冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

咲いたと思ったら
あっという間に終わりを迎えてしまった今年の桜。
d0008146_203296.jpg
桜って、、いつの話??と思われる方が多いのではないかと思いますが、うちのあたりではついこないだ終わったところです。今年は春の訪れが特に遅かったような気がします。





この春、最初の桜を見たのは3月の前半に東京に行ったとき。急に暖かくなって開花したのでしょうが、東京にしてもあれは異常に早かったのではないかと。
d0008146_211235.jpg
その後、3月末から4月の初めにかけてはあちこちでアップされる満開の桜の写真を眺めて過ごし、ようやく山で開花しはじめたのを見たのは4月ももう半ば頃のこと。気づいたら結構開いていました・・・。里のほうではもっと早く開いていたようですけどね、、しばらく出歩いていなかったもので。


天気もよく、暖かかったのでちょろっと散歩。
d0008146_212744.jpg
開いてきた開いてきた~
d0008146_214275.jpg
風にそよぐしだれ桜。こちらは結構満開に近かったです。
d0008146_22036.jpg
里の桜はほぼ満開のところも。


その数日後、お墓参りに行った帰りに近所でぷち花見。
d0008146_223189.jpg
ここのしだれ桜はもう半分葉桜に、、。
d0008146_22439.jpg
d0008146_224744.jpg
d0008146_225286.jpg
d0008146_225529.jpg
普通の桜(?)は満開でした。


山奥の桜もぼちぼち満開ね、、と思っていた、そのとき。
d0008146_24592.jpg
雪が降りました。それもどかっと。


4月に雪が降ること自体は珍しくはないというこの土地。今年は3月がかなり暖かかったので、今年はぼちぼち雪も終わりか・・・と思っていたらやられました。4月に入って2回くらい降って、2回目(19日か20日頃)のほうがガツンときました。


そんなわけで、満開の花と重い雪に埋もれた桜で、雪見桜とあいなりました。
d0008146_241991.jpg
d0008146_242329.jpg
d0008146_242688.jpg
このあたりでも、これだけ満開のときにこれだけ降るのはさすがに珍しいようですね。とってもきれいだったけれど、桜以外にも花や芽が出てきた農作物がこの雪で損害を受けたようで、ちょっと心配です・・・。


ともあれ、雪見桜。
d0008146_251027.jpg
翌日は晴れ。かなり積もったとはいえ、やはり春なもので、雪はあっという間に解けました。
d0008146_252330.jpg
d0008146_255111.jpg
d0008146_261231.jpg
枝に積もった雪と、桜の花びらがどちらも落ちて舞ってきれいでした。


雪のとき満開だった桜は、その後はすぐに落ちてしまったのですが、遅い時期の桜はまだこれから。
d0008146_265810.jpg
これは桜の時期の終わりのほうに咲く、しだれ状のピンクの桜。種類がよくわからないのですが、可憐で好きな桜です。そろそろ満開という頃合いでした。
d0008146_271530.jpg
青空にピンクが映えますね。


うちの前の道は地味~に山桜が咲いているのですが、葉桜になる頃には、足もとの影が変わってくるのに気づきます。
d0008146_27304.jpg
秋の落ち葉の後は、松(たぶん)くらいしか葉のある木がないので、こういう葉っぱの形の影はしばらく見ていないのです。冬の間は特に気にしなかったけれど、久しぶりに見たらなんだか嬉しくなりました。


こんな感じで、連休の頃には満開を過ぎていた桜。去年、一昨年は、開花も遅く、咲いてからも気温が上がらずかなり長いこと咲いていたので、それを考えると今年はさっさと咲いてさっさと散ってしまったように感じられました。お弁当持ってお花見に行く暇もなく(悲)。


それでも、桜のお菓子はぼちぼちいただきましたよ。
d0008146_27475.jpg
スターバックスの桜ラテと桜マカロン。これは3月に東京に行ったときに買ったもの。というかスターバックスの桜ものは、2月から始まって3月には終わってしまうみたいですね。早っ!

d0008146_284962.jpg
こちらも東京で買ったもの。桜ゼリーです。やっぱり東京はかわいいものがたくさんあって目移りします(京都のお店のようですが)。

d0008146_29334.jpg
同じく東京で買ったTWG Teaの桜のお茶は、抹茶と桜のビスコッティとともに。レシピは最近特にお世話になっている、なかしましほさんのこちらの本から。桜の花の塩漬けと、桜葉(塩漬け)のパウダーを入れました。


それにしても、昔から和菓子(というか餡)全般が苦手で桜餅も苦手だったわたしが、桜のお菓子を作るようになったのはここ2~3年のこと。今でも桜餅は食べられないし、桜系の香りもあまり強いのはダメですが、それでも何だかんだと喜んで作って食べるようになりました。
d0008146_2104752.jpg
桜あんを買ってきて作ったこちらは桜のスコーン。その2~3年前に初めて作ったときに気に入ったので、思い出してまた作ってみました。レシピはこちら


まだまだ桜あんがあるので消費に励みます。
d0008146_211332.jpg
桜のシフォンケーキ。いろんなレシピがあるなかで、桜あんを使うもの・・・ということで決めたのがこちら。生地に桜あんを入れるほか、自分で桜葉パウダーも入れてみたのですが、、、これがちょっとやりすぎだったみたいで、わたしにはちょっと桜の味が強すぎました・・・。家族は喜んで食べてくれたんですけどね。大きいケーキで桜の花を飾ると華やかでかわいいです。

d0008146_211223.jpg
それから桜のムース。レシピはこちら。泡立てた生クリームと桜あんを合わせてゼラチンで固めるだけなのですが、これはかなりおいしかった!桜の花の塩漬け・・・のシロップ漬けを飾ってみました。


