冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

また来年、がんばります
もう、バーベキューという気候ではないのだけれど
e0017393_14312786.jpg
何としてもこの夏のうちに、、、と思っていたので、肌寒い日だというのに強引に作ってしまった、思い出のあの料理。夏前にロンドンのさがみさんのお宅でいただいた、ネクタリンとモッツァレラチーズの生ハム巻き、+αです。




今回は果物3種、チーズ3種で試してみることに。さがみさんに教わった桃(またはネクタリン)+モッツァレラのほかに、少し前のdonna hay magazine (#20, 2005) に載っていた洋梨と山羊乳チーズ、それから最近ブーム(自分のなかで、ですが)のいちじくにブルーチーズで。生ハムは、さがみさんのお宅では高級イベリコハムでしたが、今回は普通のパルマハム使用。

…という計画だったのですが。。。3種類いちどに作ろうとこだわるあまり、タイミングよく材料が揃わず、いい黄桃が使えなくなってしまったので、急遽、桃の代わりに今が旬のプルーンに変更。桃の代わりにネクタリンというのはともかく、プラムになると結構、味が違うので、どうかな~と思ったけれど、背に腹は代えられない(?)ので強行突破。

果物とチーズのスライスを生ハムで巻いて、グリルでさっと焼く。洋梨はdonna hayの本に載っていたとおりタイムの枝を添えました。ついでだから他の2種類にも何かハーブを合わせて…とやっていると、ますます材料が揃わなくなるので今回は断念。
e0017393_14315449.jpg
焼き上がりにさっとレモン汁とオリーブオイルをたらし、こしょうを挽いて食べました。…ちょっと焼きすぎたようで、、、ハムが完全に火が通っちゃってますが(汗)。さすがにどれもおいしかったです。同じフルーツに火を通すのでも、甘いローストフルーツのガレットとはまったく別物で、こちらは前菜としてつまむのに最適な感じ。洋梨とブルーチーズ、いちじくと山羊乳チーズという組合せにしても、多分おいしいと思います。

でも、やっぱりプラムよりは桃系のほうが酸味が和らぐのでよかったかなー、という感は拭えず。それから、写真の分は撮影用にミタクレ重視で生ハムを気前よく巻いたら、味が濃すぎました(大汗)。もっと少なくてよかったようです。そのほうが、果物とチーズの味を楽しめると思われ。来年の夏には、もっと落ち着いて再挑戦だーと心に誓ったのでした。

+++

関連記事
かんたんジャムとチーズ
by zo.chika | 2005-09-25 15:27 | 一日一膳