冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

急に来た秋
d0008146_21543732.jpg
真夏の盛りもフルーツ天国ですが、夏の終わりの果物と秋の始めの果物が重なる9月も、果物好きにとってはたまらない時期です。これは今月半ばに差し掛かる頃に近所の直売所で買ってきたもの(と、知人のお宅の畑で摘んできたブルーベリー)。





この夏の間は、朝ごはんはオートミールに果物、というのが多かったです。
d0008146_21544158.jpg
オートミールは、グラノーラに使うような大きいやつではなくて、もうちょっと細かくフレーク状になったものを、豆乳に浸して柔らかくして食べます。そこに季節のフルーツと、場合によってははちみつかジャムを少々。このときは黄桃、いちじく、ブルーベリー。

d0008146_21544457.jpg
こちらはフレッシュフルーツのクランブル。クランブルというと普通は果物の上にクランブル生地を載せて一緒に焼いて作りますが、これはクランブル部分だけを焼いて、生のフルーツに載せるという食べ方。ここ数年、夏になるとよく作っています。このときは白桃、梨、いちじく。秋の果物でもおいしいですね。


それにしても今年は桃をたくさん食べました。シーズン最後に出てくるのは、身の固い品種で、待っても柔らかくならないので、ちょっと柿のように固い状態で食べます。それはそれでおいしいのだけれど、やっぱり桃は柔らかいのがいいかな~っと思い、もったいないと思いつつも結構焼き菓子にしてしまっています。
d0008146_21544845.jpg
このときは刻んでスコーンに焼きこんでしまいました。白桃だけだと味がぼやけるかなーと思い、あんず(ドライのもの)と、ラベンダーを少しだけ一緒に入れてみました。適当に作ったけれどおいしかったです。生地のレシピはこちら(半端に残っていたサワークリームを使い切りたかったので)。ちなみに一緒に食べたのは黄桃とプラム(どっちも黄色で見分けがつきませんが)、そしてぶどう。ぶどうはナイアガラという品種で、全国的にはあまり一般に出回らないのではないかと思います。普通のぶどうと比べると実が頼りないというか、、甘さはそれほどない(ことが多い)のですが、何といっても本当にいい香り。置いてあるだけで幸せな気分になります。今年はたくさん食べてます。


話を桃に戻すと、今年は買った以外にもいただきものなどで、一度に桃があふれていた時期があり、柔らかくなってしまったものなどをまとめてジャムにしたりしました。
d0008146_21545179.jpg
このときは、ワインを入れて桃を煮て、煮えきる前にシロップを取り分けてとっておき、あとで炭酸水で割って飲みました。・・・って実のところは、水分が多すぎたので取り除いただけなんですけどね、、。



さて、話をさらに前に戻して、9月の半ばに差しかかる頃。
d0008146_21545489.jpg
ひまわり畑があるというので出かけてきました。一面のひまわり畑、というのをいつか見てみたかった~!ので、楽しみに行ってきました。といっても、それほど大きな場所ではなくて、山あいにぽつぽつと固まっているという感じです。それがまたちょっと秘境っぽい雰囲気を醸し出していたというか。


せっかくのひまわりなので、どうせなら晴れていたらよかったのにねー、とは思いましたが、秘境のひまわり畑には霧が似合っていたかもしれません。
d0008146_21545787.jpg
ときに、ひまわりよりもインパクトが強かったのがこちらのかかし軍団(?)。写真に写っている以外にも、いろんな恰好をしたのがずら~っと並んでいました・・・。なんだったんだろう。


わたしにとって、ひまわりは真夏の花!という感じなので、9月も中旬に差し掛かって満開なのを見るのは不思議な感じでしたが、このあたりでちょうど旬(?)の花はこちら。
d0008146_2155173.jpg
ぱっと見てすぐに何だか判る方のほうが少ないかもしれませんね。これは蕎麦の花です。なんというか特に特徴のない花なのですが、この時期、信州ではちょっと周りを見渡すと、結構あちこちで見られると思います。真っ白でふわふわした小さい花が一面に咲き乱れていているさまは、なかなかきれいです。

d0008146_2155426.jpg
そしてこちらは、、、普通の田んぼ。いつの間にか黄色が濃くなってきていました。


さてこの日は、いくつか行きたい場所があって街に出かけたのでした。
d0008146_2155799.jpg
そのひとつがこちら、haluta。雑貨・家具、カフェ、ベーカリーなどを展開していて、いくつか店舗はあるようですが(最近、東京にも進出したようです)、上田市街地にあるこちらが本店?のようなものだと思います。築200年!という蔵のような建物を改造して作られたというお店だそうですが、この入口のかわいさがまた何とも言えません。


この日はパンとコーヒーを目当てに立ち寄ったのですが、お店の開店は12時前で、わたしが別の場所で昼飯を食べて1時過ぎに着いたときには、もうパンはほとんど売り切れていました・・・(涙)。こぢんまりとしながらもセンスのよい雑貨がならぶ店内をうろっと見ている間にも、パンはさらに減っていったので、あわてていくつか買い込みました。。
d0008146_2155103.jpg
それから2階のカフェでひと息。コーヒーフロートをいただきました。この日はかなり蒸し暑くなって太陽も出てきたので(ひまわり畑の後に、、、)冷たい飲み物がちょうどよかったです。しっかり濃いめでおいしかったです。