いろいろ作りましたが、桜あんを買ってきた最大の目的はこれ。
d0008146_2115779.jpg
桜あん+いちご+生クリームを餅で包んで桜いちごクリーム大福!一昨年くらいに挑戦して見事撃沈した、因縁の一品(おおげさ)。問題は「包む」部分で、あのときは結局4回くらい作ったはずなのですが、結局最後まで上手にできなかったっけ(ふ)。


上手にできないとわかっていながら、しつこく何度も作った理由は、ひとえに「おいしい」から。和菓子は嫌いと言いつつ、ここ数年はいちご大福は割と食べられるようになったのは、餡の部分が少なく、さらにいちごのさっぱり感でごまかされる(?)おかげ。そこにクリームが入るとさらに食べやすくなります。
d0008146_2121547.jpg
というわけで、今年の桜いちごクリーム大福。レシピは前回と同じくこちら。包む部分はやっぱり失敗、、2年も経ったのにちっとも上達しないな~と思ったけれど、2年の間にいちども作ってないんだから当たり前ですね、、はい。それでも6個作って皮が破れたのは2個だったので、前よりはいいかな(←そういうレベル)。

d0008146_2123771.jpg
それでもやっぱりおいしかった~♪


桜あん以外の桜のお菓子もあと少し。
d0008146_2125649.jpg
桜のミニマドレーヌ。生地には桜葉パウダー、仕上げのアイシングに桜花パウダーが入ります。レシピはこちらで、桜葉パウダーは結構減らしましたがしっかり味がつきましたよ。さらに桜花フレークをちらしてみました。

d0008146_2131597.jpg
そして最後は桜とベリーのタルト。これは何となく適当に作ったもの。桃(去年の秋に煮て瓶詰しておいた)とラズベリー(去年の秋に摘んで冷凍しておいた)をピュレにして、泡立てた生クリームと合わせ、ゼラチンで固めたムースを、グラハムクラッカーを砕いて作った台(チーズケーキに使うようなやつ)に流し込んで作りました。ムースはだいたいこちらのレシピを参考に。で、どこが桜なのかというと、ムースに桜花のシロップ漬け・・・のシロップを足してみたわけです。よくあることですが、適当に作ったら適当な味になりましたけどね、、まあまあかな。


こんな感じで、ちゃんとお花見はできなかったけれど、桜のお菓子はそれなりに満喫したこの春。最後にひとつ、初めて試してみたものを。
d0008146_214436.jpg
桜のお菓子といえば、風味づけの核となるのは桜花と桜葉の塩漬けですよね。最近はパウダーやシロップ漬けなど、便利な材料があるので(こんな感じ)、わたしはそれを使うことが多いのですが、昔ながらの塩漬けは自分で作れるらしい、ということで、やってみようかなと思っていたのです。今年はついに実現。


花はこちら、葉はこちらの作り方で。
d0008146_2142135.jpg
どちらも、基本的には塩と白梅酢で漬けるわけですが、どのレシピでも白梅酢が必要だと気づいたのは花と葉を調達してから(汗)。近所のスーパーにもなかったので困った挙句、梅の塩漬けを酢で漬けたものが家にあったのでそれを使いました。初挑戦なのにいきなりずれてますがまあ仕方ないとして。


桜葉は最初に湯通しするのですが、お湯をかけたときにふわーーっといい香りがしてびっくり。これがいわゆる桜餅の香りなわけですよね。「好き」と断言はできませんが、だんだん慣れて、わりと好きになってきたかも。
d0008146_2143761.jpg
桜花は3日で取り出して陰干しし、そのあと塩にまぶして保存します。で、現在陰干し中。桜葉は3週間漬けておくということで、引き続き重石の下で漬かり中です。


ちなみに、塩漬けを作るのに使う葉は若くてやわらかいもの、花はまだ開きかけのものが望ましいらしいのですが、ちょっとタイミングをのがして、葉はともかく花が思いっきり開いてしまっていました(汗)。
d0008146_2145553.jpg
水洗いしても花びらが落ちなかったものを選んだら十数個くらい、、。葉っぱも10枚ちょっとしか用意しなかったので、どちらもものすごーく少量の仕上がり。。まあ試しに作ってみたかっただけなのでよしとします。ちなみに使った桜は八重桜。市販のものとは違う品種なのでしょうが、手に入れやすいものでは八重桜を使うのが一般的なようですね。


というわけで、八重桜です。
d0008146_2151161.jpg
桜の季節のいちばん最後に咲く八重桜。うちのあたり(山奥)で満開を迎えたのは先週末(1週間前)くらいです。

d0008146_21532100.jpg
うちの近くにある、わたしが好きな桜(しだれっぽいピンクの)も、同じ日に見たら葉桜になりつつもまだきれいに咲いていました。

d0008146_2155070.jpg
葉の緑色といい、日差しといい、初夏の兆しすら感じます。



以上、地味に満喫した今年の桜でした。
d0008146_2301744.jpg


また来年!
d0008146_2303471.jpg

by zo.chika | 2013-05-20 07:00 | 一日一膳