冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

秋にバラの香り
d0008146_235878.jpg
え、バラには見えない? いやいや香りの話ですから、、ということで。






夏の果物をさんざん引っ張ったところで、ようやく秋の果物に手を出しました。
d0008146_2351124.jpg
りんごです。早いものは8月の初めのころには既に出ていたけれど、やっぱりりんごは寒くなってからのもののほうがおいしいので、まだもう少し待ってから、と思っていたのですが、先日、近所の産直でおもしろいものを見つけて、つい買ってしまったのがこれ。「ローズハスク」という品種で、なんとバラの香りがする!のだと。鼻を近づけてくんくんと匂いを嗅いでみると、確かに普通のりんごとはちょっと違う、甘いバラのような香りがするではありませんか~。


で、添えてあった紙には「玄関や車の中に置いて香りを楽しめます」などの説明のほかに「食べても大丈夫です」というひと言が。。食べても大丈夫、って、、それってどういうこっちゃ?食べられるけどおいしくないってこと??と不思議に思い、売り場の方に聞いてみたのですが「初めて入ってきたばかりで、わたしたちも食べてないのでわかりません」とあっさり言われ(汗)。でもまあ値段も安かったし、いい香りだったので、興味本位に買ってみたのでした。


帰宅してから調べてみたところ、主に観賞用の品種だけれど食べても差し支えはないとのこと(要は「食べても大丈夫」ってことですね)。とりあえず部屋に置いて香りを楽しみつつ、「これでジャム作ったらバラの香りのジャムができるのかねぇ?」と面白半分で試してみました。
d0008146_235154.jpg
というわけでこれ。皮は剥いて身と分けた後、一緒に鍋で煮込んで色を移すという作り方で、だいたいこんなレシピを参考にしました。えーっと写真の色がいまいちですが(汗)、実際はオレンジがかったピンクという感じ。いずれにせよ、「バラ」と聞いて一般に思い浮かべる赤とかピンクとはちょっと違うかな。でもこれ、何年も前にオーストラリアのワイナリーで見たこんなバラをふと思い出しました。


このりんご、ひとつ前の写真だと、ぱっと見には真っ赤に見えますが、実際は黄色い部分が多く、そのせいもあって黄色というかオレンジが強くなったのかなと思います。たとえば紅玉なんかだともっとピンクになるだろうなと。あ、ちなみにジャムは、いい香りではあったけれどバラの香りはしなかったかなー。。やっぱり火を通すと変わるのでしょうかね。


それでも懲りずに、他にもちょこちょこと。
d0008146_2351890.jpg
ウォッカに漬けて自家製りんご酒を作りまーす。去年ブランデーに漬けて作ったものは、期待したほどにいい香りでもなかったので、今年はどうしようかなぁと思っていたのですが、こんな実験(?)を見つけたので試してみることに。数日ごとに中身のりんごを入れ替えて漬けこむという方法です。それでフレッシュな感じのお酒ができるといいんだけどなー、と期待しつつ。


そして焼き菓子も。
d0008146_2352170.jpg
えーっと、、ケーキ生地の上にスライスしたりんごをバラの花びらに見立てて並べて焼いてみたんですけど、、バラに見えますかねぇ・・・?それより何より端が焦げているほうが気になりますが(涙)。ま、焦げたのを除けばなかなかおいしかったです。このお菓子についてはまた今度。


さらに懲りずにバラに挑む。
d0008146_2352324.jpg
今度は冷菓で。上記のジャムと同様、皮と身を分けて一緒に煮て色を移したコンポートです。水に白ワイン、砂糖、レモン汁を少し加えて静かに煮たあと、ゆっくり冷まして色を移します。完全に冷めたところでスライスをぐるぐる巻いてバラの花に見立てるのですが、、見えーーん(号泣)。かなり薄くスライスしたつもりなのですがこうやって見ると分厚いし、しかも身が柔らかく煮崩れまくりで、なかなか形にならなーい。ただでさえ手先が不器用なわたしには、ちょっと難易度が高すぎました・・・。


ところで実は、白ワインではなくロゼワインにして、がっつりピンク色に染めたい衝動に駆られたのですが、このちょっと色あせたようなオレンジがかったバラも、それはそれでいいかなと思い直して、りんごの皮の色だけにしたのでした。で、りんごを煮たあとの煮汁にロゼワインを足して、ゼラチンで固めてゼリーに。


ま、全体的にはそこそこかわいいデザートができたのではないかと。いや、わたしにしては可愛らしすぎたかも(汗)。ま、味は普通においしかったのでよしとします。
d0008146_2352519.jpg
ちなみにこのりんご、手を加える前にひと口生で食べてみたのですが、、まぁ生で食べることはないかなーという味でした。だって生でおいしいりんごなら他に山ほどありますしね。火を通せば普通においしく食べられたので、とにかく香りを楽しんで、それからちょっと手を加えていただく、というのがいいのかなと思いました。



***



りんごの話をしたところで、ついでにお知らせがあります。昨年度まで何度か当ブログでご紹介した信州立科産のりんご販売ですが、当方の都合により本年はインターネット上での販売を実施しないことになりました。毎年続けてたくさんの方にご購入いただき、今年も楽しみにお待ちいただいていた方がいらっしゃいましたら、ご期待に添えず、本当に申し訳ありません。どうかご了承をいただければ幸いです。

これまでご愛顧をいただき、本当にどうもありがとうございました。
by zo.chika | 2011-09-21 23:57 | 一日一膳