冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

今度こそチーズケーキ
またそのケーキですか、、、と思ったそこのあなた!
d0008925_19372167.jpg
ええ、そうです、またあのマーブルチーズケーキですとも。




でも今回のはちょっと、違います。…何が違うかというと、、、creme fraicheの代わりにマスカルポーネチーズを使ってみたところ。日本ではクレーム・フレッシュが見つからないので(少なくとも売っているのを見たことがありません。どなたか売っているのをご存知だったら教えていただきたいです)、このケーキを日本で作るときはサワークリームで代用するのですが、先日ふと、マスカルポーネを使ってみたらどうかと思いついた。

マスカルポーネチーズ以外の分量は基本的に同じにして(元レシピはJoanne Harris & Fran Warde のMy French Kitchen: A Book of 120 Treasured Recipes (2003, William Morrow)で、リキュールはカルーアではなくベイリーズ使用)、チーズは心もち多めに入れてみた。本来はチョコチップクッキーで台を作るのですが、今回は時間がなかったので省略。

前回は、クリーム生地にチョコを混ぜたら固~くなってしまって、マーブル模様を作るのに苦労したわけですが、今回もまったく同じ問題が発生。前回は暖かいハワイ、今回は寒い日本で作ったのだけれど、、、なんで~~??

そんなわけで、今回も「マーブル…ですか??」というミタクレに(涙)。
d0008925_19373487.jpg
で、肝心の味のほうは、ぶっちゃけ、クレーム・フレッシュで作ったものと比べて、劇的な違いはなかったような。生地を作っている最中に味見をした段階では、ほんとに全然、差を感じられなかったほど。でも、型に入れてひと版冷やして食べたときのほうが、マスカルポーネの味がはっきりと感じられました。

チーズが入っていないのになぜか「チーズケーキ」という呼び名のこのケーキ、今回は正真正銘チーズケーキになりました。…もっとも、日本ではマスカルポーネがバカ高いので、単にクレーム・フレッシュの代用とするだけならば、サワークリームのほうが手軽ではあります。

ちなみにこれを作ったのはもう何週間も前。ブログに載せるのをあやうく忘れるところでした(汗)。それにしても、もうとっくに食べ終わって存在しないケーキについて記事を書くって寂しいものがありますね…。また食べたくなった。。。

関連記事
マーブルチーズケーキ
サフランとしょうがのチーズケーキ
抹茶マーブルチョコレートチーズケーキ
by zo.chika | 2005-04-07 22:21 | 一日一膳