冬深まり、色失せる山奥。
by zochika
最近の記事



☆去年の今頃☆



flickr
my travel photos
旅の写真。



(c) 2005-15 zochika. All rights reserved.
email

ようやくロンドン: 2005年5月
よ、よ、ようやくロンドン到着
d0008925_05155.jpg
…このブログ的には。(汗)




実際にはミラノからひとっとび、アルプスを越えて、ドーバー海峡もホイとまたいで約2時間のフライトで到着。5月の終わり、ついこないだまでは朝晩寒かったと聞いていましたが、わたしが着いた日は初夏というよりまるで夏のような日でした。
d0008925_055120.jpg
着陸。あー、空が高い。

イギリスの入管は厳しいので有名ですが、今回は特に問題もなく、預け荷物もとっとと受け取ってさっさとロンドン中心部へ向かう電車に乗り、目指すはこちらのお宅

ご縁があってさがみさんとネットで交流をもつようになったのが約2年前、わたしがハワイに住み始めて間もない頃でした。その後、訪欧の折にお宅にお邪魔して初めて直接お目にかかり、お料理上手なさがみさんが腕を振るってくださった晩餐をご馳走になって、遅くまでご家族の談笑の輪に混ぜていただいたのが去年の春。

あれから1年と少々。さがみさんのお宅はご近所の別の家にお引越しされ、わたしは日本に戻り、お互い生活に変化はあったものの、1年ぶりにお会いしてみたら全然変わらず、さがみさんはお仕事もお忙しいのにパワフルなママでした。

…前回は、わたしの顔を見た瞬間泣き出した当時1歳のご長女(ハナたん)が、ほぼ2歳の今回はニコニコしてくれていたのが嬉しかったです。
^^

d0008925_06998.jpg荷物を置いてお昼をご馳走になったら、近くのテムズ川沿いまでハナたんを連れて3人でお散歩。

リュックを背負って、走ったり塀のへりに上ったり寄り道したり疲れて座り込んだりする(約)2歳児と一緒にのんびり歩きながら、大人2人でいろいろおしゃべりしているうちにテムズ川に到着。

空港がほど近いので、空を見上げるたびに飛行機がすごい近さで飛んできます。

川沿いの公園でひとしきり遊んでから、またゆっくり家に戻って、さて晩ご飯。初夏の日が長くて天気のいいこんな週末は、ここぞとばかりにバーベキューにいそしむのだとか。というわけで今日もお庭でバーベキュー♪

d0008925_061680.jpg折りしもロンドンはばらの季節に突入。さがみさん宅のお庭でも、赤に白にときれいなバラが咲き誇っていました。

…その横で、10歳になる2番目のお兄ちゃん(一番上のおにいちゃんは試験が終わったので打ち上げにお出かけ中)と、庭の草を投げつけ合って遊んでおりました(しかも結構本気 汗)。


d0008925_062818.jpgさて、バーベキュー。アメリカ人もお庭でバーベキュー大好き族でしたが、イギリス人もこの時期は特にバーベキューに精を出すもよう。わたしが着いたこの週末はバンクホリデーのある3連休で、ラジオでも「明日はバーベキュー特集!」と息巻いていたし。

お父さんとお兄ちゃんが火を起こしてくれたところで、ぼちぼち焼き開始。

まず最初はオードブル~、というわけでもないのですが、さがみさんが知人の方から聞いてきたという一品を試してみることに

d0008925_065083.jpgそれは桃・ネクタリン系の果物とモッツァレラチーズを、生ハムやベーコンで巻いて軽く焼くというもの。バーベキューで果物を焼くこと自体はそれほど珍しくないけれど、この3点の組合せは初めて聞いたので興味しんしん。

