冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

(また)寒くなりました
d0008146_2357132.jpg
そして(また)白くなりました。






・・・って先週(前回)と同じ展開ですが、、この冬2度目の雪が降りました。
d0008146_0141512.jpg
朝起きたら外が白い。いや、まだ薄暗い7時頃は、白いというより薄青い。


雪自体はもう止んでいました。
d0008146_0141879.jpg
先週同様、量はそれほどでもなく。


山奥はいつも静かですが、雪の朝はいちだんと音がなくて静かです。
d0008146_0142196.jpg
30分ほどすると、だいぶ明るくなってきました。


それにしてもさすがに寒くて、暖房を入れてもなかなか部屋が暖かくならなかったのですが、9~10時頃になったら日がさしてきて、急に暖かくなってきました(いや、「暖かい」は言い過ぎかも)。
d0008146_0142441.jpg
雪の照り返しもあり、日差しは眩しいくらい。


そして雪も見る間に融けていきます。
d0008146_0142932.jpg
この写真では判りづらいですが(というか判らない)、背の高い木の細かい葉っぱがうっすら霜のような雪に覆われて、それが青空に輝いてきれいでした。


で、ときどき強い風が吹くと雪が舞い散って、青空なのに吹雪状態に。
d0008146_0143243.jpg
びゅろーーっとな。


今日は朝のうちに終わらせなければならない作業があったので(なので珍しく早起きだった)、それを済ませたあと、のんびり朝食の準備。
d0008146_0143830.jpg
甘いお菓子とあったかい飲物を。(あ、外では食べてません、さすがに。)



+++



さて、今週は久しぶりに東京に行ってきました。ぎりぎりに決めて、1泊で行って戻ってきたので、非常にばたばた。友人知人に会ったり、ちょこっと買い物したりして、あっという間に時間が過ぎました。


買って帰ってきた食べ物を少し。
d0008146_0144053.jpg
アンデルセンのパン。クリスマスっぽいものをいくつか。赤ワインのパンに、ドライフルーツのデニッシュに、ビュッシュドノエル風の切り株パン。そしてたこ焼きみたいなの ころころ丸いのが、エーブルスキーバ(aebleskiver)と呼ばれるデンマークのクリスマスのお菓子です。


これを見て思い出したのは、2年前の12月に訪れたコペンハーゲン。クリスマスの準備に華やぐ街で寒さに凍えながら(嘘)(・・・でもない)エーブルスキーバをほおばったものでした。
d0008146_0144443.jpg
それを思い出して買って帰ってきたのがこちら。ころころと丸く焼かれたパンケーキには粉砂糖がふりかけられ、赤いベリーのジャムが添えられています。アンデルセンのサイトに載っているもの(1個ずつ中にジャムを絞っている)とちょっと違うみたいですが、デンマークで食べたのはこちらのスタイルです。


ひとつつまんでみると、ケーキっぽい、ちょっと固めな食感。ふわっとしたお菓子だったように記憶していたので、おや?と思ったのですが、これは本来なら作りたてを食べるべきところを、やや日にちを置いてしまったのが大きな原因であると思うので、自分のせいですね。もっとも、上記のアンデルセンのサイトを見ると、実際に「しっとりとしたパンケーキ生地」に作っているそうなので、作りたてでも「ふわふわ」よりは「しっとり」なのかも。


ときに、コペンハーゲンで朝食に(昼過ぎてたけど)エーブルスキーバを食べたときは、グリュッグ(glogg、要はホットワイン)をお供にしたのでした。せっかくなので、それも再現~!朝っぱらから酒飲んでるのかと驚かれそうですが、もう昼近くだったし(そういう問題?)。まぁそういう日もありますよね(ねっ??)。
d0008146_0144714.jpg
赤ワインにシナモン、カルダモンを加えて、ストーブの上でゆっくり温めて作りました。その間じゅう、部屋にいい香りが漂います。しょうがを漬けたはちみつを少々加えて甘みづけ。コペンハーゲンで飲んだグリュッグにはアーモンドとレーズンが入っているものが多かったので、それに倣ってアーモンドとクランベリーを投入(※上に浮いている小さい粒々はクランベリーの種です)。あー、おいしかったぁ。



さて、東京では普段ほど食べ物を買いこまなかったのですが(いつもどれだけ買いこんでいるんだか・・・)、もうひとつクリスマスっぽいものを。
d0008146_0145050.jpg
塩バターキャラメルでその名を世界にとどろかすアンリ・ルルーのキャラメルと、それからマカロン。厳密には、マカロン・オ・キャラメルというもので、新宿伊勢丹限定なのだそうです。チョコ味のマカロンと、花型のプレーンマカロンの間に、いろんな味のキャラメルクリームが挟んであるそうです。かわいいので思わず購入。


キャラメルのほうは、クリスマスツリーのオーナメント風の容器に入ったものがあったのでそれを(飾るツリーはありませんが)。オレンジ色のは秋冬限定のオランジュ・ジャンジャンブル(オレンジ×しょうが)、緑のはクリスマス限定のエピス・ド・ノエル(クリスマスのスパイス)。
d0008146_0145364.jpg
それにしても、山奥にいると実感が薄いけれど、世の中すっかりクリスマス色なのですねぇー・・・。東京はクリスマスのイルミネーションがきれいでした。



+++



そうそう、今回は、一眼レフカメラを持っていったにも関わらず、1枚も写真を撮らなかった(!)。ばたばたしていたせいもありますが、ときどきiPhoneで撮って終わってしまった・・・(ドーナツ屋さんのカフェとか、変わった店先とか、銀座の中央通りとか、タパスバーとか)。



東京も、わたしが行っていた間はずいぶん暖かくて、昼間は上着を着て歩いたら暑いくらいだったのですが、その後は寒くなって、今日などは雪も降ったようですね。ちなみに、今わたしがいる山の上は、今晩はマイナス7~8度まで下がるみたいです。。どんだけ山の上なんでしょうか。
d0008146_0145997.jpg
東京の銀杏がまだ黄緑色だったのが不思議に思われる、冬枯れ色の信州です。
by zo.chika | 2011-12-09 23:57 | 季節