冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

秋のベリー
d0008146_2142429.jpg
もう冬ですが、、。






初夏のものだと思っていたら、初冬にもあったのでした
d0008146_2295849.jpg
10月末にラズベリー摘みに行って、ラズベリーばかりよりも大量に持って帰ってきたので、その後1週間ほどはにわかにラズベリー祭りでした。最初に作ったのは↑の写真のタルト。夏の頃から、タルトの記事を・・・と思ったままタイミングを逃しております(汗)。


えーそれはさておき。。
d0008146_23301677.jpg
これは普通のトーストに、チョコレートとヘーゼルナッツのクリームを塗り、そこにラズベリーを載せただけですが、フレッシュなベリーに、上等なクリーム(イタリアでお友達がお土産に持たせてくれたもの)で、かなり豪華なトーストです。

d0008146_22444139.jpg
洋梨の白ワイン煮にチョコレートとラズベリー、バニラアイスを添えて。・・・ラズベリーがなくても困らない一品ですが、入れたかったんです、はい。

d0008146_22473657.jpg
アーモンドとラズベリーのミルフィーユ ミルクチョコレートキャラメル添え。ミルフィーユというと普通は何層にもなったパイ生地で作るものでしょうが、ここではオートミールとアーモンド入りの薄いクッキー生地で、ホワイトチョコレート入りのクリームとラズベリーを挟み、ミルクチョコレートを溶かしいれたカラメルソースをかけてみました。クッキーの部分と、それでミルフィーユを作るというアイディアはこちらの本にあったレシピをもとにしていますが(前にも一度作ったことがある)、クリームやカラメルの部分は完全に思いつきで適当に。でも味的に失敗しようがない組み合わせなので、とってもおいしかったです。

d0008146_22474127.jpg
チョコレートとラズベリーのパブロバ。パブロバ(pavlova)とはメレンゲを焼いてクリームとフルーツと合わせるお菓子で、焼いたメレンゲがあまり好きではないとか言いつつ結構何度も作っています <自分。これはメレンゲにココアパウダーと刻んだチョコレートを入れる作り方で、普通のメレンゲよりもこのほうが好きだったかも。レシピはこちら

d0008146_2311384.jpg
チョコレートとラズベリーのブレッドプディング。こちらのレシピでチョコ味のパンプディングを準備し、そこにラズベリーを適当に放り込んで焼き上げました。チョコレートとラズベリーはよく合う組み合わせなので、これはおいしいはず、と予想したとおりおいしくできました。


食べるときに、さらにラズベリーを添えて。
d0008146_2394225.jpg
生クリームでも添えればさらによかったかもしれませんが、これでもじゅうぶん。


・・・なんだかチョコレートばかり使っていますね、、でも夏にベリー摘みに行ったときと比べると気候が全然違うので、作りたいのはもっと冬っぽい感じのお菓子。そうすると、夏の間には食指が動かなかったチョコレートが活躍するわけです。


いちおう、チョコレートじゃないものも。
d0008146_23191088.jpg
キヌアとアマランサスのポリッジ、りんごとラズベリー入り。ポリッジというのは要はつまり「お粥」のことで、アメリカなどではオートミールをどろっとするまで煮て作るのが一般的です。・・・と書くと、多くの日本人にとってはちょっと、、かなり魅力的でない食べ物の類に入ると思われるかもしれませんね(実際そうかも)。これはキヌアアマランサスを煮たもので、ぷちぷちした食感が残るので、日本人にもそんなに抵抗はないのではないかと(いやどうかな、、)。作り方はこちらを参考に、角切りにしたりんごも入れて煮て最後にラズベリーを投入。かなり寒さが増してきた11月の初めの朝食として悪くなかったですよ。


最後にもうひとつ。
d0008146_2324553.jpg
最後はやっぱりチョコレート。ラズベリーのトリュフです。生のラズベリーを溶かしたチョコレート(ラズベリーリキュール入り)にくぐらせて冷やし固めただけ。溶かしチョコレートをかけたいちごも好きですが、ラズベリーは最高に合います。レシピはこちらで、これは夏にベリー摘みに行ったときにもぜひ作ってみたかったのだけれど、先にも触れたとおり、夏の間はチョコレートのお菓子を作る気にも食べる気にもなれないまま終わってしまったのでした。今回は季節もまさにちょうどよく、簡単だけれど豪華(ふう)でラズベリーの最後を飾るのにふさわしいお菓子だったのではないかと。


そんな感じで1週間で2kg以上のラズベリーを消費。思い残すことはありません。
d0008146_23441437.jpg
・・・なんつって、数週間経った今見ると、あーまた食べたいなぁなんて思うのですけれどね。日本では既にいちごが出始まっているので、来年の夏まではいちごと、冷凍してあるラズベリーやブルーベリーでやり過ごすことにします。そして気づけば11月も終わり、山の木々の葉っぱもほぼ落ち切って、いよいよ冬本番です。
by zo.chika | 2012-11-30 23:51 | 一日一膳