冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

5年ぶりのパンケーキ・デー
きょうはパンケーキを食べる日
d0008146_21231749.jpg
なのでクレープを焼きました。





なんでパンケーキじゃなくてクレープなのかというと、この「告解の火曜日」(Shrove Tuesday、またはFat Tuesday)」パンケーキ・デーと呼んでいるイギリスにおいては、Pancakeというのは通常、クレープを若干厚くしたようなものを指すためです。なので、今日はイギリス風に(なのか?)クレープにしてみました。


今回はそば粉入りの生地で(フランス語だと「ガレット」でしょうか)。
d0008146_21322242.jpg
上のは先日サロン・デュ・ショコラで買ってきた、チョコレート入りのいちごとミントのジャム。いちごがごろっと入っているのがわかりますでしょうか。もうひとつは、生のいちごをスライスして軽く潰したものと、イタリアで買ってきたジャンドゥーヤパウダー(?)。ヌテッラがあればそれでもよかったかな。あと、イギリスではこのパンケーキはレモンと砂糖で食べるのが最も一般的なのだそうで、ブラウンシュガーと柚子果汁でも食べてみましたよ。


ちなみに、パンケーキ・デーにパンケーキ(クレープだけど)を焼いたのは5年ぶり、らしい。というか、クレープ自体を焼いたのが5年ぶりかも。ブログでも何回か書いてますが、わたしはクレープとかホットケーキとか、フライパンで焼く類のお菓子を作るのが非常に苦手なのです。子供の頃、甘ったるいお好み焼きのようなホットケーキや、できそこないの薄焼き卵のようなクレープを何度も作ったせいで、すっかりトラウマになり、大人になるまで(なっても)ほとんど作っていません。


なので本当に今回はどういう風の吹きまわし、という感じなのですが、前日の夜にたねを作って寝かせておき、今日は慎重に焼いたら、意外と上手に(というか普通に)できて、ひとりで感無量でした。あ、あくまで、スタート地点が非常に低いから満足できるのであって、一般的にみて「全然上手じゃないじゃん」と思われても、ひとつ大目に見てやってくださいまし。
d0008146_2149278.jpg
ちなみに、アメリカでもこの日にパンケーキ(アメリカ風、つまり日本のホットケーキに近い)を食べる習慣はあります。そちらも大好きなのですが、自分で作るにはクレープのほうが無難そうだと思ったのでこちらになった次第。来年あたり普通のパンケーキも焼けるようになってるかなー。・・・いや、次は5年後かなー。。 (練習しないとだめですけどね、、、遠い目)
by zo.chika | 2010-02-16 22:54 | 季節