冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

カウンター席
プロの料理人が手際よく作業をするのをカウンター越しに眺めるのが好き 
e0017393_020239.jpg
客で賑わう店内の喧騒を背後に、目の前ではスタッフが慌しく動く厨房の張り詰めた空気を感じられるのが、不思議に心地よくて好きです。

それから、よその客に運ばれる料理を用意しているのを見て、なんだあれ、うまそうだ、すいませーん、それひとつくださーい、とやるのも好き。




なんか、えびがいっぱい、焼けてるよ~、と目の前の焼き場に目は釘付け。以前知人に連れてきてもらったお店で、遅い時間に来店したこの日はカウンター席でした。既にひととおり注文は済ませていたのですが、あれ1本ください、と追加。目の前でえびがもう1本、串を打たれて網の上へ。

e0017393_0203632.jpgお通しで来たすじこおろしを食べながら、目の前のえびをじぃ~~っと眺める。

あの左端のがうちのだよね、あ、裏返されたよ、まだかな、まだかな~と待つ。ひたすら待つ。

ちなみにその横では大きな秋刀魚が同じく串に刺さってじゅうじゅういってました。季節ものですね。

…1尾遅れて焼き始まったはずなのに、なぜか最後はぜんぶ一緒に引き揚げられていました。こちらに背を向けて皿に盛りつける板前さんの背中に隠れて、わたしのえびは他のと紛れてしまいましたとさ。。。
e0017393_0205775.jpg
それにしても車海老ってでかいんですねえ。そして熱い。当たり前だけど熱い。この焼き加減を素手で確認していた板前さんは驚異の指の持ち主です。脱帽。

…と、えびの記念撮影も終わらないうちに、ほんのちょっとの時間差で鮨到着。
e0017393_02286.jpg

この日はわたしは「あぶりもの」で。

e0017393_0213766.jpg炙りサーモン。周りだけ火が通っていて中は生。こしょうとレモンが効いてます、うまっ。

e0017393_0212713.jpg炙りいか。うーん、全体的に火が通ってるみたいでした~。そういうもんなのね。

はい次~

e0017393_0214742.jpg炙りあなご。普通の握り鮨に載ってるあなごよりもツメの色が薄くて味も控えめ、うまっ。

しかし、もう腹いっぱいになってきました。…鮨って結構おなかにたまるんですねえ。
e0017393_0225685.jpg
野菜の煮物はよぶんだったかな、、、でも、がっつり魚介を食べた後に薄味の煮物はしみじみおいしかったです。

満腹で外に出ると、意外に涼しくて、3分の1くらい酔っ払った頭に夜風が気持ちよかった9月初めの夜。大好きな秋ももうじき本番。おいしいもの食べられるよう、体調持ち直して、がんばるぞー。
by zo.chika | 2005-09-13 01:35 | 一日一膳