冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

夏のアフタヌーンティー
こんな暑い日には涼しいホテルで優雅にお茶ですよ、奥様。
e0017393_19531532.jpg





一歩、足を踏み入れればそこは涼しい別世界、新宿パークハイアット。が、そこにたどり着くまでは、自分が釜茹でそうめんのような気分になる暑さの日でした。あぢーよー。

この日のお目当ては、41階(ホテルのロビー階)のラウンジでのアフタヌーンティー。先日のサダハル・アオキでのケーキプレートに続き、これもsucre_selさんのところで記事を拝見して、いいなーーわたしも行くーーーと思っていたところ。久しぶりにsuu_naaさんと遊ぶことになったので、つきあってもらいました♪

パークハイアットでは、上のレストラン、ニューヨークグリルで食事をしたことは何回かあるのですが、ラウンジでお茶をするのは今回が初。予約は入れておいたけれど窓際の席ではありませんでした。まあ、これだけ高い場所だと晴れていても外はかすんで見えるのですが。それに、どうせ外の景色よりも目の前の食べ物に気をとられるんだけど(ふ)。

というわけでうやうやしく運ばれてきたお茶セット。
e0017393_8385476.jpg
白い布とシルバーの食器類が、あーホテルという感じ(←単純)。

そしてやってきた、憧れの3段アフタヌーンティーセットだ~
e0017393_839101.jpg
この「3段セットのアフタヌーンティー」をするのはわたしは初めてなのです。…いや、先日ロンドンでmappetさんと頂いたのは4段だったので(!)。

ここのアフタヌーンティーは、この3段セットのほかに、数種類のフィンガーフードが席まで運ばれてくるので、それを好きなだけ取っていただくというシステム。お茶はたっぷり2杯分入ったポットで来て、かつ当然おかわり自由なのですが、最初に頼んだお茶以外、何種類でも試せるというのがポイント高い。

e0017393_8384618.jpgで、最初にわたしが頼んだのは、Antu Valleyというネパール産の紅茶。色は薄め、ほんの気持ちスモーキーな感じがして、さっぱりした味。この日は朝からあまり水分を取っていなかったので、結構な勢いで飲んでしまった(汗)。

ちなみにsuu_naaさんの1杯目はRock Woodというスリランカのお茶。そっちも飲んでみたかった。おいしかったそうです^^

e0017393_8393277.jpgお茶で喉を潤して、ひとごこちついたところで、まずはスコーンに手を伸ばす。焼きたてのようで、まだ温かくほかほかでした。添えられたジャムとクリームの量はイギリス並みというわけにはいきませんが、ジャムがいちごじゃなくて他のベリー系(ラズベリーか、それ主体のミックス)だったのもわたし的には嬉しい。(いちごジャム嫌いなので。)

卵と砂糖が多めで柔らかいスコーンでした。

e0017393_8394057.jpgひと口大のフィンガーフードがトレーに載って運ばれてきたので、手始めに2種類。カプレーゼ仕立てのジュレ(トマト、バジルのペスト、モッツァレラがゼリーの上に載っている)と、生ハムを巻いた生のいちじく。

いちじく、うまーーー
個人的には、これをさっと焼いてあったりすると、もうたまらん、という感じです。

e0017393_8395030.jpgトレーに載った食べ物、その2。今度はデザート系です。4種類あったうち、わたしが取ったのはマスカットのジュレとオレンジのパンナコッタ。どちらもおいしかったのですが、パンナコッタのほうは、かすかにアニス系のお酒の香りがしたので、それがなければもっとよかったな。

もう2種類は、ラズベリーのジュレと、葛きりとメープルシロップのジュレ。suu_naaさんはこちらを取ってたので、交換こしました。どっちもおいしかったです。

e0017393_8392361.jpg昼食代わりなので、サンドイッチもしっかり食べます。というか、サンドイッチはどれもとってもおいしかった。特に卵サンドみたいなやつは、何気なく食べたらスモークサーモン入りですごくおいしかったので、もっと味わって食べるんだったと後悔しました(汗)。

さて、ちなみにこの間に、お茶をお代わりしています。わたしはダージリン、suu_naaさんはRuhunaというこれまたスリランカのお茶。ダージリンは、まあ普通でした。で、それも飲みきってしまったので、ここらでアイスティーに移動(?)。

