冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

春のつぼみ
相変わらず桜はまだですが
d0008146_23392439.jpg
茶色一色の冬の山に、少しずつ春の色が見えてきました。





春の山菜が出てきましたね。
d0008146_0431566.jpg
ここ数週間の間に、知人にいただいたり、産地直売所で買ってきたりして何度か食べているふきのとう。これは山に行ったついでに採ってきてもらったものです。


わたしは普通の(?)蕗はあまり好きでない(というかむしろ苦手)なのですが、ふきのとうは結構好きです。もっとも、好きと言っても、東京にいるとパックに何個か入ったのが売られている程度で、天ぷらにして1~2個食べる程度でした。しかし山にいると、なんせそこらの土手に生えているし、産直でも山盛り売っているので、かなりがっつり食べる食べ物のようです。


そんなわけで、買ったりもらったり採ったりして山盛りあるふきのとう。シーズン最初のは天ぷらにしてたくさん食べ、母がいつも作るというふき味噌を作ったあと、今年はちょっと目先の違うものを試してみました。
d0008146_045227.jpg
ふきのとうの塩漬けです。Twitterでなぜか外国の方から教えてもらったふきのとうの食べ方で、へーっと思いネットで検索して適当に作って(もらって)みました。ふきのとうはさっと湯がいてよく水気を取り、粗塩に埋めておくだけ。(生のまま塩に漬けるやり方もあるようですが、あくが強いので湯がいたほうがいいかなと。)


1~2日後。
d0008146_0451774.jpg
瓶の蓋を開けると、ぷわ~んと蕗の香り。塩は全部水分で溶けるんじゃないかと思っていましたが、塩の粒も結構残っていましたね。さっと水洗いして刻んで薬味にしたりするそうですが、今のところ、塩がついたままキャベツの塩もみに混ぜたり、炒め物にちょこっと足したりして使っています(母が)。ふき味噌同様に保存食ですが、ふきだけの味で旬が終わっても食べられるので、これはいい食べ方を聞いた、と思いましたよ。


ところでそういえば、ふきのとうが生えているところを見たことがないんだよねー、というわけで、今日は外出がてら連れて行ってもらいました。
d0008146_0595564.jpg
おお、生えてる生えてる~
d0008146_101273.jpg
つぼみというより、すっかり花開いちゃってますけどね、、今の時期はもうこんな感じらしいです。ちょっと遅かったのね。。でもこれでも十分食べられるそうなので(今日、産直で売っていたふきのとうもこんなのだった)、ぶちぶちと摘んできました。枯れた草木に埋もれて鮮やかな黄緑のふきのとうが顔を出すさまは、眠っていた山が少しずつ起きてきたんだなぁ、と感じさせる光景でした。


それにしても最近ずっと本当に引きこもりだったので、全然外の様子を見ていなかったのですが、ひさびさに落ち着いてあたりを見たら、少しずつですが春の兆しが感じられました。花はつぼみがふくらみ、茶色一色だった景色にも、少しずつ色が戻っていました。
d0008146_104080.jpg
d0008146_111051.jpg
d0008146_135739.jpg
d0008146_155795.jpg
かわいらしいピンクに思わず立ち止まる。これは桃の花?(違うかも)
d0008146_193619.jpg
このあたりは、桜は全然まだなのですが(固いつぼみの状態)、こんなピンクの花を見ていたら、急に本当に春なんだ!という気分がしてきたのでした。


あ、そうそう、庭の梅の木も花が咲いてました!
d0008146_19549.jpg
先週はかたいつぼみだったのがしっかり花開いていました。おいしい梅をならせておくれ~ (←結局は食べるほうが気になる)。


ここ数日は昼間は20度くらいまで上がっているので(朝は氷点下だったりしますが、、)、これであと桜が咲いたら、山にも本当に春が来るのだと思います。
d0008146_130216.jpg

by zo.chika | 2011-04-14 23:46 | 季節