冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

寒い夜の飲み物で
スパイスのきいたホットワインにビターチョコレート
e0017393_4105683.jpg
寒い夜に暖かい部屋で楽しむ小さなシアワセ。




…そのシアワセを、強引にひとつにまとめてみた。
e0017393_411763.jpg
スパイス風味のホットワイン(グリューワイン)風味のホットチョコレート。ピエール・エルメのチョコレートの本(Dorie Greenspan著、Chocolate Desserts by Pierre Herme [Little, Brown, 2001])で、スパイス風味のホットチョコレートのレシピを見ていたら、なんとなく思いつきました。毎年、冬になると条件反射のようにホットワインが恋しくなるのですが、去年作ったグリューワインのケーキ(残念ながらレシピがリンク切れしています、涙)ではチョコレートを合わせていて、それがとてもおいしかったので、今年もグリューワインにはチョコレート、な気分なのです。

ホットチョコレートのほうは、先日ジャスミンティー風味で試したもの同様、これも牛乳が入らないレシピで、シナモンやバニラなどのスパイスを使ったものなのですが、これを水の代わりに赤ワインで作ってみたわけです。その結果、濃いぃホットチョコレートにあって赤ワインとスパイスが負けずに主張している、とにかく濃厚な飲み物ができました。最後に味見して、ちょっと味が渋く感じたので少し生クリームを足したら、いい感じに。個人的には大好きな味ではあったのですが、あまりに濃いので、いちどにふたくち、みくち飲めばもう満足という感じ。ほわ~ん。

さて、グリューワイン風味のホットチョコレートを作ろう、と考えているうちに、ホットチョコレートではなく普通のチョコレートだってグリューワイン風味でも悪くないよね、と思い当たりました。ちょうどそんなとき、ほんとうに偶然に、ぱらぱらめくっていた本でスパイス風味のワインのチョコレートのレシピが目に付いたので、なんとなくまねっこしてみました(*本のタイトルを忘れてしまったので、後ほど追記します)。
e0017393_411152.jpg
はちみつ、レモンと一緒に煮詰めた赤ワインに、シナモンやカルダモンもきかせたビターチョコのガナッシュ。これ、うまーい!本では、しょうがのはちみつ煮とオレンジピールを使っていましたが、今回は市販のしょうがの砂糖煮と、自分で砂糖煮にした金柑の皮を使用。冷やして固めるので、「ホットワイン」ではないのだけれど、濃縮された赤ワインとスパイスの風味で、口に含むとなんだか暖かくなる味です。ここのところ、ぐぐぐっと冷え込んできたので、こんなお菓子も夜のお楽しみのひとつになります。

+++

関連記事
グリューワインのケーキ
ミント風味のホットチョコレート
Recchiuti Confectionsのチョコレート
お茶風味のホットチョコレート(アールグレイ/ジャスミンティー/抹茶)
濃厚チョコレートケーキ スパイス&ハーブ風味
夜向きのりんごのクランブル2種(カルバドス風味・グリューワイン風味)
スパイス風味のホットチョコレートとナッツ&フルーツ入りスパイスケーキ
ゆず&ホワイトチョコレートのクレームブリュレとゆず風味のホットチョコレート
ホワイトチョコのホットチョコレート ゆず&しょうが風味
ホットチョコレート2種(メープルシロップがけベーコン添え/ギネスビール風味
by zo.chika | 2005-12-16 05:27 | 一日一膳