さて、あわてて確保した数少ないパンの数々。
d0008146_21551469.jpg
チョコ味、オレンジ入りなどの小さいパンをいくつかと、それからラスクを数種。ドライフルーツのたくさん入ったハードパンで作ったラスクはなかなかめずらしいかなぁと。それからおつまみによさそうなチーズ味と、みそ味(!)も。ほんのり甘くておいしかったです。出かけた翌日のこの日も暑かったので、うちでもアイスコーヒーを。アイスコーヒーはこれで今年は最後だったかな~。。


上田で買うもの、もうひとつ。
d0008146_21551780.jpg
ドライフルーツいろいろ。これがまたご覧のとおり、本当にいろいろです。こちらはドライフルーツ専門店の玉井フルーツ。信州産の果物を中心に、北海道産の砂糖などこだわりの材料を使ったドライフルーツがずらっと並びます。普段、日本で買えるドライフルーツはほとんどが輸入ものなので(例外といえば干し柿くらい?)、国産のドライフルーツがこれだけ並ぶのはめずらしいと思います。値段もそれなりに張るので、たまに買うと大事に食べています。


個人的に気に入っているのはあんず(信州産あんず、砂糖使用のタイプ)。これでケーキを焼くとおいしいのです。それから意外と(?)はまったのが梅。梅酒に漬けた梅を干した(ような感じの)もので、おやつにぴったりです。このお店のほか、近隣では土産物店などにもいくつか売っているようです(インターネットでも一部のものは買えるところもあるようですが)。ちなみに去年だったか、青山のFound Mujiで売っていたドライフルーツをふと見たら玉井フルーツのものだったので驚いた覚えがあります。
d0008146_21552077.jpg
で、大事に食べてはいるのですが、このときはいちどにいろんな種類のものがあったので(ほとんどは前回、上田に行ったときに買ったものですが)、えいっと気前よく(?)グラノーラに入れてみました。去年からはまっているグラノーラ作りで、何度もお世話になっているこちらのレシピで。


グラノーラといえば、もうひとつ。
d0008146_2155239.jpg
りんごとベーコンのグラノーラ。数年前、ベーコン入りのチョコレートというのを初めて知ったときはへーっと思ったものですが、あれから甘いお菓子にベーコンを使うのが流行りのようになって(自分でもやったことあります)、今ではもうそんなにめずらしい感じはしませんかね。が、グラノーラにベーコンを使うというのは試したことがなかったので、先日こちらのレシピを見たときはさっそく作ってみました。ベーコンをバターでじっくり炒めたところにオーツ、ナッツなどを入れて火を通します。仕上げにナッツを入れて、薄切りのりんごと水切りヨーグルト(←これも最近よく見かけるようになってきましたね)+クリームを添えて。レシピにも書いてあるとおり、グラノーラといえども健康食とは程遠い、たまに食べるべき特別なグラノーラですね。台風の大雨で一日暗かったので、こんな食べ物がしみじみしました。



で、その台風の後。
d0008146_21552623.jpg
しばらくすっきりしない天気が続いていたところ、台風の後は秋晴れが広がりました。天気はいいけれど空気がだいぶ冷たくなってきましたが。


夏に引き続き、いろんなところからいろいろ野菜をいただきます。
d0008146_2323238.jpg
シーズン最後のトマト、唐辛子などのほか、なすにかぼちゃに玉ねぎなど少しずつ秋っぽいものも。


さて、桃と同じくらい旬が終わって寂しいのがトマト。この夏もおいしいトマトをたくさんいただいて堪能したわけですが、もう終わりと思うと寂しい。
d0008146_2365759.jpg
旬の生のトマトを使ったパスタはこれが最後かね~、と話しながら食べたこちら。ざく切りのトマトをさっと炒めてパスタにからめ、バジルの葉(これももう終わり~)、そしてオリーブオイルとベイリーフを一緒にソテーしたものを載せて食べるというものです。おいしかったー。


それから、なすが大量にあると作りたくなるもの。
d0008146_2422488.jpg
なすのソースのパスタ。「なすのパルミジャーノ」という料理をソース+パスタにしたような感じで、レシピは「うちの食卓」のtさんの2冊目の本から。出版当時にだーっと続けていろんなレシピを試したなかでも特に気に入ったもののひとつで、この数年来、何度も作っています。なすがたくさん入って、しみじみ味わい深くおいしいのですが、なすの味自体は意外にしないのが不思議です。同じく何度も作っているミネストローネとともに。どんどん肌寒くなってきて、温かいスープが恋しい気候になってきたのですよ・・・。


そんなもんで、9月最後の週末。
d0008146_2572934.jpg
おいしいトマトにおいしいナスに、いろいろおいしい野菜をいただいている「おじちゃん」の畑で、そろそろ枝豆ができるよ~ということで枝豆摘み(?)に行ってきました。