ホットのお茶はポットで、アイスティーはグラスに入って来ます。で、このグラスがまた、アメリカのファーストフード店で頼むラージサイズのソーダですか?というデカさ(例えが低俗ですみません)。カップ2杯分入ったポットのお茶と同じか、それ以上の量が入っているに違いない。
e0017393_840841.jpg
ホットのお茶は全体的に、フレーバー付きでない、茶葉の味をストレートに楽しむ紅茶であったのに対して、アイスティーのほうは果物類を多用した、カクテルのような趣のものばかりで、こちらも興味深い。まず頼んだのはPink Submarine(ライチティー、ピンクグレープフルーツジュース、ラズベリーピュレ)という、真っ赤なお茶。香りは甘いけれど味はさっぱりでした(好みで入れるようシロップがついてくる)。suu_naaさんのはOriental Delight(ゴーヤティー、パッションフルーツジュース、黒糖シロップ)。ゴーヤ茶だけあって、苦い!ゴーヤチップスもついてました。

e0017393_83942100.jpgでは食べ物に戻りま~す(はい、まだ食べ途中です)。焼菓子のプレートは、フルーツケーキにチーズケーキ(たぶん)、レモンクッキー。クッキーにはレモンカードつき。これがおいしかったです。

ちなみに写真は2人分です。念のため書いておくと、食べ物はどれも小さいんです。ほんとに。


e0017393_8402750.jpgこちらはフィンガーフードプレートより。ごまのグリッシーニと、クロスティーニ(バタークリーム?で和えたドライフルーツがクラッカーの上に載っている)。

これで本日のフィンガーフードは全種類制覇。案外、種類少ないですね(えっ?)。

e0017393_840362.jpg飲んでも飲んでも減らないよー、といいつつ、いつの間にかアイスティーも飲みきったので、2杯目いきます。こちらはCoral Reef Shake(セイロンティー、グアバジュース、パイナップルジュース)。…むむ、この組合せは、、、こないだ作ったゼリーと一緒だ~。いや、元ネタは2年前にホノルルで(ひと口)(しかも、suu_naaさんと一緒に!)飲んだお茶なんですが。こちらでは3層ではなく、全部ガシガシ混ぜてありました(名前もシェイクだし)。お茶というよりは、ジュース。

e0017393_8401112.jpg一方、suu_naaさんが頼んだのは、Oasis Tea Punch(ドライフルーツティー、シークァーサージュース、ハニーシロップ)。ドライフルーツティーってどんなのだろう、と言っていたら、ハイビスカスのような、ローズヒップのような、真っ赤でさわやかなお茶でした。ビタミンCです!みたいな味。

個人的には、アイスティーのなかではこれがいちばん好きな味だったかも。

ところで。
e0017393_8405597.jpg
この日は、暑かったのです。ここはホテルの中なので、空調も(涼しすぎず)いい感じに効いていたのですが、座った席が西側で、高~い天井とおおきーい窓から日差しがガンガン入ってきて、まぶしいし暑い。もちろんブラインドはあったものの、何せ西陽なので、薄いブラインド1枚ではどうにもこうにも。途中からふたりとも、頭が朦朧として、行き倒れるかと思いました(いや、座ってるんですが)。あの直射西陽光(?)がなければ、さらに快適だったんだけどなー。

まあ、なんだかんだといいつつも、優雅にお茶をガブ飲みしているうちに、アフタヌーンティー用の食べ物のラストオーダーが近づいて参りましたので、最後にもういちど、食べたいものを取る。
e0017393_8405643.jpg
マスカットのジュレ、クロスティーニ、いちじく×生ハムが今日のお気に入りでした。

e0017393_8403087.jpg外はすっかり西日になりました。〆はやはりミルクティーでしょう、ということで、ウバとアッサムを頼んで2人ではんぶんこ。1個残しておいたスコーンとともに最後の1杯(いや、2杯)を楽しみました。

は~、満足。

てなわけで、のんびり優雅に過ごした週末の午後、約3時間。アフタヌーンティーのメニューに載っていたお茶、ホットの紅茶6種類にアイスティー4種類、2人で全制覇です。飲んだお茶の量は、どう少なく見積もってもひとり2リットルは超えます。優雅、、(か…?)

こちらのアフタヌーンティーは、安価とはいいませんが、食べ物は普通においしくて、ホテルならではの雰囲気がゆったりと楽しめて、これだけお茶がいただけて、個人的には納得のいく内容だったかなと思います。たまにはこんなぜいたくしてもいいよねー、と思わせます。
e0017393_8411697.jpg
これで、また暑いなか電車乗り継いで家に帰らなくて済んだらサイコーなんだけどね~。
by zo.chika | 2005-08-07 11:25 | 一日一膳