冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

旅から帰って、まだ食べる
e0017393_22374317.jpg
行く先々で食べまくっていた今回の旅行ですが、日本に帰ってからのお楽しみというのも忘れてはなりません。旅行の帰りに荷物が行きの3倍近くに膨れ上がるのは当たり前(か?)。




海外に行って自分のために買って帰るものは、圧倒的に「食料品」です。旅の思い出にむせび泣きつつ(嘘)、日本でちびちび食べるのがまたよし。今回の旅行でもかなりいろいろ買い込みました。食料品関係以外にも買い物はしてるのですが(服とか)、ここでは食べ物関係に限ってご紹介します。もう消えてなくなったものもあれば、まだ開けずに取ってあるものもあります。

ちなみに、去年のヨーロッパ旅行の土産はこちら。今年はさらにパワーアップしてます…(汗)。

回った順ということで、まずはイタリア。

e0017393_2239452.jpgパスタいろいろ。いちばん手前の黄色いのは、よく見えませんがCampanellaというひねった形のショートパスタ。卵入りのパスタが結構好きなのでひとつ。その向こうはライスパスタ。小麦粉ではなく米で出来たパスタ、要はビーフンみたいなものか?と思いつつ、ペンネの形がめずらしくてげっと。奥の2つはおなじみDe Ceccoですが、GnocchiというショートパスタにZitiというロングパスタ。どちらも日本で見たことがないので購入。

e0017393_22392134.jpgおなじみLindtの、これはチョッコラータ。まあ要はココアなんですが、イタリアのものは濃い!とt-fortunatiさん記事で見ていたので試しにひとつ。

これから暑くなるってのにこんなもん買ってどうするかな、、、と思いつつ、先日1杯試してみました。はい、牛乳入れ過ぎたらしく、普通のココアになりました。

ここでは、まだロンドンとパリへの移動が残っていたので、あまり大物買いができず、こんなもんでした。が、最後に空港で駆け込み買いを少々。
e0017393_22411444.jpg
Baratti & Milanoのチョコレート。

e0017393_22415147.jpgここのチョコは、ずっと前にこのヘーゼルナッツプラリネの2色チョコをLAのJoyceさんに頂いて以来のファン。今回はそのレモン版と、ジャンドゥーヤ、ブラックの板チョコをげっと。板チョコ以外は全部試しましたが、どれも口どけなめらかで、ウマしです。

e0017393_2242420.jpgPastiglie Leoneのちょっとレトロな包装の飴。日本で見たことあるなー、とも思ったのですが、エスプレッソの絵がかわいかったのでついつい。

イタリアではもっとパスタソースとか、オイルとか、チーズとか、欲しいものはあったのですが、この先のことを考えてがまんがまん(これで?)。
e0017393_22425566.jpg



さてロンドンでは、あとはパリに行くだけだし…ということで、やや勢い増し気味。

e0017393_22432844.jpgイギリスの大手チェーンスーパー、TescoのWhole Wheat Muesli。

ええと、これについては、去年のヨーロッパ旅行でも買って帰って、そして去年の日記に書いたことが、まったくそのまま今でも当てはまります。要は、数あるミューズリのなかでもココのコレがわたしはいちばん好きで、あるとついつい食べ過ぎる、ということです。

e0017393_22434237.jpgこちらはスーパーで見つけたチョコ菓子。「Little Notions...」というシリーズで、パッケージがかわいかったので3種類まとめ買い。

e0017393_22441446.jpgホワイトチョコ&ココナツのウエハース、ラズベリーヨーグルト入りホワイトチョコ、レモンチーズケーキバーの3種類。

味はまあ、甘甘で、普通においしいのですが、この「残りは半分こしよう…」とか「これが最後のひと口…」とか言いながら食べちゃうキャラクターがちょっとかわいい。

e0017393_22445649.jpgこちらはうってかわって高級チョコ。ロンドンのデパートLibertyのチョコ売場で購入。いずれもイギリスのものです。
大きいのはRococo Chocolatesのもの。いくつかのブログで見て、試してみようと思っていたので、たまたま見つけて嬉しかったー。とりあえず数種類のバーの詰め合わせ購入。まだ未開封。
手前のちっこいのは、KSHOCOLATという店のレモン&ペッパー風味。グラスゴーというおよそオシャレとは思えない(失礼)地のものなのですが、いかに。

