冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

はしご@丸の内
e0017393_23312373.jpg
週末でも買い物客で賑わうようになって久しい丸の内で日曜、あの方にお会いしてきました。




アメリカはカリフォルニアから日本に一時帰国中のConnieWestさん。ご予定があって東京にお越しになるということで、そのついでにお時間をいただいてお会いすることになりました。もちろん初対面で、お互いの顔がわからないので、待ち合わせに際しての目印は、ConnieWestさんブログのアイドルPuttPutt。彼のおかげで問題なくお会いすることができました。
^^
(この日の様子は、ConnieWestさんのブログではこちら。でもこの1枚も見逃せませんっ!)

この日の待ち合わせは、ここなら昼飯場所にも困らないでしょ、ということで丸ビル。そういえば丸ビルに来るのはとっても久しぶりでした。お会いしてから、そのときの気分でテキトーに決めて入ったのがCasablanca Silk。フレンチ風のベトナム料理の店だそうな。並ばずに座れてラッキー。

メニューはコース2通りのみで、この日はこのあとお茶タイムが控えているので、ここは軽いほうを選択(といってもわりと充実してました)。

e0017393_23322525.jpgまずは前菜盛り合わせ。手前から:
小柱とゴーヤのサラダマンゴーチリソース
枝豆を入れた豆腐のなめらか茶碗蒸し
椎茸とトマトのガーリック風味
海老と青じそのサラダ生春巻き。

しいたけ以外はおいしかったです(だってわたしはしいたけ嫌い。噛まずに丸のみ)。特に春巻きは香菜(これも嫌い)じゃなくて大葉なのがポイント高い。

e0017393_23324628.jpg次は肉料理。3種類のなかから選ぶことができ、ここはふたりとも「滋養鶏とたっぷり野菜のアジアンカレー ジャスミンライス添え」を選択。最近、夏野菜のカレーが食べたい気分だったのでちょうどいい。

なすやズッキーニのほかに、さつまいもが入っているのがちょっと変わっているかも。文字通り野菜たっぷりで、満足!

e0017393_23334619.jpgそして麺料理。フォー3種類のなかからわたしが選んだのは「アサリとハーブ ライムのきいたフォー」。こちらは予想通り、わたしの天敵である香菜がっつりでしたが、ガサっとヨケていただきました。さっぱりしておいしかったです。

…ええと、これでも少ないほうのメニューで、一品あたりの量はかなりお上品に控えめだったのですが、それでも結構ボリュームがありました。

e0017393_23333824.jpgが、コースにはデザートと飲み物もついていたため、食後に自動的に運ばれてきたのがこちら。ピンクのはたぶんグァバのシャーベットで、白いのはおそらくチーズのムースです。軽めでおいしい。

ここでの~んびりしてもよかったのだけれど、本日はこの後の予定も控えているので、ぼちぼち移動。丸ビルから丸の内通りをテクテク有楽町方面に進んで(微妙に遠回りしつつ 汗)到着した次なる目的地は、patisserie Sadaharu Aoki。今年3月に丸の内にオープンしたこのお店に来るのは、わたしは前回に続いてこれが2度目。

ここしばらく、マカロンのネタがしつこく登場するこのブログをご覧になったConnieWestさんが、東京に来たらマカロンを試してみたい!ということだったのと、最近sucre_selさんのブログでここの店のカフェでケーキ盛り合わせを召し上がった様子をご紹介されていたのを拝見していて、おお~、わたしも!と思っていたということで、本日のお茶はここに決めていたのでした。

