冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

和洋似非?
ひややっこだいすき~
e0017393_24253.jpg
…じゃなくて、きょうはごまの話。




ごまだいすき~ なわたし。炒っただけのも、すったのも、練ったのも、白いのも黒いのも(金色ってのもありますね)、料理に入ったのもお菓子に使ったのも、みんな好き。ことお菓子に関しては特に黒ごまが好きですが、最近なんとなく気が向いて白ごまのお菓子を作りました。

まずは白ごまのムース。しばらく前に、いちじくの赤ワイン煮を作ったので(ん、どこかで見たような気も…?)、そのついでに作成。どこかのレシピで、白ごまのムースにいちじくのコンポートを合わせていたのを思い出したのでした。
e0017393_243997.jpg
レシピはこのへんを参考にテキトーに作成。白すりごまの量がずいぶん少ないよなあ…と思ったのですが、その割には出来上がりは結構ごまの味が出ていました。ふんわりムースに、スパイスの効いたワイン味のいちじくが相性よし。

そのときは、いちじくの赤ワイン煮に合わせることを前提にしていたのでムースになりましたが、コレもおいしそうだよな~と思っていたのがこちらのごま豆腐。おかずではなくて、デザートにする甘いごま豆腐です。

これ、レシピを見れば一目瞭然なのですが、牛乳、生クリーム、練りごま、砂糖をゼラチンで固めたという点で、上のムースと材料はまったく同じ。でも配合はかなり違います。ムースは練りごまは少なめで泡立てた生クリームが入り、ゼラチンは少なめでふんわり軽い仕上がり。それに対してこちらのごま豆腐は、逆に生クリームはほんのわずかで、ゼラチン多め、そして練りごまがかなり大量に入ります。こんなに入れたら、くどくならないのかな?と思うほど。
e0017393_233864.jpg
ゼラチンが多いので、ぷるっと固めに仕上がったものを角切りにして、こちらはあくまで和風に、黒みつで。こうなると、見た目は完全にひややっこ+しょうゆ。。。味は濃厚で、しっかりごまの味が楽しめて満足。でも、くどいというほどではないし、これ作るのも非常に簡単なので、思わず2日連続作ってしまいました(あ、でも元レシピの1/6量で作ってます、念のため)。

しばらくごまモノから離れていたのですが、これでごまモードが入ってきたので、今度は焼菓子も作ろうとレシピ大量物色中です。
+++

関連記事
いちじくのコンポート スパイス入り甘口白ワイン煮
by zo.chika | 2005-10-08 02:59 | 一日一膳