そして同じ日に、別の高級デパートHarvey Nicholsでもチョコ買い込みに走る。
e0017393_22451626.jpg
Booja Boojaのチョコ。これは去年さがみさんが手土産に持たせてくださって、おお、うまい!と感動したもの。そのときいただいたのはHazelnut Crunch Rocherで、今回はどれにしようか…と思っていたら、6種類詰め合わせという非常にキケンなものがあったので、うろうろ迷った挙句、エエイとこれに決定。
e0017393_22453637.jpg
ヘーゼルナッツクランチのほかにコニャックでフランベしたバナナ、エスプレッソ、ジンジャーワイン、シャンパン味入り。どれもおいしかったけれど、やっぱりヘーゼルナッツクランチがいちばんかも。

e0017393_22454853.jpgAmedeiのダークチョコ。…えーとこれはイタリアのチョコなんですが、、買ったのは同じくロンドンのHarvey Nichols(ここはホントにチョコの種類が多くて迷いまくりでした)。

日本で買うと恐ろしく高かったように記憶しているのですが、ここでも高かった。でもこれは小さいので買ってみた。まあ、普通においしいダークチョコでした。他の種類にすればよかったかな…。

e0017393_22461286.jpg甘いお菓子はこれくらいにしておいて(汗)、こちらは塩味の雄(?)ポテトチップ。イギリスといえば、なWalkersのクリスプスの小袋詰め合わせです。スイート・チリ、ラム&ミント、ソルト&ペッパーの3種類。個人的にはラム&ミントが結構好き。

e0017393_2247514.jpgそしてイギリスなのでお茶もたくさん。H.R. Higginsでは、去年は茶葉を購入したのですが、今回はティーバッグにしたら、1種類につき100袋(!)入りの箱しか買えず、仕方なく(?)アールグレイとアッサム、合わせて200袋購入…。ここのアールグレイは人に教えていただいて試してみたのが最初ですが、かなりスモーキーで好みの味です。アッサムは、まあまあ。

e0017393_22465533.jpgこちらは普通にスーパーで買ったJacksons of Piccadillyの緑茶。メーカーがどうの、というよりも、緑茶のアップルティーというのが珍しくて買ってみた。未開封。

そういえばレモン味の緑茶を初めて見たのもイギリスだったし、フレーバーつきの緑茶というのは日本よりも欧米で先に流行りだしたのでしょうか。

イギリスに来るととにかくジャンク菓子とお茶に走るわたし。今回は少ないほうだな(えっ??)
e0017393_22474474.jpg


そして最後はパリ。もう、あとは日本に帰るだけ!というわけで、ロンドンで既に十分重くなった荷物を抱えてのホテルまでのつらい道のりも忘れ、強気に重いもの(瓶とか)買いに走る、サルなわたし(汗)。

e0017393_22481259.jpgまずはChristine Ferberのジャム類。日本でも手に入るのですが、ここぞとばかりにガサっと買い込んでしまいました。
目玉はPierre Hermeで入手したConfiture Ispahan。ライチ・ばら・ラズベリーというエルメの銘菓「イスファハン」での組合せをジャムにしたもので、青山店では売り切れと言われて悲しかったので、ここで見つけたときは嬉しかった。その他、自分用には3種類買っているのですが、すみれ&ラズベリー以外はどれも未開封。

そしてさらに瓶モノ。
e0017393_22485565.jpg
手前はナッツのはちみつ漬け。これ大好きなんですが、日本で売ってるのがバカ高くて手が出ないのです。パリでも安くはなかったけれどとにかくげっと。中央はLe Pain Quotidienのヘーゼルナッツペースト。おいしいパンを買ってきて合わせてみたいです。奥は有塩バターキャラメルペースト。どれも甘美な響きです。すべて未開封。

e0017393_22491355.jpgこちらはBoissierで購入したチョコとお茶。mappetさん記事を拝見して、そのまんま、まねっこ。

e0017393_22492627.jpg花びらチョコは薄くて脆くて芸術のよう。ばら、ラベンダーなどのほかに、ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコに紅茶の葉っぱがついたりしています。

これは目で見て楽しむお菓子ですねー(いや、普通においしいんですが)。

e0017393_22491995.jpg…で、お茶。mappetさんのまねでキャラメルティーにするつもりだったのに、どういうわけかワタクシ、きっぱりと「バニラ味」を注文しておりました(汗)。ナゼに??>自分
バニラも嫌いじゃないけど、バニラならMariage Frèresお気に入りがある。ちなみにもうひとつはLe Palais des Thésで買った、こちらはバニラ風味の緑茶。これはめずらしいかと。いずれも未開封。

e0017393_22494579.jpgさて、お菓子とお茶ばかり買いあさっていたわけではありません。製菓材料店のG. Detouでは、製菓材料も買い込みました(…結局は一緒…??)。個人的にお買い得感が強かったのはこのバニラビーンズ10本入り。これでしばらくは、お菓子にバニラを惜しみなく使えそうです。

