冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

ももなの?いちごなの?
d0008146_2314147.jpg
いちごです。


ロンドンのmappetさんが「ももいちご食べてみた~い!食べてきてー」と言っていたのが1月頃だったでしょうか。「ももいちご」ってなに?桃なの?苺なの?と思ったら、銀座のハーゲンダッツのお店ラ メゾン ギンザ限定で出ているももいちごアイスクリーム類に使われているいちごなのだとかでした。


どれどれどんな特別ないちごなのか、とネットで調べてみたら、徳島県は佐那河内村と大阪中央青果との共同事業で生まれた品種で、佐那河内村のごく少数の農家で栽培され、大阪中央卸売市場にしか卸されないのだそうです。ネットでの販売もありますが、基本的に箱買いになるせいもあり、かなりのお値段になっていて、あーこりゃ手が出ないわ、と諦めていたのでした。






そう、東京にいる間は。
d0008146_2336182.jpg
京都に来て、大阪の隣だしひょっとしてここにも売ってるんじゃないだろうか、百貨店とか覗いてみよう…なんて思っていたら、近所のなんでもないスーパーで発見。買い物をしていたらふつーにそこにありました。しかも思っていたほど高くなくて(安くはない)拍子抜け。百貨店の高級青果売場に行くまでもなくあっさり見つかったのでした。


てなわけで、ほーら、これが証拠だよ! >mappetさん
d0008146_23433465.jpg
かなり大粒です。


わたしはここ数年はいちごというと福岡の「あまおう」派なのですが、とりあえず両方買ってみました。
d0008146_23442325.jpg
左が「ももいちご」、右が「あまおう」。あまおうのほうが赤色が濃いですね。あと、ももいちごのほうが大きいですが、このとき買ったあまおうがたまたま小さかったせいもあります(あまおうも大きいのはすごい大きい)。


さて、食べてみると、あっさりしていてジューシー、というのがわたしの印象。味自体はものすごく甘いわけではなくて、食感は水っぽいというと言い方が悪いですが、文字通り果汁が滴り落ちるという感じ。それが「もも」たるゆえんなのでしょうか。果肉が軟らかくて、あっというまに傷んできました。これは長距離輸送は大変だろうなと。


というわけで、さっさと食べました。
d0008146_2356778.jpg
ほとんどそのまま食べましたが、今朝は抹茶のドゥルセ・デ・レチェ(ミルクジャム)とともに。先日会った友人から手土産にいただいた自家製です。こちらはホワイトチョコレート入りバージョンなのだとかで、あまーいけどおいしーい。すぐ近く(本当に近い)パン屋で買ってきたブリオッシュとともに。ささやかな(いや、かなり)贅沢な朝食でした。
by zo.chika | 2010-03-12 23:49 | 一日一膳