冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

緑のつぶつぶ
d0008146_23533021.jpg
ついこないだ新年のご挨拶をしたと思ったら、もう1月も終わり。毎年というか毎月言ってるような気がしますが、時間がたつのがはやいものです。。





お正月明け頃、抹茶と栗のグラノーラでも作るか~と突然思い立ちました。東京の姉の家にいたので、お菓子作りの道具などは揃わないなかで手軽に作れるのがグラノーラ、というのも理由でしたが、直接のきっかけになったのはお友達手作りの抹茶と栗のシュトーレンを食べたあたりでしょうか。抹茶も栗も日本ぽい素材で、お正月明けのお菓子にぴったりではないか、というわけで。


去年もここでグラノーラについてつらつらと綴りましたが、その後もちょこちょこ作って食べています。抹茶味のグラノーラを作るというアイディアは前からあったのですが、それをようやく実行に移した形です。まずはネットでちょろっとレシピを物色したところ、日本語でも英語でもいくつか見つかったのですが、今回はこちらを参考にちょこちょこと手を加えてみました。
d0008146_23553715.jpg
このレシピのいちばんのポイントは、抹茶の風味をできるだけ保つために「低温で焼き上げる」というところだと思うのですが、それを守りつつ、もう一歩進めて、オーツを最初に空焼きすることにしました。材料の中で長時間火を通す必要があるのはオーツだけなので、これを先に加熱しておくことで、抹茶を混ぜてからの加熱時間が短くすることができるではないか、と考えたわけです。


その他の材料としては、抹茶に合わせて色の薄・風味の穏やかなもの(マカダミアナッツ、白ごま)、緑色のもの(ピスタチオ、かぼちゃの種、グリーンレーズン)、それから逆に色を引き立てるもの(赤いクランベリー、レーズン)などを中心に選んでみました。最後に刻んだ栗(レシピのとおり天真甘栗)を加えるとともに、完全に冷めてから、刻んだ抹茶チョコも加えてみました。前の記事でも触れましたが、グラノーラにチョコレートを加えると、朝食というよりおやつ向きな感じにはなりますが、これがおいしくて癖になるのですよねー。。


そうして出来上がった抹茶グラノーラは、まぁまぁおいしくできたのですが、いくつか不満も残りました。まず、全体に苦みを感じて、何だろう?と思ったら、ごまの苦みでした・・・。原因はおそらく材料にいりごまを使った点かと(加熱しすぎにつながった)。あと、クランベリーの酸味が抹茶味とどうも合わない気がして、これも気になりました。もうひとつ、メープルシロップがなかったので代わりに使ったはちみつの味もあんまり合わなかったような。。
d0008146_2356224.jpg
それでも抹茶の風味はしっかりしていて、栗の味も合っていたし、チョコレートが入るとおいしいし、まだ期待はかけられるかなー、という結論に。とりあえず、おやつにぽりぽりそのまま食べる以外には、豆乳と一緒に食べたりしました(ミルクがほんのり緑色になってかわいい)。


さて、1回目の教訓を生かして、2回目は炒りごまではなく洗いごまを用意し、クランベリーはよけて(ドライラズベリー、カラントなど他のドライベリー類は使用)、メープルシロップも調達。それからついでなので、栗以外にもちょっと日本ぽいものを用意してみました。
d0008146_23572249.jpg
「黒豆しぼり」という、甘納豆を上品にしたような感じのものと、それから「芋のグラッセ」というマロングラッセのさつまいも版というか、要は芋の甘納豆のようなものを見つけたのでそれも。黒豆はともかく、このイモが甘納豆並みに甘かったのですが、甘さ控えめのグラノーラに混ぜるとちょうどいい感じでした。グラノーラに混ぜるという意味では、干し芋でもいいかもしれませんね。いずれにしても、これらを甘栗とともに、食べる直前に混ぜ込んでみました。ちなみにこの「食べる直前に」というのは、特に甘栗については重要で、なぜかというと、甘栗は皮から出して刻んで時間が経つとかなり固くなってしまうためです(<経験者は語る、、)。グラノーラは日持ちがしていいけれど、甘栗は開封したらすぐ食べたほうがいいですしね。


ところで、抹茶グラノーラの写真をInstagramに載せたら、レシピが知りたい、というコメントがいくつかあったので簡単にレシピをまとめてみることにしたわけですが、そのときに思い当たったのが、甘栗やら黒豆やらはもちろん、抹茶チョコレートも海外では入手しづらいかも、、ということ。そこで、他のチョコレートに代えても大丈夫かどうか確かめるため、さめたグラノーラを一部取り分けて、抹茶以外にビターチョコとホワイトチョコを混ぜてみました。
d0008146_014038.jpg
結果からいうと、抹茶とホワイトチョコはよく一緒に使われるし、きっと味が合うという予想はついていたのですが、ビターチョコも意外とよく合っていました。でも、チョコレートを何も入れなくても、さらにいうと栗なども入れなくても、シンプルな抹茶グラノーラとしてなかなかいけてましたよ。


・・・といいつつ、フリーズドライのラズベリーを混ぜてみたりも。
d0008146_0455414.jpg
抹茶は赤いベリー類との相性がいいですよね。ラズベリーとホワイトチョコの組み合わせもよかったです。


近いうちに時間ができたら、こちらにもちょこっと簡単なレシピを書いておけたらいいなーと思います。そのうち。。
by zo.chika | 2014-01-29 23:58 | 一日一膳