ええと、他にも製菓材料は買ってるのですが、それについては、また今度。

e0017393_22495865.jpg材料を買ったら道具もね、というわけではないのですが、E. Dehillerinともうひとつ別の調理器具店(名前忘れた)ではお菓子の型を買いました。荷物の量が許せば、もっと大物もほしかったんですけどねぇ(鍋とかボウルとか)。

e0017393_22502613.jpgそして、、、最終日、あとは帰るだけ!というところで暴挙に出ました。買ったのはバター。乳製品で名高いノルマンディー地方の老舗Isigny Sainte-Mèreの発酵バター、2種類。これを見込んで保冷袋持参でした。預け入れ荷物に入れれば、フライト中は高度千メートルで冷え冷えだから、何とかなるだろー、と強引に運んで帰ってきました。ちなみに成田に着いて荷物を開けた時点ではまだひんやり、カチカチ。なんとか家まで持ちました。
これで作るお菓子はうまいです。

やはり、最後だけにパリがいちばん買い込んでますね。これでも、諦めたもの多数なんですが。
e0017393_22512620.jpg
っていうか、実際に持ち帰って眺めてみると、いったいいつ、誰がこんなに食うんだ…?っていう感じが(大汗)。

最後に、「その他」ということでもう少し。

e0017393_22515279.jpgHARIBOのひこうき型のグミ。どこかの免税店で購入。くま型と味に大差ない、とわかってはいるんですが、ついつい買ってしまうのです。

e0017393_2252970.jpg砂糖2種。イギリスのMuscovado糖と、フランスのカソナード。Muscovadoはともかく、カソナードなら日本でも買えるんだけど、、、はい、わかってはいるんですが、、買っちまいました。

そして板チョコ各種。
e0017393_22523255.jpg
上からフランスのBonnat2種、イギリスのGreen & Black's、イタリアのBaratti & Milano、フランスのPralus。さがみさんがくださったGreen & Black'sのホワイトチョコ以外はすべてダークチョコです。そのままかじるというよりも、お菓子に使う予定なので、今のところどれも未開封。

e0017393_22532599.jpg最後は食べ物じゃないけど食べ物関係の書物。行った先々で料理本または料理雑誌を買いました。イタリアではt-fortunatiさんお薦め(写真が多くてわかりやすい)の雑誌Sale & Pepe。イギリスでは、donna hay magazine(…これはイギリス雑誌じゃないけど)と、それからdelicious.を。フランスでは雑誌ではなく料理本を3冊。テーマはキャラメル・乳製品・ピクニックです。

すでにレシピもいくつか試しているので、それについてはまた後日。


…これだけたくさん並べておいて言うのもなんですが、これは自分用に買ったものの全部ではないのです。他にも、ここには書けないようなもの(ってどんなんだ)がいくつもあるのですが、それについては、今後の記事で出てくるかもしれないし、出てこないかもしれません。

さらに。

これだけ買っておいて、実はまだ具体的に「ああ、あれを買えなかった」というものが、あるんですこれが。次回のために、自分の備忘録を兼ねて、ここにひとりごちておきます。

Taylors of Harrogateのアッサムティー/グリーンティーのアールグレイ。(見つけたときに買えばよかった、、、涙)
・McVitiesのGold Bar。(大型スーパーで探したのに、なかった、、、)
・McVitiesのMilk Chocolate Caramel Digestives。(手には取ったんだけど、戻しちゃったのです、なぜか)
Poilaneのパン。(結局行きそびれた)
・Pralusのダークチョコ10種詰め合わせ。(…既にあまりに大量にチョコがあったので今回は諦めた)
e0017393_0265429.jpg
何か他にもあったような気がするのですが(そんなにあるんかい)、、、思い出し次第、随時書き足していくことにします。

というわけで、ようやく旅行記録が最後までたどりつきました(長すぎ…)。こちらでご紹介した土産モノのうち、今後食べるもの、またはそれを使って作ったものなどは、これから個別に取り上げていきますが、「旅」カテゴリーでの記事はこれでおしまい。次回からは、通常営業に戻りますので、またよろしくお付き合いください。

+++

関連記事
ヨーロッパから帰ってきました(2005年5~6月)
まずはパリ (1): 2005年5月
まずはパリ (2): 2005年5月
やってきました北イタリア (1): 2005年5月
やってきました北イタリア (2): 2005年5月
やってきました北イタリア (3): 2005年5月
アルプス越え 2005年5月
ようやくロンドン: 2005年5月
のんびりロンドン (1): 2005年5月
のんびりロンドン (2): 2005年5月
のんびりロンドン (3): 2005年5月
のんびりロンドン (4): 2005年6月
のんびりロンドン (5): 2005年6月
ふたたびパリ (1): 2005年6月
ふたたびパリ (2): 2005年6月
by zo.chika | 2005-07-20 23:47 |