冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

進歩なし
秋といえば栗 
e0017393_17181424.jpg
栗といえばモンブラン




、、、なんですが(涙)。やはり玉砕しました。モンブラン好きな姉のために去年(おそらく)人生で初めて作ったモンブラン。見た目はともかく、味はまあ、よかったんでないの、とそれなりに満足しておりました。あれから1年。また栗の季節になっているので、よし、今年も1回くらいは、、、と思っていたところにこんなレシピを発見。マカロンを台にして、栗と生クリーム、マロンクリームで作るモンブランとな。本来はメレンゲを台にするモンブラン、メレンゲを焼くのが面倒なので去年はタルトを焼いたりしたのだけれど、そうか、マカロンを台にするって手があるのか!と、まさに、うろぽろ(=目から鱗が落ちる音)。

マカロンは当然既製品を購入。…いや、去年は一瞬マカロン作りにはまるかと錯覚を起こしたような気もしますが、完璧なマカロンが簡単に手に入る環境にある今、そんな気は、ええ、どこへやら。というわけで今回は市ヶ谷のシェ・シーマで季節限定の「枯葉」というキャラメル味のを調達。栗はイタリア産の甘煮。マロンペーストはスペイン産のSierra Ricaのものを使用。いろいろ試したけれど、甘さの加減といい栗の味といい、ここのがいちばんおいしいと思うので。

して、モンブラン。マカロンにマロンペーストと栗を載せ、泡立てた生クリームをかぶせたら、少量のバターを練りこんでラム酒で香り付けしたマロンクリームを絞りだして完成。上に刻んだチョコレートなども載せてみました。要は、自分では何も作ってませんな。。。おいしい材料を組み合わせただけです。失敗のしようがない。
e0017393_17195023.jpg
…と、いうわけにはいきませんでした。。。手先の不器用さにかけては誰にも負けないわたしにとって、この「絞り出し」が鬼門中の鬼門。去年も微妙な出来上がりでしたが、今年はそれを余裕でしのぐヘボさ(涙)。絞り出し袋も口金もないので、パーチメントペーパーをコルネ状に丸めて使ってみたんですが。腕も道具もないときてますから、こりゃもうお話になりませんねえ。

ほくほくの栗、絶品のマロンペースト、薫り高いラムに、さくさく軽いマカロンと、そこにオマケで(?)入った、ほろ苦いキャラメル味のクリーム、そして上質なビターチョコが少々。味は文句なくおいしかったです。でも、この見た目はどうよ(号泣)。あまりにボロいので、カメラのピント合わせられませんでした(汗涙)。

というわけで、おとなしくこんな感じ↓でごまかしておくのが、わたしには身分相応のようです。。
e0017393_17184415.jpg
今回、あまりの見た目のイケてなさに、これをモンブランとしてブログで公開するのは非常にためらわれました。。。しかーし、せっかく作ったので、今年の記録として、いちおう載せておきます。ここで1回作ったから、今年はもうモンブラン作らないと思うし( <だから上達しないんだな…)。

+++

関連記事
モンブランもどき(2004年秋)
by zo.chika | 2005-10-21 18:23 | 一日一膳