほんとにいい香りでした。

さて、見た目にはいろいろなクッキー4種ですが、中身はかなりだぶっていることにはもうお気付きかもしれません。4種類中、ピスタチオが3つ、クランベリー2つ、レモン(柑橘)3つ、はちみつが2つに入ってます。材料の使いまわしも甚だしいって感じですが、でも、出来上がりのクッキーは結構、違うので、まあ、よしとしておきます。。。ほんとはチョコ味のものもひとつくらい作ろうと思ったのですが、今回は時間切れ~。


それから。クッキーの詰め合わせには、お茶の詰め合わせも。
f0009722_1204414.jpg
ルピシア(前はレピシエ、、、似たような名前だなぁ)のクリスマス限定フレーバーティーの詰め合わせ。「カシュカシュ」(さまざまなフルーツと、ミント??)、「ジングルベル」(ヨーグルトとシトラス)、「クリスマスリース」(アップル、クランベリー、スパイス)、「ホワイトクリスマス」(ホワイトチョコとアプリコット)、「キャロル」(ストロベリーとバニラ)、あと他に3種類入ってました。まだ全部は飲んでみていないのですが、茶葉の香りとか見た目がかわいいのがここのお店の特徴でしょうか。

f0009722_1205246.jpg
ここのところ、全国的に大雪になっているようですね。東京は、なかなか降りそうで降らないけれど。

+++

関連記事
クリスマスのクッキーボックス(2004年)
りんごのクランブル 七味唐辛子風味
雪合戦とピスタチオ味のスノーボールクッキー
2005年クリスマスのフルーツケーキ(焼き)
2005年クリスマスのフルーツケーキ(クリスマス翌日)
by zo.chika | 2005-12-23 12:30 | 一日一膳