枝豆というと普通は真夏の盛りの食べ物、という感じですよね。もちろん7月でも8月でもスーパーに行けば枝豆は売っていますが、信州のこのあたりでは昔から世間の標準(?)よりもちょっと遅めの旬だそうです。
d0008146_2582535.jpg
そんななかでも、こちらの品種の枝豆は遅いほうで、さらに今年は特にいつもより遅かったとか。「枝豆にとってはちょっと雨が少なかったなー」とおじちゃんは言っていました。


しっかり身のつまったやつだけ摘むんだよ!と教えてもらって、いざ摘み取り開始。「いくらでも好きなだけとっていいよ」と言われたものの、始めてみるとこれがなかなか時間がかかり、、農作物はなんでもそうですが、食べ物を育てて収穫するというのは大変な作業なのだとしみじみ思いました。
d0008146_321032.jpg
結局、3キロくらい採ったでしょうか。枝豆3キロってかなりの量ですよー!


わたしがいつまでも枝豆をとっている間に、一緒に行った母は、他の豆を収穫したり、にんじんの間引きをしたりしていました。
d0008146_3242965.jpg
わっさわっさと。


で、わっさわっさと取り除いた赤ちゃんにんじんも持って帰ってきて、何にしようかと考えた結果作ってみたのがこちら。
d0008146_3284546.jpg
にんじん葉のペストでパスタ。ペストというとバジルを使うものが一般的でしょうが、他の葉ものを使うレシピも結構あって、にんじん葉のレシピも試しに調べたらすぐ出てきました。今回参考にしたのはこちら。葉はさっと茹でて固い茎の部分は取り除き、松の実、にんにく、オリーブオイル、レモンの皮と果汁などと混ぜてペースト状にします。パスタには、バターでソテーしたにんじん本体(?)も入れます。思ったよりも癖のない味で、レモンがさわやかでおいしかったです。そうそう、もちろん枝豆も食べましたよ!


ちなみににんじんの葉には毒性があるという話を聞いたことがありますが、ものすごい大量に摂取しなければ大丈夫、という理解をしています(※違うかもしれませんが)。この日はこのパスタのほかに、にんじん葉の胡麻和えも食べちゃいましたけどね、、。


さて、こうしていつもたくさん野菜をいただいているお礼に、お菓子を焼いて持っていったりしています。
d0008146_3365848.jpg
これは先週か先々週だったか、、ほうじ茶のシフォンケーキに、ほうじ茶のクッキー、それからメープルビスケット。


メープルビスケットはこの前日に作ったのが家族に好評で、「これをお土産にすれば」というのでこの日も焼いたのでした。
d0008146_340121.jpg
で、その前日に焼いたクッキーがこちら。メープルビスケットのほかに、チョコチップクッキーとモカクッキー。3種類とも、レシピはなかしましほさんのこちらの本から。バターを使わず、材料をざっと混ぜていくだけなので、どれもあっという間にできます。


それにしても今月は、ばたばたしていたせいなのか、パン作り(まだ自己流修行は続いています)に力が入っているせいか、お菓子は手間のかからないものしか作らなかったような。
d0008146_3492346.jpg
これはプルーンのクリスプ。クリスプとはクランブルの親戚のようなお菓子で、大概はクランブル同様に簡単にできるものですが、このレシピはとくに簡単。Nigel Slaterのレシピで、わたしはこの本のレシピを使っていますが、同じレシピのりんご版がこちらでも見られます。でも本っっっ当に簡単で、刻んだプルーンにごく少量のシナモンをまぶしたところに、生パン粉と砂糖を合わせたものをふりかけ、溶かしバターを回しかけてオーブンで焼くだけ。果物の焼き菓子が食べたいけれど作っている時間がない、、というときに作ります。バニラアイスとともに。


そうそう、プルーンも旬でしたね。
d0008146_3542964.jpg
直売所で買い込んだ直後に、家族の家の畑にあるプルーンをカゴいっぱいもらったので、何を作ろうかと考えつつ、毎日そのまま大量に食べています。一緒に写っている巨大な梨は到来物。地元産ではありませんが本当に立派ですね~。


こんな感じで1か月あっという間に過ぎていきました。
d0008146_3565315.jpg
田んぼもすっかり黄金色。

d0008146_3584443.jpg
稲刈りも始まっています(というか、だいぶ進んでいます)。



山奥のわが家は朝晩だけでなく昼間も肌寒くなってきて、先日フリースを引っ張り出しました。もうそろそろ暖房も登場です。今年の夏はここも暑かったけれど、なんだか急に秋になってしまった気がします。まだしつこく桃も食べているのに・・・。


それにしても、8月は曲がりなりにも毎日ブログを更新して、9月になったと同時に通常営業・・・で1か月放置、というのはひどい話ですねぇ(汗)。でもこの1か月はほんとうに速かった~。もう10月ですから、年末に向けてさらに時間がたつのがはやくなりそうです。。
d0008146_3593547.jpg

by zo.chika | 2013-09-30 23:50 | 季節