冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

夏の盛り 初夏の花を楽しむ
d0008146_23424084.jpg
えーっとこれを撮ったのは確かまだ7月の、、(汗)





6月の終わりにロンドンを訪れた際にお世話になったmappetさんのお宅で、お土産に自家製のエルダーフラワーコーディアルをいただきました。
d0008146_239578.jpg
わたしは昔からこれが大好きで、イギリスを訪れたときはもちろん日本でも買ったりしていたのですが、数年前に初めて自家製(@mappetさん)をいただいて飲んだとき、その風味のよさに大感激したものでした。で、今年も作られていたのを、「わたしの分も取っといて~!!」とお願いしておいたのでした。
…あ、今思ったけど、私に取っておいてもらった分じゃなくてmappet家の分をがぶ飲みしてました。はっはっは。


・・・えーそれで、お土産にいただいた分は、大事に包んで日本に持ち帰ってきました。
d0008146_2475365.jpg
しゅわわ~~っと。


折しも日本は7月から猛暑で、涼しい信州の山の上といえども昼間は暑い暑い。なので、冷たい炭酸水で割ったエルダーフラワーコーディアルは格別のおいしさでした。
d0008146_2475532.jpg
mappetさんのお宅では、庭に咲くバラを愛でながらいただきましたが、うちにはバラはない(たぶん)(←花木に疎すぎてわからない 汗)。ので、庭に咲いている花のなかから、わたしの大好きな紫陽花を飾ってみました。ほら、白くてエルダーフラワーにちょっと似ているし(え、全然似てない??)。


ときに、この写真を撮ったのは7月の終わり頃。
d0008146_2533314.jpg
そこで疑問になるのが「紫陽花って梅雨の頃(=6月)に咲く花じゃないの??」ということ。どうも、このあたりでは7月の末になっても普通に咲いているもよう。。やはり気温が(東京などよりは)低いせいなのでしょうか?ここのうちは日当たりが悪い 日陰が多いので、特に遅いのかもしれません。ちなみに今現在、8月も半ばですが、まだ普通に咲いています・・・。


さて、エルダーフラワーコーディアルに話を戻しますと、そのまま水で割って飲みきってももちろんよかったのですが、またしてもちょっと何かがしたくて、簡単なお菓子にしてみました。
d0008146_2582292.jpg
いろいろ作りたいものはあったのですが、時間の関係等で唯一できたのがこれ。いちごとミントとエルダーフワラーのシャーベットです。


参考にしたレシピはこちら。本来は、生のいちごをミントの葉とエルダーフラワーコーディアルで軽くあえたものを、シンプルないちごのシャーベットに添えて食べるというものなのですが、7月に入っても店頭に並んでいた信州産のいちごが、ぐずぐずしているうちに消えてしまったので(涙)、辛うじて冷凍してとっておいたものを使ってシャーベットだけを作ったのでした。で、シャーベット自体にミントとエルダーフラワーコーディアルを使ってみた次第。


すっきりさわやかでおいしかったけれど、ちょっとエルダーフラワーの香りがミントに負けてしまったかも。バニラアイス(これは市販品)と一緒に食べたらおいしさ倍増でした。
d0008146_2582562.jpg
ちなみにこの花も庭の紫陽花。これはうっすらピンクが控えめでかわいい~と思っていたら、今頃(8月)かなり色が濃く元気に咲いているようです・・・。


ところで、エルダーフラワーといえばこんなものがありました。
d0008146_315980.jpg
今回イギリスにいる間に、「最近、ベリーとかの変わったフレーバーのシードルをよく見かけるような気がする」と友人が言うので、そうなの??というわけで、スーパーに寄った際に探してみたのです。確かにいろいろあったので、試しにいくつか購入。


右のふたつはRekorderligというスウェーデンのブランドのもの(ワイルドベリー・ストロベリー&ライム)。真ん中のSavannaというのは特にフレーバーがついているわけでなく前から見たことがあったのですが、今調べたら南アフリカのブランドでした(!)。で、左のが問題の(?)エルダーフラワー&ライム風味のシードル。Kopparbergというブランドのもののよう。


・・・で、これだけ買ったのに、最後は時間がなくてひとつも飲めなかった~!!!(号泣)。荷物にも入らないのでぜんぶ友人のところにおいてきたのですが、おいしかったのかなぁ・・・(遠い目)。
d0008146_3323145.jpg
というわけで、悔しいので(?)自分でやってみました、エルダーフラワー風味のシードル。ってただシードルにエルダーフラワーコーディアルを足しただけですが、これ、なかなかでした。たぶん売ってるのとは違うと思うけど、、。次回イギリスに行ったときはぜひ本物を試してみようと思います。


さて、エルダーフラワーとは関係ないのですが、ついでなので(?)イギリスで買ってきたものをもうひとつ。
d0008146_3371083.jpg
チョコレートです。予想外に天気がよく暑かったイギリスから、予想どおり晴れて暑い日本にチョコレートを持って帰るというのはどうかと思うのですが(汗)、いろいろおもしろいフレーバーが並んでいて、ついつい。。こちらはHotel Chocolatというイギリスのブランド。あんまり聞いたことのない名前だなーと思っていましたが、2004年には一号店がオープンしていたようです。ちなみに、なんでホテル??と思っていたら、ちゃんとホテルもあるようです(!)。


普通なのから変わったのまでいろんなフレーバーがあるなかでわたしが選んだのは「お菓子系(?)」なもの。板チョコはそれぞれイートン・メス、ミシシッピ・マッド・パイ、レモンチーズケーキ味。ご覧の通り、板チョコがクリームやらクッキーやらでデコレーションされて、見た目もかわいい。これは小さいものですが、500g(!)の巨大版もありました~。
d0008146_336251.jpg
ころんと丸くて小さいのは、フィリングをチョコレートで包んだもの。こちらもイートン・メスと、もうひとつはルバーブのフール。


ときに、「イートン・メス(Eton mess)」とは何ぞや、と思われる方もあると思いますが、焼いたメレンゲを砕いたものと、いちご、クリームを混ぜ合わせたもの。一方「フール」は、季節のフルーツにカスタードクリームと生クリームを重ねて層にして供するお菓子。どちらもイギリスのお菓子ですね。
d0008146_336419.jpg
こちらはまぁ、チョコレート菓子なので、イートン・メスとかルバーブ・フールとかよりもチョコレートの味なんですが(そりゃそうだ)でもなかなかおいしかったですよ。指でつまむとみるみる溶けていくので、慌てていただきました。アイスティーとともに。



+++



今回は、ともかく手荷物に余裕がなかったので、イギリスからはほとんど食べ物を買って帰ってきていません(涙)。チョコレートと、ポテトチップスと、あと紅茶をひと箱買ったくらい。のんびりスーパーを物色する時間の余裕もなかったし。次回はぜひ手荷物も時間ももう少し余裕のある旅にしたいものです。。


それにしても、この記事は7月中にまとめる予定だったんですけど、、もう8月も半ばってどういうことなんでしょうか(大汗)。今回訪れた場所のなかでは、イギリスがいちばん早く記事が片付くはず、と思って手をつけたのに、、残りは冬になる前に更新できるんでしょうか…? (←既にハードルが低すぎ)
d0008146_3563393.jpg
ともあれ、日本はまだ夏も真っ盛り。毎日毎日暑いですが、皆様どうぞ引き続き体調に気をつけて、よい夏をお過ごしくださいね。
by zo.chika | 2011-08-12 23:43 | 一日一膳