冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

初雪
d0008146_23314353.jpg
どかっと降りましたねー。





今冬の初雪は11月の終わり頃。でも、ちらっと降った程度ですぐ消えました。
d0008146_23411279.jpg
そして12月の初めにも1回降って、そのときはご覧のとおりあたり一面白くなりましたが、その直後に旅行に出たので、あまり雪景色を見る暇がありませんでした。



そして年明けに山に戻ってきたとき、周辺はほとんど雪の気配がなく、実はちょっとがっかりしていたのですが、うちの周りは暮れに降った雪が結構残っていました。
d0008146_23411992.jpg
このへんのは、たぶん春まで融けないんだろうね~とのこと。わたしは東京とその近郊で生まれ育っているので、雪国の生活は大変だとはわかりつつも、山奥で暮らす今でも雪が降るとやはり心が躍るのです。



それで一面の雪景色を楽しみにしていたところに、雪の予報が出たのが先週の月曜。
d0008146_23434878.jpg
朝6時前、そっと外を見てみると、夜明け前の薄明かりのなかで降りしきる雪。


というわけで、すっかり明るくなってから見てみると、念願の一面雪景色でした。
d0008146_23432762.jpg
午後になってもまだ降っていました。


そして今回は、山奥だけでなく、関東でも広い範囲でかなりの雪が降ったとのことで、ちょうど成人式でしたし、外出された方々は大変だったでしょうが、適度の雪は暖かい家の中から見ている限りはいいものです(このあたりも、昨年の冬には雪が原因の倒木で停電になったりして大変だったので、「適度の雪」というのがポイントです)。


夕方、雪がやんだ頃にちょっと散歩に出ました。
d0008146_0194888.jpg
地面も空も木々も真っ白。


山の道は、人通りはもちろん、車通りもほとんどなく、しーーーーんと静まり返っていました。
d0008146_0211499.jpg
ときどき、枝に積もった雪がドサっと落ちる音がするくらい。

d0008146_0215010.jpg
d0008146_0215494.jpg
d0008146_0215796.jpg
d0008146_022051.jpg
d0008146_022482.jpg
d0008146_022863.jpg
d0008146_0221235.jpg
・・・そして、ドサっと雪が自分の上に落ちてきた日には目の前が真っ白になるので、暗くなりはじめる前に家に戻りましたが。



翌日はすっきり晴れ。
d0008146_0244671.jpg
青と白のコントラストがまぶしい。
d0008146_0244991.jpg
普通の道(?)は除雪されていますが、雪かきをしていないところはこんな感じ。。


それでも、日が出ると真っ白な世界にも色が見えて、それもまた美しい。
d0008146_0482065.jpg

d0008146_0524088.jpg
そして、いつもより空気が澄んでいるような気もします。


さて、その翌日は、少し遠出をして(といっても地元の小さい)温泉に行きました。
d0008146_0385377.jpg
d0008146_039386.jpg
d0008146_0391295.jpg
d0008146_0392010.jpg
d0008146_0393128.jpg
温泉の露天風呂からの景色(※だいたい。実際に風呂から写真を撮ったわけではありません)。外の気温は零度あったかないかくらいだと思うのですが、温かいお湯につかりながら頭はすっきりして気持ちよかったです。


体があったまったところで昼飯を。
d0008146_0393725.jpg
窓の外の雪景色を楽しみつつ温かいうどんを。・・・ところでこれ、味噌煮込みうどんを注文したら、天ぷらが載ってきました・・・(海老、ピーマン、かぼちゃ)。「味噌煮込み」と「天ぷら」が一緒になっているのって初めて食べた気がするのですけど、、どうなんでしょう。


その翌日も所用でちょっとしたのですが、この日は早朝にまたちょっと雪が降りました。
d0008146_047899.jpg
明るくなる頃にはすっかりやんでいましたが、新たにうっすら積もった雪に日が当たるときらきら光ってとてもきれいでした。

d0008146_0471779.jpg
青と白のコントラストに、青い山も加わって、それもきれいでしたよ。


さて、この1週間の間にちょこちょことお菓子を作っていたのですが、今回はそのうちひとつを。
d0008146_0595779.jpg
初雪(今年の)が降った日に焼いたシナモンはちみつスコーン。この秋に出たBouchon Bakery (Artisan, 2012) のレシピです。現在、アメリカで最も有名なシェフのひとり、Thomas Keller が所有するチャーミングなパン・お菓子の店、Bouchon Bakery のレシピ本です。載っているお菓子自体は(Thomas Kellerにしては)シンプルなものが中心ですが、レシピは精密で、ひと手間、ふた手間かけたものが多く、説明も懇切丁寧です。


こちらのレシピは、シンプルな(でもバターやクリームたっぷりのリッチな)スコーンの生地に、はちみつとシナモンを練り込んだ生地を混ぜ込んで焼き上げるもの。スコーンにしては手がかかるレシピでしたが、出来上がりはさすがのおいしさでした。
d0008146_1115172.jpg
お茶とともに、外の雪を見ながら(※家の中で)いただきました。


さて、今晩はまた雪の予報が出ています。このあたりは明日の朝にはまた一面雪景色でしょうか。この先、春先までずっとこんな感じだと思うので、最後のほうは雪にも飽きているかもしれませんが、、避けられないものならできるだけ楽しみたいと思っております。
by zo.chika | 2013-01-21 23:45 | 季節