相変わらず混雑している店内で、恐れていたほど長々とは待たされずに席に通され、いちおうメニューは見つつ、今日のお目当てはもう決まっていたので即、注文。そして到着したのがこちら。
e0017393_23343972.jpg
種類はそのときによって違うみたいですが、とりあえず6種類。ここの店で通常販売しているケーキはかなりデカいので、これくらい小さくないと複数は試せないです。

e0017393_2334503.jpg以下、食べた順番につらつらっと。ケーキの名前はうろ覚え、内容は覚えきれず(汗)。

紫のマカロンが鎮座まします姿がインパクトのあるこちらは「プロバンス」。南フランスのプロバンスをイメージしたケーキとかで、上のマカロンもすみれ味。中は桃とか入ってた模様。花のような香りがしておいしい。

e0017393_233532.jpg抹茶のオペラ「バンブー」。これは前回も食べたもの。で、前回も思ったけれど、このお店の抹茶のお菓子は日本の抹茶のお菓子とは味が違う。やっぱり日本じゃなくて外国の味。
(写真がブレててすみません)

e0017393_2336176.jpgオレンジ味の「バランシア」、こちらも前回食べています。チョコレートのケーキなんだけれど、オレンジ味が効いていてさっぱり風。

前回は買った翌日に食べて、今日は作りたてだったせいなのか、前回よりもおいしく感じました。

e0017393_23361714.jpgこちらは…名称失念。何種類かあるチョコレートケーキのうちのひとつらしいです。カシスが入ってました。以上。

e0017393_23363925.jpg黄色と赤が鮮やかな「ソレイユ」。その名のとおり太陽をイメージしたらしいです。パッションフルーツとか、南国の果物の味がしやんす。

e0017393_2336167.jpgそして最後はもうひとつチョコレートケーキ、こちらは「モンドール」。金の山、という名は、贅沢な材料をふんだんに使ったから、ということらしいのですが、どんなぜいたくな材料が使われていたのかは定かではありません。とにかく濃厚。

6種類、それぞれ個性があっておいしかったけれど、自分的に好きだったのは「プロバンス」と「バランシア」かな。オレンジ系のお茶とともにいただきました。

…さて。前回も書いたように、ここのケーキはとにかく甘い。日本人シェフのお店とはいえ、やはりパリの店。日本じゃなくて外国の味がします。容赦なく甘いのです。ここで盛り合わせてあったケーキは、ひとつひとつはもちろん小ぶりで、それがパンだったらひと口かふた口で入る小ささなのですが、何せいろんな味が盛り込まれているし、とにかく甘いので、相当に食べ応えあり。どっしりアメリカンなスイーツも実は結構好き、というConnieWestさんも、さすがに最後は「ギブだ…」とおっしゃっていました。

さて、そのConnieWestさん。いつも朗らかな文章で、観光ネタやご飯ネタなど幅広いお話を、ときに面白おかしく、ときにまじめに綴られるブログは前からファンだったので、今回ちょっとしたお渡しものをするついでにお会いできることになったときはとても嬉しかったです。その日が近づいてきたら、そわそわしすぎて、肝心のお渡しするブツの存在を忘れそうになったほど(汗)。いかんいかん。

e0017393_23371043.jpgConnieWestさんがくださったお土産のひとつがこちら、Yankee Candleのキャンドル。「zochikaさんのイメージで選んだよ」、ということだったので、わくわく開けたらセージ&シトラスのさわやかな香りのキャンドルでした。

そう、わたしってばさわやか系なのですよ!(ほほほっ)

面白くて、優しくて、でも頼りになるおねえさん、という印象をもって待ち合わせ場所に向かったら、ゴージャスなマダムがいたのでびっくり!でもお話してみたら印象どおりで、かつ想像していた以上にステキな方で、また嬉しくってテンション高くしゃべりまくってしまいました。途中、イタタタなおばさまと隣りあわせた以外は、ひたすら楽しい午後でした。

さらにアコガレのPuttPuttにもご対面できて感動しきり。ツーショットも撮っていただきました。もう、満面の笑みでございました>自分
そのまま連れて帰ってしまいたかったけれど、彼はConnieWestさんのお宅の大事なご次男。泣く泣くお返ししました(当たり前)。今度はわたしがカリフォルニアに赴いて、三食昼寝PuttPuttつきの生活を満喫させていただく予定です(と勝手に決めてます 汗)。
e0017393_23365776.jpg
あと1週間ほどでアメリカに戻られるというConnieWestさん。ほんとにお会いできて楽しかったです。ありがとうございました!
by zo.chika | 2005-07-31 23:57 | 一日一膳