冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

こちらも旬
りんごだけじゃないらしい
e0017393_2328334.jpg





実は果物天国のこの地方。このあたりはただ今りんごの収穫真っ盛りのようですが、洋梨の産地でもあったりするみたいです。だからというわけではないのですが、洋梨もお菓子に使ってます。

先日しれっと載せたオートミールのクッキーよりも前に作っていたのがこちら。
e0017393_23263662.jpg
チョコレートケーキです。栗と洋梨を入れてみたんですが…洋梨、どこじゃい!ってくらい存在感がなくなってしまいました(汗)。写真右下に、うすらぼんやり写っているように見えないこともないのが洋梨(たぶん)。ちなみに大きいのは栗。こちらはちゃんと味してました。

ちなみにこのケーキは『マクロビオティックダイエット―すぐにできる美人食』(青木ルミ 著, PHP研究所, 2004)という本のレシピ(っていうかこの本タイトル書くの恥ずかしいんですけど 汗)。砂糖、卵、バターを使わないというのはいいのですが、甘み付けの材料となるメープルシロップと米飴(わたしははちみつで代用)が、結構な量入るのでびびりました。ちなみに栗は天津甘栗、洋梨は刻んで電子レンジにかけてから入れてます。チョコレートはカカオ99%のものを使用。

出来上がりは、ちょっとぱさついている感じがしたのですが、それは単に焼きすぎたのかもしれません。。。味は、まあ、普通のチョコレートケーキ…なんだけれど、ちょっと変わった味がしたような気がしなくもない。このケーキ、生地に味噌がほんの少し入るのですが、その味噌の味がちょっと濃い気がしないこともないんですよねえ。コンセプトとしてはいいと思うので、もうちょっと配合など変えてまた試してみようと思います。


…洋梨の話でした。洋梨とチョコレートつながりで、さらに前にこんなものも作りました。
e0017393_23264476.jpg
いやあ、ここ数日急に冷え込みが本格化してきましたね。そんなときに、こんな寒々しい画像で大変失礼をしております。これは先月、まだそんなに寒くなかった頃に、朝食代わりにほいっと作った洋梨とココアのシェイク。題名に惹かれて手に取った『MORNING COCKTAIL―栄養ジュースとフルーツドリンク』(長井香奈枝 著, 柴田書店, 2001)という本に載っていたその名も「秋ショコラ」。洋梨、ココア粉末、牛乳、砂糖をミキサーにかけるだけなんですが、このときは牛乳の代わりに豆乳を使って砂糖は省きました。でも洋梨の甘みでじゅうぶんおいしくて、ココアのせいか豆乳のクセもあまり気にならなかったです。…でも、今、朝起きてこれを飲むのはつらいかもしれない。寒いから。。


洋梨といえば、このときは安いのを買って持て余していたので、何か簡単なものを、というわけで、これまた朝食用に焼きりんごならぬ焼き洋梨を作ってみました。焼きりんごはよく聞くけど、洋梨をただ焼いたお菓子ってあまり聞かないかも、と思ってレシピを探したのがこちら。皮をむいた洋梨の芯をくり抜き、レーズン、くるみ、砂糖などを混ぜ合わせたものを詰め、ごく薄いシロップをかけてオーブンで蒸し焼きにするというもの。
e0017393_23265479.jpg
このときはレーズンではなくあんず、いちじくなどを漬けたものがあったので代用。それが甘かったので砂糖は省きました。…が、それにしても甘かった。洋梨って火を通すとほんとに甘くなるんですねえ。

ところでこれ、焼くのに結構時間がかかるのですが、出来上がりをみるに、電子レンジでホイと作ってもよかったような、気がしないこともない。。そのほうが早いし、朝食向きかもですね。

+++

関連記事
りんごと洋梨のオートミールクッキー(山の紅葉)
by zo.chika | 2005-11-15 23:56 | 一日一膳