冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

ABCのつづき
…は、DEF... ではなくて、またABC
e0017393_1564152.jpg
先日ご紹介したABCマフィンプロジェクト、その後です。




アルファベットのABCを強引に組み合わせて作るマフィン。前回はApple-Bacon-Cheddarりんごベーコンチェダーチーズ)、Apple-Blue cheese-Chiliりんごブルーチーズ唐辛子)、Almond-Banana-Caramelアーモンドバナナキャラメル)の3種類をご紹介しました。その後すぐに2種類、それからブログの記事でみなさまにいただいたアイディアを使ってまた2種類作成。

まずは予告(?)どおりに2種類。Apple-Bran-Carrotりんごブランにんじん)と、Apricot-Browned butter-Chestnutあんず焦がしバター)です。最初のは、いかにもアメリカの朝食に出てきそうな感じの組合せですが、実はこちらのレシピ、ほぼそのままだったりします。生地にはすりおろしたりんごとにんじん、ブランをを使い、レーズンは入れてませんがピーカンナッツは入れてます。

もう一方は、browned butterを使ったマフィンのレシピを本で見て、ん?と思ってよく見たら、要は焦がしバターのことですね。バターを茶色くなるまで鍋で焦がして生地に入れるもので、フィナンシェあたりが有名でしょうか。焦がしバターを使ったお菓子のレシピを探してみると、フィナンシェ同様にナッツの粉末と合わせることが多いようでした。なので、ここでも生地にはアーモンドパウダーを入れて、刻んだドライアプリコットと栗を混ぜて焼きました。
e0017393_156552.jpg
…で!これですね、2種類同じ日に作ったのですが、、、両方ともベーキングパウダー入れ忘れました(大汗)。いずれのレシピも、バターや卵を泡立てるのではなく、粉類と液体類をガサっと混ぜるだけ、膨張剤の力で生地を膨ますレシピなので、ベーキングパウダーを入れないと膨らみません。というわけで、どちらもずっしり、しっとり(要は重い)焼き上がりになってしまいました…。はあ。。。りんごとにんじんのほうは、あくまでしっとり健康的(風)な味。栗のほうは、焦がしバターの香ばしさが感じられて、味は悪くなかったです。もうちょっと柔らかいほうがおいしかったと思いますがね(涙)。

さて、気を取り直して、次~。後日、頂いたアイディアを拝借して作った2種類のうちのひとつはこちら。
e0017393_15756.jpg
Almond-Baileys-Chocolateアーモンドベイリーズチョコレート)のマフィン。Baileysは大好きなリキュールで、お菓子に使ったこともあるのですが、今回は思い浮かばなかった!!教えてくださった方、どうもありがとうございました。^^

ベイリーズといえば、すぐに浮かんだ相手はチョコレート。そこにアーモンドを合わせることに決定。ベイリーズのマフィンで試しにレシピを検索してみたら、いくつか出てきて、今回使ったのが、The Muffin Bibleという本に載っている、らしいレシピ。生地にチョコレートとココアを混ぜ込み、マフィンの真ん中にベイリーズを混ぜたクリームチーズを入れて焼くというものです。想像しただけでおいしそう♪。
e0017393_1571550.jpg
このときはクリームチーズを買いに行くのが面倒だったので、家にあったマスカルポーネチーズで代用しました。マフィンの上には刻んだアーモンドを載せて焼き、焼き上がりに、少量のベイリーズと砂糖を混ぜて作ったアイシングをまわしかけてみました。…チョコがたっぷり入ったこの生地、おいしくないわけがないのです。ベイリーズも、たいして量が入らない割には結構ちゃんと風味が感じられて、これ、めちゃくちゃおいしかった~。

このあたりで終わりにしてもよかったのだけれど、もうひとつ思いついてしまったので、ちゃかちゃかと作成。
e0017393_1572680.jpg
Adzuki-Black sesame-Chai小豆黒ごまチャイ)のマフィン。あんこは苦手ですが、小豆そのものは好きなわたし。ここは自分でも思いついたものの、合わせるものが思い浮かばなかったのです。「Black sesame」なら大好きなごまが使える!というわけで、即決。Cの材料は、「Cha(茶)」で強引に抹茶とかでもよかったのだけれど、それじゃ単なる宇治金時だよね…というわけで、少しだけひねって「チャイ」にしました。

生地に入れる牛乳を、濃く煮出したミルクティーにして、チャイ用のミックススパイス(シナモン、クローブ、ナツメグ、カルダモン、ホワイトペッパーなど)を足しました。小豆は、水煮ではなく、甘納豆のようにひと粒ずつぱらぱらとした状態のものを見つけたのでそれを使用。黒ごまと一緒に生地に混ぜ込み、上にも載せて焼いています。
e0017393_159056.jpg
小豆のほくほくと黒ごまのつぶつぶが楽しいマフィン。焼き上がりは、紅茶とスパイスが結構しっかりと香るのですが、どうも小豆を入れすぎたようで、なんか、、どことなく、、、あんこっぽい味がするような(汗)。和風のような違うような変わった感じでした。おいしかったんだけどね。

てなわけで都合7種類作ったABCマフィン。どれも、考える楽しみ、作る楽しみ、食べる楽しみがあってよかったです。いちばん気に入ったものをひとつだけ挙げるとしたら、やはりアーモンドベイリーズチョコレートになるのですが、何せこれ、他のマフィンと比べて段違いにリッチな生地なので、一緒に比べるのはちょっと不公平だよなー、なんてどうでもいいことを考えたりするのでした。

とりあえずABCマフィンはこのあたりでひとまず終了。普通の(?)マフィンはもう少し作ろうかな~と思っております。アイディアをくださったみなさま、あらためて、どうもありがとうございました!

前回のフルーツの記事、写真とテキスト追加しました。

+++

関連記事
ゆずとカルダモン、しょうがのドーナツマフィン
梨のマフィン
ABCマフィン
 (Apple-Bacon-Cheddar / Apple-Blue cheese-Chili / Almond-Banana-Caramel)

白ごまのマフィン
レモン・ジンジャー・マフィン
by zo.chika | 2005-10-14 14:03 | 一日一膳