冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

夏の果物、秋の果物
ばてばてしているうちに8月も終わり、朝晩は少しずつ涼しくなってきて
e0017393_2312739.jpg
店の青果コーナーには、すいかの横に梨が並ぶようになりました。




夏と秋の果物が一緒に並ぶ今の時期、夏の果物の食べ収めかな、というわけで慌てて買いに走った果物。(一部頂きもの、ありがたや。)
e0017393_2354274.jpg
黄金桃にネクタリン、大きくて甘いプラムと小さくてすっぱいプラム。そこに、いちじくとぶどうが秋の訪れを感じさせます。

いろいろ揃ったところで、いそいそと作ったのはフルーツサラダ。といってもマチェドニアのように正統派なフルーツサラダではなく、オーブンで焼いたフルーツのサラダ。たくさんの果物に有塩バターと砂糖をふってローストして作るこのお菓子は、去年も作って気に入ったものです。

前回のように、Trish Deseine著 mes petits plats preferes (Marabout, 2002) の元レシピ(だいたい)そのままに作ってもいいのだけれど、今年は何かちょこっと変えてみようと考える。最初はスパイスかハーブを足して焼こうかという程度だったところを、つらつらと考えをめぐらせているうちに、もうひとひねり思いついて試したのがこちら。
e0017393_23542110.jpg
クロワッサンを横半分にスライスして薄くバターを塗った上に果物を並べて、小さく刻んだバターとカソナードをふって焼く(え、ひねってない??)。去年と同じく、家に有塩バターがなかったので無塩の発酵バターと海塩で。カソナード(フランスの赤砂糖)は今回はあったのでそれを使用。最後に、シナモンやクローブ、カルダモンなどのスパイスをさっとふってみました。

焼き上がり、バニラアイスを添えて。あつあつのところに、あっというまに溶けるアイスを絡めながらいただきます。
e0017393_23543776.jpg
うおお~、、、激うまっ(涙)

パンでもケーキでも、平たく焼いたこういうお菓子はフランス語だと「ガレット」と呼ばれる類に入るのでしょうか。火が通るにつれて出た果汁にバターと砂糖が合わさって、その焼き汁がしみこんだクロワッサンが絶品。焼いてすぐ食べないとべちょっとしそうなので慌てて食べます。

ところで、切った果物を全部クロワッサンに載せて焼くのは大変なので、残りは普通に耐熱皿に放り込んで、横で一緒に焼きました。
e0017393_23545294.jpg
パンと焼くと、焼き汁がパンにしみこむせいか表面は乾いた感じなのですが、果物だけで焼いたものはもっと水分がある仕上がり。こちらも普通においしい。でも、去年は入れたブラックベリーがおいしかったんだよな~。ここらへんでは見かけないので残念でした。

…それにしても。こないだの桃のときも思ったけれど、生で食べておいしいように作られている日本の果物に火を通すなんて、つくづくゼイタクな食べ方ではあります。そうは言っても、やっぱりこんな果物に火を通すなんて、、と抵抗のある向きにはこちら。
e0017393_23551227.jpg
同じく横半分に切ったクロワッサンに、生の果物のスライスを挟む。ほぼ同じ果物の組合せですが、生のままだと全然別物ですね。生クリームとかチーズ、ヨーグルトなんかを一緒に挟むとまたうまいです。

でも、この焼いた果物の凝縮された甘みと、果汁とバター、塩が相まって、それがクロワッサンにしみこんだところが何とも言えず艶っぽい味で、個人的にはかなり好きな味。けっこう濃厚なので、生のままとは違って大量には食べられないけど(大量に食べても困るので、いいんですが)。
e0017393_2354284.jpg
さて。何度か書いているかもしれませんが、わたしは暑いのがダメなので、四季の中では夏が最も苦手。そして涼しい秋がいちばん好き。なので秋の到来は1年のなかで最も嬉しいときなのだけれど、夏の終わりの切なさも人並みに感じたりします。どちらかというと、夏というより夏休みが終わるのが切ないのかもしれません。「夏休み」というものがない生活になって久しいのですが、あの切ない感覚は体が覚えているようです。

というわけで、パック買いしたのでまだ残っているネクタリンやプラムを頬張りつつ、過ぎ行く夏を惜しむのでした(うそ)。

+++

関連記事
オーブンローストのフルーツのサラダ (2004年夏)
マチェドニアとパンナコッタ
桃のロースト キウイソース添え
ジンジャースコーンのブラックベリー添え
いちじくのタルト ローズマリーのクラストとレモン入りマスカルポーネクリーム仕立て
by zo.chika | 2005-08-31 23:30 | 一日一膳