冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

しあわせなひと皿
e0017393_0461719.jpg
果物好き、ワイン好きなので、果物をワインで煮たコンポートは基本的に好きです。ワインは赤でも白でも好きだけれど、ちょっと変わったワインを使ったものを作ってみました。




とりあえず、この秋はまりまくって(狂って?)いるいちじくで作ったこのコンポートは、甘口のデザートワインを使ったものです。しかも、たくさんのスパイス入り。このレシピを見つけた瞬間、これは絶対、作る!と心に決めたのでした。

レシピでは、甘口白ワインの最高峰、フランスのソーテルヌを挙げていますが、そこまで走る勇気(?)がなかったので、同じフランスの甘口マスカットワインBeaumes-de-Veniseを使用。ハーフボトル買って、えぇいと全部使い切りました。レシピでは結構砂糖を入れるのですが、ただでさえ甘いデザートワインを煮詰めて使うしなあ、、、と思い、砂糖はガツンと減らして、少しだけはちみつを足しました。

果物のワイン煮で使うスパイスというと、シナモンやクローブ、そこにオレンジの皮あたりが定番だと思いますが、ここではもっともりだくさん。シナモン、黒こしょう、ベイリーフ、八角、カルダモン、しょうが、それからタイムとレモンの皮。これらを全部、ワインで煮出したところに、いちじくを投入。レシピではしばらく煮ることになっているのだけれど、今回使ったいちじくが結構熟れていて柔らかかったので、ほんの少し加熱したらすぐ火から下ろして、余熱で火を通しました。冷蔵庫でひと晩置いたらできあがり。
e0017393_0463053.jpg
…せっかく高いワインを使ったから、というわけではないのですが、いちじくのついでに洋梨も入れてみました(一緒に煮るなよ、という話もありますが 汗)。こちらは火から下ろす前に15分くらい煮ています。いちじくの皮を剥いて入れたせいか、中の赤い部分の色がワインに移って、うっすらピンクになってしまいました。。

さて、何度か書いているように、わたしはアニス系のものが大の苦手。アニスを使ったお菓子を自分で作ったことはなかったのですが、先日、白ごまのムースといちじくの赤ワイン煮を作った際、意を決して(?)八角(スターアニス)を入れてみたら、出来上がりは、ほかのスパイスと混じりあったせいか、意外にもそれほど嫌いな味ではなかったのです。なので、今回も迷った末に八角を入れたら、、、加熱している間、ものすごいアニスの匂いが鼻について死ぬほど後悔(汗)。が、出来上がりは、やはりほとんど気にならず。こうやって、いろんなスパイスやハーブと融合させてしまえば、結構いけるかも、とひとつ視界が開けた気分。(おおげさ)
e0017393_046428.jpg
レシピには室温でと書いてありますが、うちでは冷たくして食べました。マスカルポーネチーズを添えて、がりっと胡椒をふって(こればっか)一緒に食べたら、ひじょーにシアワセな気分♪ディナーの後のデザートってな赴きの一品でした。あ、そんなこじゃれた食事は作りませんでしたが(汗)。

ところでこのコンポート。とてもおいしかったとはいえ、というか、とてもおいしかったからこそ、残ったワインの煮汁は、ここでさよならするわけにはいきません(←ケチ)。というわけで、残りは他のお菓子に流用して最後まで使い切りました。それについてはまた後日

+++

関連記事
いちじくのタルト ローズマリーのクラストとレモン入りマスカルポーネクリーム仕立て
いちじくとローズマリーのヨーグルトケーキ
かんたんジャムとチーズ
いちじくとチーズのトースト & いちじくのロースト はちみつとマスカルポーネ風味
白ごまのムースといちじくの赤ワイン煮
いちじくのと甘口白ワインの焼菓子2種
by zo.chika | 2005-10-10 01:32 | 一日一膳