少し前にスペインへご出張されただんな様が(値段を見ないで ^^)買ってらしたというハモン・イベリコ登場(手前右)。向かって左は普通のベーコン。


d0008925_0799.jpg秘蔵のハモン・イベリコをにいきなり火を通すのはもったいなさすぎるので、とりあえずそのままひと切れ味見。う、うまい(涙)。

で、わたしがイタリアからお持ちした水牛のモッツァレラチーズと一緒にネクタリンを焼いてみました。

これ、うまい~(涙涙)。ベーコンでもそれなりにおいしかったので、今度自分でもやってみよう(ウチにはバーベキューセットないけど 汗)。


d0008925_073693.jpgこの間、ビールを飲み、スパークリングワインを開けつつ、おもむろに肉を焼く。

ポークリブ、ハンバーグ、ビーフ。肉、肉でっせ!


d0008925_074074.jpgそれからお魚も。これは鮭の中落ちだそうです。初めて食べるよ。

肉と魚が焼けてきたところで、お庭のテーブルについて、赤ワインを開けて、いただきまーす。
d0008925_075368.jpg
バーベキューの準備をしている間に、いつの間にかできあがっていた鶏肉のキッシュと豆のサラダ。それからさがみさんお薦めのちょっと珍しいブルーチーズもクラッカーとともに。ごちそうだわ~(感激)。

ポークリブはタラゴン風味だそうで(こちら)、わたしはちょっとアニスっぽい香りのタラゴンがあまり得意でないのですが、これは匂いも気にならず、さわやかでおいしい♪あとはキッシュが絶品。

これだけ品数があると、ちょっとずつ食べても(いや、結構食べましたが)満腹。ひとしきり食べて笑って、少し風が冷たくなってきたのでおうちの中に避難して、今度はみんなでトランプ大会。

d0008925_081218.jpg「いかさましたな!」「してない!」と、10歳男児と真剣に罵り合いながら(汗)大騒ぎで何ゲームもやっているうちに夜も更けて、そろそろ寝る時間…だけど食べてしまったデザート。ガトーショコラのホワイトチョコ版、ガトーショコラ・イボワールです。レシピは以前、さがみさんから伺っていたのですが、自分では作ったことがなかったので食べるのも初めて。じんわりホワイトチョコの味がして、しっとり。夜中には危険だ、、、と言いつつ大きくひと切れいただきました。


+++

そして、ここで寝ました。
がっつり寝ました。
なので、この先は、みなさまもひと晩寝た気になって読み進めてくださいね。

+++

さあ明けて日曜。あくまで翌日です。前日は遅くまで飲み食いしたものの、遅くまで寝坊してきたので、ちゃんとおなかはすいてますとも。

ということで、3連休中日の日曜、遅めの朝食でございます。
d0008925_082515.jpg
じっくり低温で焼くイングリッシュソーセージにベーコン、それからサラダ。白いのはモッツァレラチーズです。

d0008925_084513.jpg台所からいい匂いがする~、と思ったら、シナモンロールが焼けていました。「食べたくなったから焼いてみたの~」って、、、昨日の夕食といい、さがみさんの仕事の速さには脱帽です。

甘いんだよね~、でもおいしいんだよね~。

食事が終わる頃にはもうぼちぼち出発の時間。前回は夕食だけご馳走になって、今回は1泊させていただいたのでゆっくり…なんて思ったけれど、楽しくてあっという間でした。
どうもありがとうございました! >さがみさん、そしてご家族の皆様

3人のお子さんを温かく見守る父母であり、仲のよいパートナーでもあるさがみさんご夫妻は、一緒にいると何だか安心するおふたりです。「こんなに長くいるはずじゃなかったのよ~」と言いつつ在英5年になったというご家族、わたしが次に来たときも、やっぱりまだロンドンにいそうな気配。
d0008925_085745.jpg
でも次は日本でお会いできるかな? ^^

+++

関連記事
ヨーロッパから帰ってきました(2005年5~6月)
のんびりロンドン (1): 2005年5月
のんびりロンドン (2): 2005年5月
のんびりロンドン (3): 2005年5月
のんびりロンドン (4): 2005年6月
のんびりロンドン (5): 2005年6月
by zo.chika | 2005-06-25 03:21 |