冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

梅雨の果物
梅雨らしい天気になりました
d0008146_2234284.jpg
しとしと・・・というか、ざーざー。そして、じめじめ。






さわやかな果物がますます嬉しい気候です。さくらんぼとかね。
d0008146_2245488.jpg
わたしにとっては昔から、さくらんぼ=6~7月=梅雨時、というイメージなのです。これは先週くらいに近所のスーパーで見かけて迷わず買ったレイニア(Rainier)チェリー数年前から毎年のように書いているように、わたしはこのレイニアが大好き。最初に日本で見たときは驚いたものでしたが、今ではこんな田舎のスーパーにも短い期間ながら(そして高いけど)毎年並ぶので嬉しい限り。今年もすかさず買い込みました。


これはいわゆるアメリカンチェリーですが、日本でなじみのある濃い紫のビング(Bing)とはちょっと違います。色は日本のさくらんぼに似ていますね。大きさはアメリカンに大きく、食感や味はビングと日本のさくらんぼの中間みたいな感じです。
d0008146_23261996.jpg
これ、やっぱりおいしい~。日本のさくらんぼより好きかも、と前から思っていたけれど、今年はその思いを新たにしましたよ。


果物を買うといろいろ手を加えたがる性分ではありますが、レイニアに関しては、そのまま食べるのがほんとに一番と思います(高価なのでもったいない、というのもありますけど)。
d0008146_2326248.jpg
で、実際ほとんどはそのまま食べているのですが、やっぱりちょこっと手を加えてみたり。


と言っても、さくらんぼ自体に手を加えているわけではなく、他のものと一緒に食べているだけなんですけどね。今回作ったのはチェリー・チーズケーキ。こちらの本のレシピです。(ここのところ、この本からやたらいろいろ作っています。)これは著者のNigel Slaterいわく「ドイツ/ウィーンで食べるような」、ややドライな生地のチーズケーキ。
d0008146_23405592.jpg
こってり濃いニューヨーク風も大好きですが、これもおいしかったー。しっかり甘いケーキに、ジューシーなチェリー(ビングとレイニアの2種盛り!)がよく合っていました。


もうひとつ。
d0008146_23511461.jpg
チェリーとベリー類に、さくさくのクランブルをふって食べる、フルーツサラダクランブル。去年の夏に桃やブルーベリーで作って、えらく気に入ったものです。果物を焼いたクランブルは大好きだけれど、夏の果物を、火を通さずにそのまま食べたいときにぴったりの食べ方。


クランブル生地は、もともとはこちらの本に載っていたもので、バターではなくオリーブオイルを使い、刻んだミントの葉が入ります。さっくり軽くて、生のフルーツにぴったり。今回はそば粉とピスタチオの粉末を入れて作りました。
d0008146_23511678.jpg
さくらんぼと一緒にベリー類も。いちごとラズベリーです。前回の桑の実(マルベリー)もそうですが、ベリー類を食べるのに忙しい今日この頃です。ほほほ。


それにしても、ここのところ日本各地で大変な大雨で被害が出ていて心配です(特に九州)。はやく収まりますように・・・。
d0008146_23571161.jpg
そして梅雨が終わるといよいよ本格的な夏。既に梅雨の晴れ間は夏っぽい日差しですね。
by zo.chika | 2012-07-06 23:59 | 一日一膳