冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

信州の山奥でかの地の祝日を思う
d0008146_2173367.jpg
今日(11月第4木曜)はアメリカでは感謝祭(Thanksgiving Day)。家族で集まってごちそう(ターキーとか)を食べる日ですかね。





えーしょっちゅうネタが過去に遡るこのブログ、きょうは6年前(!)に戻ります・・・。
d0008146_2565828.jpg
もう6年も経っているとは思わず自分でも驚きだったのですが、、(汗) 2006年の11月。旅行中、カリフォルニアのお友達のお宅にお世話になり、それがサンクスギビングの時期だったので、ご家族が集まるサンクスギビングディナーにご一緒させていただいたのでした。


当日は相当写真を撮ったのに、ほとんどブログにまでたどり着かず(大汗)。今年はそのときのことを思い出したので、今さら??という声は無視して ざっと振り返ってみようと思います。
d0008146_314165.jpg
まずは、サンクスギビングといえば何はともあれこれ、なターキー(七面鳥)。大きさにもよりますが、焼くのに何時間もかかるので(冷凍のものは解凍するのに数日間かかる)、早い時間からオーブンに入ります。カメラの記録によると、この写真を撮ったのが12時半頃。

d0008146_384520.jpg
料理をしながら飲み始め。ワインいろいろ。まずは泡もの(カリフォルニア産)から。

d0008146_391551.jpg
おつまみもいろいろ。このあと大量にごちそうが出てくるとわかっているのに、ついついぽりぽり食べてしまうのです。

d0008146_3135580.jpg
さて、感謝祭の食卓の定番といえばこんな感じでしょうが、このときはご家族のお仕事の関係でとびきりのシーフードも登場。わくわく。

d0008146_3125871.jpg
キッチンでいろんな料理が準備されている間、お庭でも準備。

d0008146_313013.jpg
バーベキューグリルで野菜を焼いてもらいました。

d0008146_3231378.jpg
キッチンに戻ると、ターキーの確認。何回か肉を回したり、焼き汁をかけたりしながら何時間もかけて焼かれます。

d0008146_3231658.jpg
アメリカのお宅の大きなキッチンの大きなオーブンでは、大きなターキーと同時に他の料理も調理されます。これはお友達特製のコーンブレッド。

d0008146_329993.jpg
・・・で、わたしは何をしたのかというと、デザート用のお菓子を少し作らせていただきました。


が、基本的には写真を撮ったりワインを飲んだりしてぷらぷらしてましたねぇ。。
d0008146_334739.jpg

d0008146_3303440.jpg
d0008146_3304163.jpg
d0008146_3304437.jpg
d0008146_3304864.jpg
・・・と、ターキーも焼けて、宴の準備ができたようです。これが3時半くらい。

d0008146_3362859.jpg
大きなキッチンカウンターに所狭しとごちそうが並ぶさまは壮観。

d0008146_3372289.jpg
それでは、皆でテーブルについて、いただきまーす。

d0008146_338267.jpg
銘々がお皿にターキーやその他の料理を山盛り持っていただきます。


ターキーはぱさぱさしていておいしくない、という人も結構いるようですが、わたしは好きです。上手に焼かれたものはぱさつきもなくおいしいですしね。このときいただいたのも、ジューシーでとってもおいしかったです。そして、残ったターキーで翌日に作って持たせてもらったサンドイッチも。


お腹がはち切れそうなくらいごちそうをいただいたあとは、しばらく休んで、それからデザート。
d0008146_347577.jpg
これは(キッチンをお借りして)わたしが作ったバントケーキ(bundt cake)。バントケーキとはこの形の型で焼くケーキの総称で、形もかわいいし、どーんと大きいので見栄えがしますね。

d0008146_3553217.jpg
そして、サンクスギビングの定番であるパンプキンパイに、おいしいチョコレートなども。あ、あとぼやけてますが、クッキーもわたしが焼いたのでした。お腹がいっぱいといいつつ、それでも食べてしまうのが怖い。。


お菓子を食べ、お茶を飲み、おしゃべりをして、最後の写真を撮ったのがもう夜の9時半過ぎ。
d0008146_357062.jpg
長い1日、そしておいしくて楽しい1日でした。家族でお祝いする行事に温かく招き入れてくれたお友達とご家族の皆様に心から感謝する日でした。



+++



あれからもう6年。毎年、この時期になると、このときのことも含めアメリカで何度か過ごしたサンクスギビングのことを思い出しますが、今年は信州の山の上で、この6年前のことを特に思い出したのは、そのときに作ったケーキをまた焼いたからかもしれません。
d0008146_402024.jpg
このケーキはAll-in-One Holiday Cake。アメリカの秋の祝日・行事(特にサンクスギビング)とつながりの深いフレーバーが全部入ったケーキ、というような意味に考えればよいでしょうか。


レシピは Dorie Greenspan著、Baking: From My Home to Yours (Houghton Mifflin Harcourt, 2006) から。その年、カリフォルニアのお友達のところに行く直前に出たばかりの本で、ネットで注文してお友達に受け取ってもらっていたのでした。それで、サンクスギビングにはこの新しい本から何か焼きたいと思って選んだのがこのケーキだったのですね。


生地にはかぼちゃのピュレと、刻んだりんご、ピーカンナッツ、クランベリーが入ります。
d0008146_4115116.jpg
仕上げにはメープルシロップのアイシングをかけて、軽くローストして刻んだピーカンナッツを載せます。アイシングがかなり甘かったけれど、われながらおいしくできました(レシピのおかげです)(こちらでも見ることができます)。


この本はその後しばらくしまいこんでいたのですが、最近になって引っ張り出していくつもレシピを試していたところで、このケーキを見つけたので、久しぶりに焼いてみようと思った次第。うちにはアメリカンサイズのバント型はないので(オーブンにも入らないし)、代わりに使ったのがやはりアメリカにいるときに買ったミニバント型。1個しかないので、残りは普通のマフィン型で焼きました。小さいのは小さいなりにかわいいですかね。


というわけで、サンクスギビングのお祝いは何もしていないけれど、しばしサンクスギビング気分を思い出した11月の第4木曜でありました。
d0008146_4154961.jpg
アメリカの皆さまには、Happy Thanksgiving!
そして日本では今週末は3連休ですね。よい週末を!
by zo.chika | 2012-11-22 23:29 | 一日一膳